あずさ2号単語

アズサニゴウ

あずさ2号とは、1977年3月25日リリースされた兄弟デュオ・狩人デビューシングルである。

概要

失恋した女性中央線特急あずさに乗って東京を離れ、まだ浅い信濃路へ向かう心情を表した1曲。曲前半とサビで曲調が大きく変化することでより効果的に女心のアヤを表現したことが人々の心を捉え、シングルの売上が累計80万枚という大ヒットへ繋がった。

何故1番列車である1号ではなく、2号が選ばれたのかというと当時新宿駅を発するあずさ1号は午前6時40分発の不定期列車で知名度が低かったから。

ちなみに狩人の2人はあずさ2号があまりにも売れすぎたので他の曲があまり売れず、この曲を歌うのをためらっていたことがある。

1995年狩人セルフカバーした他、360°(サブロク)、テツandトモSUPER BELL"Z島田敏たかはし智秋今井麻美峠恵子カバーしている。

列車との関連性

あずさ2号がリリースされた1977年3月当時、国鉄では在来線列車の号数は始発を発する順に上り下り関係なく、1号2号・・・と振っていた。なのであずさ2号は新宿始発の下り列車松本始発の上り列車の2本が存在していた。

しかし曲がリリースされてわずか1年半後の1978年10月ダイヤ正(通称ゴーサントオ)で、列車号数の付番法則定され、列車号数は下り列車奇数、上り列車偶数を付ける新幹線と同じ方式に定され、それがJR各社に現在まで受け継がれている。なので新宿駅始発の下りあずさ2号が定期列車で復活する可性はゼロに等しい。

2002年2月2日、2が3つ並ぶこの日。下りの「懐かしの特急あずさ2号」がリバイバル運転された。当時は183189系E257系への置き換えが迫っており、それを記念した特別列車である。新宿駅で開かれた出発式にはもちろん狩人の2人も呼ばれている。

往年と同じ8時ちょうど発は定期列車特急スーパーあずさ3号が運転されている関係上実現せず、その2分後の8時2分発となった。先述の通り、下り列車には偶数の号数は付けられないが、この特別列車の場合あずさ2号と「2号」までを列車名に含むことで実現した。

現在のあずさ2号は松本6時8分発東京駅行(E257系使用)で、平日に限り大月駅を8時ちょうどに発する。

そして新宿駅を8時ちょうどに発するのはスーパーあずさ5号E351系使用)である。

当時の時刻表

発着時刻
新宿 08:00
八王子 08:38
甲府 09:51
茅野 10:41
諏訪 10:49
11:09
11:33
松本 11:46

定期列車としては松本までだが、臨時で大糸線まで延長運転される場合があった。大糸線内は信濃大町とのみの停で、大糸線内の列車番号は6003M。

そして上りのあずさ2号も8時ちょうどに始発の松本を発している。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%82%E3%81%9A%E3%81%952%E5%8F%B7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

あずさ2号

1
◆rSBzQMOICI 2016/12/30(金) 18:39:41 ID: voZdmMOVI2
けいおん!の第12話で、平沢唯に成り代わった平沢憂中野梓にあだ名を聞かれて「あずさ2号!」って答えたり、番外編鈴木純から預かったに「あずにゃん2号」ってあだ名を付けてたりしてたのは、恐らくこれが元ネタなんだろうな・・・。