単語記事: 参議院

編集

参議院とは、衆議院とともに日本国会を構成する議院である。上院に相当する。定数242人。
現在の第一党は自由民主党安倍晋三総裁)で、参議院議長は山崎正昭(自由民主党より選出。しかし、議長という立場に立つと所属扱いとなる)。(2014年1月12日現在)。

便宜上大日本帝国憲法下での上院で、現在参院流にあたる貴族院についても取り扱う。

大日本帝国憲法下における貴族院

戦前大日本帝国憲法の下では、衆議院議員選挙で選ばれたのに対し、貴族院議院は選挙で選ばれるのではなく天皇によって任命された。皇族や族、侯爵伯爵などが選任されたほか、学者・高額納税者などといった者たちが天皇の任命を受けた。その中には10人程度、朝鮮台湾出身の名士などが含まれていた。
2ちゃんねらーがこよなくするみずぽたんは残念ながら旧憲法下では議員にはなれなさそうである。

日本国憲法下における参議院

終戦布された日本国憲法の下では、戦前貴族院に代わり参議院が設置された。
ちなみにマッカーサーは最初は一院制(衆議院のみ)を考えていたようである。
参議院議員の任期は6年(但し、憲法の規定により3年ごとに半数選)で、解散はない。憲法の規定により一部衆議院の優越が認めているが、基本的に両議院は対等な関係にある。
参議院には貴族院の流れをくむ「良識の府」として政争の加熱しがちな衆議院チェックすることが望まれている。だが例代表制などの導入で参議院衆議院同様の政党同士がしのぎを削る場に堕ちてしまった。
前述のチェックも即断即決が要される場面では邪魔な場合もあり、小泉純一郎首相参議院で郵政民営化関連法案が否決されたため衆議院を解散して民意を問うという行動に打って出た。

ねじれ国会(2007-2009年)

上項の通り、良識の府としての面を失い、衆議院と同様に政争の場としての色合いが強くなった状態では、参議院が存在する意義が揺らぎかねない。
参議院の必要性、デメリットが浮き彫りになったのが、2007年20参議院選から2009年45衆議院選挙までの期間に発生したのが記憶に新しい、ねじれ国会である。

2007年参議院選挙では民主党が圧勝し、民主党を中心とする複数の党で過半数の議席を獲得した。
しかし、その前年に行われた衆議院選挙、いわゆる『郵政解散総選挙』では、自民党が圧勝しており、結果、
衆議院では与党が過半数を獲得し、参議院では野党が過半数を獲得しているという特異な事態に陥った。

上院と下院の勢が異なることは、諸外ではよくあることだし、日本でも衆議院参議院の勢が違うことは過去に何度かあった。
しかし、いわゆるこのねじれ国会の状態においては、「良識の府」としての参議院の役割は視され、衆議院を通過した与党の立法を参議院で野党が否決し、衆議院での再審議において可決……という非効率的な立法体制を生み出してしまった。参議院は、衆議院の決断を別の面から考え、審議するという本来の役割は失われ、単に衆議院の決定へ対抗するだけの場になってしまうのである。

立法そのものに関しては、参議院で否決されても衆議院において再可決し成立させられるため、問題ない。
しかし、この場合問題となるのは立法にかかる時間である。
遅かれかれ通過するはずの法律を、駄に参議院で否決した場合、結局その再審議のために時間だけが浪費されることとなる。そうすると、国会審議の効率が落ちると共に、円滑な政策執行が妨げられるのだ。
それだけでなく、衆議院(もしくは参議院)で可決し送付した法案を参議院(もしくは衆議院)で60日間議決しないことを「みなし否決」というが、送付された議院が法案を審議せず、みなし否決となると、60日間も法案が宙ぶらりんとなる。
2007年参院選後の与党(自民党など)からすれば、野党(民主党など)が反対する法案を可決するためには、衆議院の審議に加え、参議院でみなし否決となる60日を待つ必要があった。

結果、国会では与党と野党の足の引っり合いだけが熱し、肝心の政策や立法が非常に非効率的になってしまい、「良識の府」としての参議院の意義は皆無となり、ただ時間を浪費して政治を妨するだけの存在にさえなってしまう。審議して否決するならともかく、2ヶ近く法案を放置し、参議院での否決(みなし否決を含む)の後に衆議院で再可決というのは、どう考えても時間の無駄ではないか?

このため、上記の期間には「参議院不要論」すら一部の極端な論者から飛び出し、衆参二院制の可否について問題となった。
とはいえ、参議院止することは事実不可能と考えられる。なぜなら、参議院止するためには、憲法正する必要があるが、そのためには、衆参各議院の3分の2以上の賛成による発議と投票で過半数の支持を得ることが必要である。
自分のクビを切るために、3分の2以上の参議院議員が、参議院止する憲法修正案に賛成するだろうか?

2009年衆議院選で民主党が圧勝し与党となったのでこの状態は解消されたが、2010年参議院選で民主党が敗退し自民党を中心とする野党が過半数を握ったので、民主党が(大連立の際の自民を含めて)野党と連立を組めなければ、再びねじれ国会になる。しかも、今度は衆議院での再可決ができない(2010年7月12日現在)。

関連動画

ニコニコ動画では政治カテゴリにおいて衆議院の予算委員会での質疑応答の様子を撮影した動画が多数アップロードされている。
その他現職の参議院議員の政治活動の様子も閲覧できる。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%8F%82%E8%AD%B0%E9%99%A2
ページ番号: 4198726 リビジョン番号: 2144252
読み:サンギイン
初版作成日: 09/11/05 05:24 ◆ 最終更新日: 15/01/12 12:23
編集内容についての説明/コメント: 現在の会派勢力に更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

参議院について語るスレ

69 : ななしのよっしん :2016/10/14(金) 10:53:52 ID: Cx5yUY0DoS
第三院創設という発想は新で面いな
貴族院を復活させて識者を勅撰、天皇が任命、叙爵して一代貴族となり(ほぼ名誉職、特権や報酬はい)
期数によって爵位が上がる(陞爵する)ロマンシステムを思いついたが
君主制との相性も良さそうだけど、最近は上級国民コネ汚職問題、反エスタブリッシュメント、反PCの潮流があるから駄に反感買いそう
70 : ななしのよっしん :2016/10/16(日) 07:42:46 ID: eNR0jEUPw5
>>69
まあ、勅選ってのは言葉のみたいなもので、実態は学識者会議みたいなものの互選(あくまで選出時のみで、明確な任期や解任規定はなし)とかでもいいんだけども。名前も別に何でもいいんだけど、適度に伝統と格式ある名前が他に思いつかなかった。貴族院だと反発強そうだし、逆に民院や有識者審議院みたいな新しい名前付けるのもなんか安っぽくて嫌だし。
二院制は二院制でメリットあると思ってるので、ねじれが生じ、二院間で解消できない場合に裁決を下せる、選挙(ねじれの影をそのまま受ける)以外の組織があればいいんじゃないかなぁ、と思って。どちらかの優越を拡大していくと、結局一院制と変わらなくなるし。
もちろん通常の選挙で選んでない以上、衆参両議院より明確に下位に置くべきだろうけど。法案提出権修正権および先議権一切なし、議長は閣僚ポスト(不信任決議案の対となる)、衆参両議院の正副議長は任期中枢密議員を兼任する(議員報酬の上乗せはなし)、内閣総理大臣の要件である国会議員には該当しない、みたいな。


その上で、衆議院例代表中心の
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
71 : ななしのよっしん :2016/10/16(日) 07:53:33 ID: eNR0jEUPw5
あ、この場合、衆議院の2/3による再可決の規定は削除ね。衆議院の優越は減らす方向で。
予算や総理選出とかの優越はあっていいと思うけど。
72 : ななしのよっしん :2016/11/21(月) 23:47:55 ID: DxCRiOVczI
衆議院との差別化を図るために参議院議員の報酬はゼロ、もしくは衆議院議員べて大幅に少なくするとかどうだろう
・給料がなくても政治をやるという人たちの議会
戦前の地方議会みたく名誉職になるという人たちの議会
本当の意味で「良識の府」と言われるようになると思うけどねえ
73 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 17:18:11 ID: 8t5MNJxVbd
報酬以外のところから利益をくすねる輩が集まるだけじゃん
74 : ななしのよっしん :2016/12/23(金) 03:40:20 ID: CLWoE9Fyne
貴族院の復活か、地域代表の役割を担わせるのが妥当
あと場合によっては枢密院の復活も検討すべき
75 : ななしのよっしん :2016/12/25(日) 07:24:51 ID: eNR0jEUPw5
>>73
まあ、現状それに近い立場なのが、立の君の方々かな。
権限も責任もないが辞めることもできず(退位規定があるなしはによるけど)、利権からもほぼ切り離されてる(全に、とはいかないけど)ので理想的にはアドバイザーとして最適。
76 : ななしのよっしん :2017/09/20(水) 08:54:13 ID: 7ojQqiUQM8
貴族院は選定基準や意思決定のブラックボックス化が心配
信任投票を定期的に行うとしても最高裁国民審査みたいに微妙な感じになると思う
やっぱり選挙によって民意を問うのが一番透明且つ直感的でいいよ
地方自治体の首長兼職にすれば経費削減と投票率向上で一石二
77 : ななしのよっしん :2017/09/20(水) 08:57:18 ID: Nd0/OxhkqO
良くないです
この世界選挙なんていらない、政治は一部の人間の特権で庶民が関わっていいものではないのだから
78 : ななしのよっしん :2017/10/04(水) 14:01:54 ID: vq1hdv+Vtz
まともに日本史勉強してなさそう
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829