ジャン=ピエール・ポルナレフ単語

ジャンピエェルポルナレフ

ジャン=ピエール・ポルナレフとは、漫画ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物である。

第3部「スターダストクルセイダース」と第5部「黄金の風」に登場。

概要

第3部『スターダストクルセイダース』

ジャン=ピエール・ポルナレフ

24歳のフランス人。

初登場の第3部ではDIO肉の芽を埋めこまれ操られた敵として登場、その後承太郎達の仲間になる。銀髪(OVAでは金髪)で髪の毛を逆立てた独特の髪型と、ハートマークっ二つにした形状をしている両ピアスが特徴。
スタンド中世騎士のような容姿が特徴の、レイピアを操る「銀の戦車シルバーチャリオッツ)」。

当初は騎士然とした誇り高い敵キャラクターとして登場。花京院グレーフライに続く3人の刺客としてアヴドゥルの「魔術師の赤マジシャンズ・レッド)」と戦を繰り広げた。を殺したJ・ガイル」を倒すためにスタンド使いとして長い年修行しており、腕利きのスタンド使いである。

……が、仲間になった途端コメディリリーフとして定着。女好きで明るい性格の人物として定着し、第3部のギャグシーンにはなくてはならない存在になった。が、誇り高き騎士としての一面を時折見せカッコいいシーンや泣けるシーンにも欠かせない存在として強い印を残し続けた名脇役
など、情に流されて先走ってしまったり冷静さを欠くなどの欠点もあるが、情に厚い友人想いの好であり、友が死んだ時には常に涙を流し、友が生きていた時にも涙を流した。

アヌビス神に体を乗っ取られた際には「アヌビス二刀流ポルナレフ」としての達人のスタンドである銀の戦車+何でも切り裂くアヌビス神という強二刀流スタンドを操り、承太郎をかつてない程に追い詰めた事もある。

DIOの館にてヴァニラ・アイスアヴドゥルを殺されたときはクリームの背後をく間に押さえるなど、ヴァニラすらも知りえないスタンドの成長ぶりを発揮した。作品中で「精的なきっかけによるスタンドの成長」が最初に明確に描写された場面としても有名。

DIOとの最終決戦ではDIOの暗殺に失敗し殺されそうになるも生き延びて、ジョースター一族以外で一生き残ったキャラとなった。決着後は別れ際にジョセフより「ニューヨークに来ないか」と誘いを受けたのだが、彼は思い出のある故郷へ戻る事を選択し、フランスへ単身帰ることに。

そしてその数年後に連載される第5部「黄金の風」にて、まさかの再登場を果たす事となる。

第5部『黄金の風』

イタリア舞台の第5部では、ブチャラティたちに影から情報を与える支援者として再登場。36歳。

DIOとの決戦が決着した後、承太郎と共に弓と矢を追跡していた折に故郷で少年少女たちの麻薬事件が多発している事を知り、単独で調を行っていた。やがてその元イタリアマフィア組織・パッショーネである事を突き止めるもパッショーネの組織の前に孤立援の状態となってしまい承太郎スピードワゴン財団に協を要請する事もできず、ディアボロとの戦いに敗れ右と両足を失ってしまう。

しかし九死に一生を得て生存しており、以後は農村に潜みながら単身隠匿生活を送っていた。その時にとある出来事から偶然「矢」のさらなるを発見すると、自分に代わってディアボロを倒せる者を探すようになる。その後、ディアボロの秘密を追っていたブチャラティチームパソコンの回線を通して出会い、ローマコロッセオにて落ち合う事に。
ポルナレフ自身はディアボロとの戦闘による負傷から下半身不随で車椅子に乗った状態での登場という形になったが、車椅子の体とスタンドディアボロキング・クリムゾンと一戦交える等のシーンもある。
ほぼ戦闘不能になったとはいえかつての修行の成果やスタンド戦闘力は衰えていないようで、独自に見つけたキング・クリムゾンの探知法を利用し一矢報いた様は、ディアボロをも驚かせてみせたほど。しかしキング・クリムゾンの前には敵わず、ブチャラティ達と落ち合うあと一歩のところであえなく尽きてしまうのだが、死の間際にチャリオッツに矢を突き刺してレクイエムへと進化させる事で矢をディアボロに奪われる事を防いだ。
その後、ジョルノ達の元にいると魂を入れ替わる事でようやくブチャラティ達と合流を果たすとジョルノブチャラティ達へ助言を与えながら的確にジョルノ達をサポートしてみせた。
決着後は「体は死亡したが精(魂)は生きている」という所謂体となって、スタンド内に居着くこととなる。

ブチャラティと最初に対面した時はブチャラティに付き添っているの人物(ドッピオディアボロ)を警し、ドッピオトリッシュに成りすましてもスタンドを見せるまで油断を許さない姿勢はドッピオディアボロを精的に追い詰め、またレクイエム出現後はナランチャが殺された過程からディアボロドッピオの秘密(多重人格)を看破するなど、知識や洞察にも優れた人物となった。年齢を重ねた事や、ディアボロとの敗北を経てか第3部の頃の面影はく、全体的に理知的で冷静な性格となっている。

 

第5部の後日談を描いた「恥知らずのパープルヘイズ」でも名前のみ登場し、ジョルノに次ぐ組織のNo.2となった事が明かされた。本来No.2であるミスタが「2は掛け合わせると不吉だから」とNo.2の座をポルナレフに譲ったためで、ミスタ自身はNo.3を自称しているが、プロローグにおけるフーゴミスタの会話から察するとポルナレフの存在自体が組織の限られた人物しか知らないトップシークレットとなっているようだ。
また、ジョルノボスとなった新パッショーネスピードワゴン財団とも手を結んでいるようだが、ポルナレフのコネクションが少なからず役に立ったものと思われる。
(同作ではムーロロの発言に承太郎杜王町の住人達の名前が出てくるものの、承太郎ポルナレフがその後パッショーネスピードワゴン財団を介して再会を果たせたのかは不明。)

歴代担当声優

その他

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

一般項目

関連人物

スターダストクルセイダース

黄金の風

 

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%3D%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AC%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジャン=ピエール・ポルナレフ

643 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 01:07:03 ID: 656lOzMGl0
>>639
5部は2001年、3部は5部の12年前(61巻)、の死は3部の3年前(14巻)、つまり5部の15年前の1986年
同じ1986年ディアボロが矢を入手、ポルナレフの故郷の犯罪率が増し始めた(61巻)
つまり、ポルナレフを探すため地元の犯罪を調べ、偶然同時に出現したパッショーネを発見した
その後、エジプトにて矢のことを知り、それを手がかりにしてディアボロを突き止めたってわけ
644 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 10:55:01 ID: hPnzPynR8K
が全然おちゃらけた感じしなかったからジョセフみたいに別の人になったのかと思った
645 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 11:04:21 ID: KSUL63a9Dj
常時インターネット検索履歴を監視する生活を、何年もやってれば根暗にもなるべよ
たぶんぬるぽって言ったらガッて返してくれるぞ
646 ななしのよっしん
2019/05/12(日) 15:34:01 ID: GMcLzT0WqP
パソコンの向こう側で「意味深な知性キャラクター」のロールプレイ案を頭の中の引き出しを特急でひっくり返して組み立てながら話そうとしてるポルナレフを想像すると、軽くジワる。
647 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 10:00:25 ID: 8zLivhk4YQ
ボスと戦った時も、ボスも相当深手を負ったんだろうな
ポルナレフ始末するために組織のスタンド使いや親衛隊送り込んだけど軒並み返り討ちで、最終的にボス出張るしかなくなった
でもダメージを追いすぎたからバラまいてやるのが精一杯で、確実に殺しきれなかった
648 ななしのよっしん
2019/05/13(月) 11:48:23 ID: wq0CgyNKnn
刺客慣れしている
凄腕の戦闘特化スタンド使い
649 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 11:37:38 ID: xrpw46Z3oc
一応ディアボロと再対峙した時に従来のポルナレフっぽさは出てるけどね
650 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 00:19:25 ID: tUM+pXiT1j
三部ラストジョセフの誘いに乗ってNYへ移住していたら、パッショーネ麻薬密売も突き止められなかったかも?

まぁ弓と矢を知れば承太郎らと追跡調はするだろうし、その過程で故郷に立ち寄れば何かしらの違和感は感じたかもしれない
それでも単独行動になりがちな性格や相手を侮る傾向で結局は孤立&敗北だろう
651 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 14:29:41 ID: UNTOiDT11v
この感覚っ、貴様時をっ!?
みたいなこと言ってるし、五部ポルなら止まった時間の中動けそうな強者感あるよね
652 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 00:57:54 ID: EMN7xLoEf1
ジョルノ&トリッシュが迷惑かけました」

ポルナレフ「あっハイ