「原作の声と違う」単語

ゲンサクノコエトチガウ
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

「原作の声と違う」とは、原作の(イメージした)と違っていたときなどに放たれる叫び、あるいは代表的文言である。

概要

漫画ラノベなどがアニメ化した際、しばしば「原作イメージと違う」といった原作ファン(既読者)から起こる。

実際に製作側が原作をあまり理解せず、キャラクターとあわない声優キャスティングされたり、演出や演技導がおかしいことはままある。

他にも、人気のあるアニメで、さまざまな理由で声優が交代し、別のになったときはどうしても以前のイメージに引きずられ、批判されることが多い。(ドラえもん毛利小五郎磯野カツオなど長期人気シリーズの登場人物に多い)

しかし、アニメ進撃の巨人」で、ある視聴者の発言が波紋を呼んだ。

 

「原作の声と違う」

 

原作漫画であり、『』などついていない。お前のその『』とやらはいったいどこで聞いたものなのか・・・。

動画コメント故の言葉足らずも摘されているが、ある種こういった『個人』の思いのたけを表現した言葉としては強く印に残るものであった。

ちなみに

2012/12/26~2013/1/8の期間に投票が実施されたgooランキング
「原作ファンがアニメ化の際に許せないことランキング」exit_niconews
では下記のような結果が出ている。

1位 イメージが違う
2位 ストーリー
3位 結末が違う
4位 キャラの顔がイメージと違う
5位 作画がしょぼい

2位との票差が2倍以上あることからも、
読者各々が原作に抱く、想像した情などは重要視されているようである。

イメージとは何か

前述の通り、『個々の想像する』イメージというものが存外重要視されているのは否定できない。

だが、そのイメージ像は個人間で差異や隔たりが多く存在しているはずである。
当該発言が為されたのは進撃の巨人という一作品であったが、実際にはこういった論争は多く挙がってきた。

顧みなければならないのはあくまで個人の想定外質だということである。
インターネットという個が集と容易にコンテンツを共有する状況においては、反対意見というのは突出し易い。

そのが異質と断ずる意見が全と考えてはならないのは当然のことである。

また、アニメというコンテンツの中では声優という職業も以前にべてに認知されている。
その中で、「この声優はこうだ」という意識概念が一部に根付いているとも見受けられる。
それは有名であればあるほど顕著であるが、個人名を上げて否定する前に考えて貰いたい。
その固定概念がければ、合わないとは感じなかった可性はいのだろうか。

成立するケース

原作原理義者による言いがかりという評価の多いこの表現だが、冷静になって考えると実は成立するケースはある。ただし、成立するケースがあるとは言っても、以下の例はいずれもかなり特殊なケースであり、一般的にはあまり使うべき言葉ではないだろう。

原作にもその役に声優が存在したが、アニメ化の際に声優が代わった

声優が代わる理由は多岐にわたるが、エロゲアニメ化が代表的であろう。ただし、同一人物でも名義が変わるということもないわけではないため注意したい。

この場合は原作にもが存在するため、アニメ化の際にが違えば当然にこの言葉は成立する。

原作に具体的な声の設定があるにも関わらずそれが無視されている

例えば「子供っぽい舌足らず」という設定にもかかわらず、おばあさんみたいな演技をしていたら当然この言葉は成立する。

もちろん程度にもよるが原作の設定に対して正反対で分かりやすいほどに離れていれば、原作の声と違うと言っても非難されることはないだろう。

原作に実在の声優が名指しされているにも関わらずその人が声をあててない

例えばラノベの本文や設定に「○○○○のような」といったように実在する声優名がストレートに書かれている場合、または原作者へのインタビューなどで「このキャラ○○○○のイメージ」などと発言していた場合、その人以外がを当てれば原作の声と違うことになるのは単純にして自明の話である。

キャラクターに対し原作者がどうしてもその声優をあてて欲しい場合に使われるが、視されてしまう場合もないわけではない。ただしあからさまな声優設定が存在するにもかかわらず不用意に声優を代えるとリスクが成立することは間違いないだろう。

「原作の声と同じ」

以上とは全く逆のケースとして、漫画小説アニメ化された際にイメージぴったりのがあてられていた場合、「原作の声と同じ」などと評されることもある。

やはり「原作」に存在しないを聴いていたことになり同様のツッコミどころがある言葉であるが、こちらの場合は感嘆や歓喜、賞賛の言葉である。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%80%8C%E5%8E%9F%E4%BD%9C%E3%81%AE%E5%A3%B0%E3%81%A8%E9%81%95%E3%81%86%E3%80%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

「原作の声と違う」

581 ななしのよっしん
2019/07/31(水) 19:53:02 ID: enG0jesPti
>>579
>それ言ったらのぶ代ドラメンバー原作の声と違うんだがな

だがその原作の流れた日テレ版は
原作者が再放送の差し止めすら行い黒歴史に葬るほど否定されているというである
582 ななしのよっしん
2019/08/07(水) 19:47:35 ID: zTcTNXjeGa
BEASTARSはまさしく原作の声と同じだったな
こう、キャラ抱いてるイメージ通りのところを突いてきた感じがある
特にジュノの純そうな感じとジャックの世話焼きっぽい感じが
583 ななしのよっしん
2019/08/15(木) 16:48:18 ID: Un3DxbCfbG
古い映像作品で自分に染みのない声優ばかりだと
原作を読んだときとイメージ違うと感じやすい(自分)

584 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 01:15:35 ID: pW3jRMvvii
>>571
ピカチュウは途中で人間の言葉を話す予定だったが大谷育江さんのがあまりにも合いすぎてしになったという逸話を思い出した
585 ななしのよっしん
2019/09/08(日) 12:44:52 ID: WdMjVNwclq
散々言われてるだろうが高木渉ボイス虹村億泰
璧すぎて他に考えられないレベル原作の声と同じだった
586 ななしのよっしん
2019/12/18(水) 22:33:40 ID: puMcEVLXEN
>>585
ASBからアニメ化に際し多くのキャラが惜しまれながらキャスティング変更される中
続投するだけあってえげつないほどはまってるよな
なんであいつだけ変わらなかったとか言われてるの見た覚えがない
587 ななしのよっしん
2019/12/26(木) 03:10:20 ID: OoGdnqQRO3
めて不思議なワードだよなぁ
明らかにおかしなこと言ってるんだけど、言わんとすることはわかるっていう。
これ要は原作(読んでるときに自分がイメージしてた)と違う っていう言葉の()部分省略しただけなんだよね

>>585
アニメから入ったけど億泰高木さん以外考えられないわ
チンピラらしさと可げが絶妙なバランスで存在してる、まさに『「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~~』
588 ななしのよっしん
2020/01/17(金) 08:08:20 ID: hDxPBjTR5E
白井黒子って最初はBBAすぎて「原作の声と違う」の典例だったけど、今はもう原作見ても新井里美ボイスでしか再生されないから不思議なもんだよな
589 ななしのよっしん
2020/01/17(金) 08:11:01 ID: 3sFNGDWwpx
お前そういうだったんかい!
ってことより
発音そうだったの?!が結構多い気がする。
590 ななしのよっしん
2020/01/27(月) 19:16:58 ID: c7JfKWwA/w
はーとふる彼氏ってゲームは、原作だと岡本信彦を担当している設定だったのがドラマCDだと浅沼晋太郎に変更されてて、本当に原作が違ってるケースの一つなんだよね。

そもそも原作声優自体付いてない同人ゲームで、声優プレイヤー脳内再生してくださいっていうギャグなんだが。
内容自体がカオスな上面子がやたらだったのに、ドラマCD化の際前述の一人を除けばほぼ原作の設定が実現してるのも凄い話という。
しかも原作声優が『???』表記だったキャラには若本規夫キャスティングするさ。