アカギツネ単語

アカギツネ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

アカギツネとは、ネコイヌキツネ属のキツネ仲間である。亜種キタキツネギンギツネ、ホンドギツネなどが存在する。
この記事では、キツネの生態や特徴などについての記述を中心とする。文化としてのキツネについては、「キツネ」の記事を参照のこと。

概要

いわゆるキツネといえばこのキツネである。亜種を含めると北半球の大半の地域に生息しており、日本においてはアカギツネ亜種ホンドギツネ北海道樺太に生息するアカギツネ亜種キタキツネが有名である。また、他のキツネ属の動物がアカギツネの亜種を除けばいないため、日本語キツネというと、キタキツネ及びホンドギツネのどちらかをすことが多い。
亜種の種類は、およそ50種類くらいにも及ぶ。また、アカギツネとその亜種しか生息していない海外の地域においても、フォックスといえばアカギツネやその亜種す。なお、ホンドキツネについては、乳頭の数の違いや頭の形状の違いなどから亜種ではなく固有種ではないかという説もある。

体長は50~90cmほど、体重は5~10kgほど、尻尾の長さは35~60cmほど。キツネ尻尾や毛皮を利用するため、狩猟の対になることもある。身体は細長くしなやかで、尻尾はふさふさとしていて長く、顔は鼻面がって三角形で大きい。四肢は他のイヌ科と較して短めで、身体とべてっぽい色となっている。体毛の色は、いわゆるキツネ色でおい。ギンギツネなどの体毛の色が異なる亜種もいるが、それらについては省略する。寒い方に生息する亜種ほど、身体が大きくなる傾向にある。
ネズミなどの小動物や、ウサギ昆虫類、果実、ミミズ鳥類などを食べる雑食動物イヌ科の中ではネコに似ており、これは収束進化によるものである。狩りの仕方も独特で、大きなで獲物の音を聞き分け、ジャンプして捕えるという、サーバルカラカルタテガミオオカミなどの狩りの手法と同じである。また、チャーミングと呼ばれる、地面を転げまわる方法で対興味を引き付けて、近づいてきたところを捕える狩りの手法もある。
原や低木地帯、森林や山間部など、原にも生息する。欧では都市部にも適応しており、まさにイヌネコに近い生態をしている。薄暗い時間帯を好んで活動しており、黄昏時や間などによくみられる。狩りは単独で行うのが一般的で、食べきれないくらいに成果があった場合は埋めて保存する。自で巣を掘る場合も多いが、他の動物が掘ったを使うこともある。換毛をして、にはもふもふの体毛で覆われる。毛と毛があるが、に毛皮に使われるのは毛の方である。

鳴きの種類は豊富で、音域も広く5オクターブほどある。強弱を含めると20パターンほどあるといわれているが、大きく分けると位置確認のと威嚇のに分けられ、その他のもある。いわゆる「コンコン」という鳴きは位置が近い相手に対して使う鳴きである。
記憶も高く、埋めたネズミの位置をかなり高い確率で覚えている。他のキツネが埋めたネズミを探すのはうまくできていないため、嗅覚で探すのではなく、ちゃんと埋めておいた位置を記憶しているのである。

日本においては、野生の個体はエキノコックスを所持している可性が高いため、どんな野生動物にもいえることだが触れ合うのは避けた方がいい。蔵王キツネ村など、キツネを飼育している施設はとても多い。日本国内における動物園などでは、キタキツネギンギツネ、ホンドギツネ流である。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AE%E3%83%84%E3%83%8D

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アカギツネ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アカギツネについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

おすすめトレンド