イマヌエル・カント単語

イマヌエルカント
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

イマヌエル・カント(1724年~1804年)とは、ドイツ哲学者である。

生涯

1724年、ケーニヒスベルク(現ロシア領カリーニングラード)に生まれる。

1740年にケーニヒスベルク大学入学し、自然学を研究した。

1755年に最初の論文「界の一般的自然史と理論」が出版され、同年にケーニヒスベルク大学の私講師となった。

1770年にケーニヒスベルク大学に招聘され、哲学教授となり、哲学自然科学について教をとった。

1804年に死去。

著作

上学

『純理性批判』(1781)
プロレゴメーナ』(1783)

倫理

『実践理性批判』(1788)
『人倫の形上学』(1797

美学

『判断批判』(1790

政治

『永遠平和のために』(1795

カントの有名な著作は『純理性批判』『実践理性批判』『判断批判』であり、この三つを「三批判書」と呼ぶことがある。

カントの思想

思想の背景

カントの思想は様々な言葉でられている。

これらは、いずれも正しい認識である。だが、あくまでカント思想の一面にすぎない。ここでは、まずカントが哲学において何を企図したのかを説明してゆこう。

哲学の再構築

「生涯」をご覧いただけば分かるように、カントは元々自然学を専攻していた。その彼が哲学を志すようになったのには理由がある。

カントが生きた18世紀のドイツ(当時はプロイセン)の大学では、ライプニッツ・ヴォルフ学流であった。これは、哲学ライプニッツの思想を、ヴォルフという学者が構築し直したものである。内容をまとめるのは難しいが、簡単にいえば、「すべてのものは経験によらず、演繹的に導くことが可である」といった合理論的な考え方である。

カントもこうした流思想に浴していたわけだが、彼はあるとき、イギリス経験論の哲学ヒュームの著書を読み、その内容に衝撃を覚えた。ヒュームの懐疑論・因果批判によって「独断論のまどろみ」から解放された彼は、ライプニッツ・ヴォルフ学に疑問を抱き始める。しかし、かといってカントはヒュームに全面的に賛成したわけでもない。

この経験を通じてカントが考えたのは次のようなことである。

  • 確かにヒュームのいう通り、人間は多くのものを経験から獲得している。ライプニッツ・ヴォルフ学のいうように、すべてが経験によらず演繹的に獲得されるとは考えられない。
  • しかし、ヒュームの因果批判は、すべての因果関係を蓋然性にとどめてしまい、必然性や普遍性を存在しないものとして片づけてしまう。
  • つまり、すべてが経験から得られるわけでもないし、すべてが経験によらず得られるわけでもない。
  • では、何が経験によらないか、何が経験によるのか、何が普遍的で何が偶然的なのかを検討しよう。

以上のように、カントの哲学の出発点は、ライプニッツ・ヴォルフ学にもヒュームにも納得できず、自らの手で哲学を構築し直すことにあった。カント哲学理論と経験論の統一といわれるのは、上記の背景を踏まえてのことである。

批判主義

哲学を再構築するにあたって、カントはまず「批判」が必要であると考えた。この「批判」という言葉は、他者を批判・非難するといった攻撃的なイメージがつきまとうが、カントはそういった意味で「批判」といったわけではない。カントが「批判」にこめた意図は次のようなものである。

ライプニッツ・ヴォルフ学のように、経験を軽視し、過度に理性を重視する立場は独断論的である。一方、ヒュームのように、経験のみを重視し、理性をあまりにも軽んじるのは懐疑論的である。その両者にも偏らず、理性の判断はどこまで作用するのか、どこからどこまでが理性の範疇なのか、理性の成立条件は何かを吟味することが必要である。

簡単にいえば、理性の範疇外にないことを理性で考えても、答えが出るはずがない。それは理性の判断の過信から来ている。一方、理性の範疇内にあることを答えられないと考えるのは、理性の過小評価である。こうした理性の過大評価・過小評価を批判し、理性を正確に吟味しようというのが、カントの「批判」の意図である。

こうした立場から、カントは人間を純理性・実践理性・判断の三つに分け、感性・悟性・理性の範疇を検討し、アンチノミーについて議論し……と、理性に関する議論を細かく展開してゆく。カントが理性限界の吟味を行ったといわれるのは、こうした議論しているのである。

形而上学・倫理学・美学

上記の「批判」の末に、カントが著したのが『純理性批判』『実践理性批判』『判断批判』である。

このように、カントの三批判書は、それぞれ形上学・倫理学・美学という西洋哲学の伝統的テーマに対応している。

カント哲学の難解さ

カントの哲学書は、西洋哲学の中でも屈の難解さといわれる。それには、カントの文章自体が極めて読みにくいこと、日本語翻訳した際に悪文になっていること、概念議論が理解しにくいことなど様々な理由が挙げられる。

カント哲学の難解さにはドイツ人ですら頭を悩ませているようで、カントの同時代人のほとんどが理解できなかったとされているし、現代でもカントを理解できるドイツ人はごくわずかのようである。

後世への影響

カントの後世への影は甚大である。まず、フィヒテ・シェリング・ヘーゲルというドイツ観念論の系譜を作ったことが挙げられる。また、ヘーゲルの死後に新カント学という学が生まれ、カントの再評価が高まったことも影の一つである。

それ以外にも、経験論と合理論がカントにおいて統一されたこと・底的な形上学批判が行われたことなども挙げられる。

一方で、物自体・現という世界の捉え方や、倫理学において形式義にしたことなどは後世の批判も浴びた。

逸話

  • カントは毎散歩に出ていたが、その時間帯が毎日同じであり、極めて正確であった。そのため、近所の人々はカントの散歩時間を見て、時計の狂いを直したという。
  • 中島というカント哲学者は、『カントの人間学』においてカントにまつわる様々な噂やエピソード・文章を紹介している。それを通じて、カントは従来考えられていたような清廉潔道徳的な人物ではなく、社交的であり、したたかであり、女嫌いであり……といったあくの強い人物なのだと説明している。ただ、そうした人間性も含めて、カントは偉大なのだともいっている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

イマヌエル・カントに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イマヌエル・カント

19 ななしのよっしん
2016/06/13(月) 23:55:17 ID: X+9BNxVmG9
おい、参考書たくさん助かるなあ…。書いてることはほとんどわからないんだけど、カントに惹かれるのはなぜなんだろう。これぞドイツ哲学者、といったカッチリ感?(清廉さというと崇拝的だから嫌だけど)が素敵。…とかふわふわした事言うのを哲学は許さないね
20 ななしのよっしん
2017/01/31(火) 20:03:40 ID: hH7/Ij3uCc
カントって人は、それまでの西洋哲学の潮流をまとめることで新しい哲学を展開した多分初めての人とのことなので、単体で見ると余計に難しいのかもしれない。大学で研究として哲学やった人だし(敬虔なキリスト教徒でもある)。
小説だけど西洋哲学歴史をまとめたソフィー世界って名著があるのでお勧めしたい。カントが出てくるまで長いけどw
21 ななしのよっしん
2017/08/23(水) 22:44:08 ID: G3t6wvGgIe
中島がみんながやる気を出して頑るぞとなっている社会が自分には苦痛と言ってた記憶がある、多分行動してる人を見るとお前もやれと言われてる気がするんだと思う。新うつで引きこもっている男性が自分を変えようとするな、意見を押し付けるなと何年も粘着してきてるんだけど似たような感じなんだろうね。こっちはその人に何も言ってないし妄想なんだけど。
22 ななしのよっしん
2017/10/20(金) 04:25:32 ID: MZ5+Zf+y/d
>>21
オマエの「行動」=ニコウジウジと文句書きに来る事?w

大学で勉強してるけど、カントは善や親切な人が嫌いなんじゃなくて、こういう蛆虫(笑)犯罪者じゃないけど痛いが大嫌いって事なんじゃないかな?

カント倫理学には、こうはなるまいという強な意志を感じる
23 ななしのよっしん
2018/05/16(水) 01:38:41 ID: PiHu/ja66W
難解でありほとんど理解してる人がいないそうだが、理解もしてないもんをスゴイスゴイともてはやすなんて馬鹿じゃねーの?

自然科学と違って実験観測で正しさを明することができないんだから「理解」してないとだめそうだが
24 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 00:55:20 ID: j4IKVpPeNU
>23 「理解している」状態は「カントが言うところの理性が及ぶ範囲内」での出来事でなければならない、と考えれば、に読んだ人ほど「理解できていると言い切れない」と感想を述べるのでは?
25 ななしのよっしん
2020/02/08(土) 19:28:38 ID: fav5wDH991
が上なるける星空が内なる道徳」ほんとかっこいい
まぁ高校倫理でちょっと学んだだけで、著書は全然読んだことないんだけど
26 名無し募集中。。。
2020/06/02(火) 05:03:55 ID: hpw/dXh8dy
100分de名著で純理性批判が取り上げられてるね
27 ななしのよっしん
2020/09/08(火) 07:23:19 ID: z0sCpEemNM
カントのことは詳しくないけど、私はカント哲学は嫌いだな

ここの記事が正しいのであれば、カントヒューム哲学を否定してるんだよね?
ヒューム哲学はいわば人間には真理(普遍性、必然性)は知りえないというものだと思う

カントは知りえないものはってはならないとか言ってなかったっけ?
そのくせ自分は人間が知りえないもの(普遍性、必然性)をってないか?
28 ななしのよっしん
2020/11/19(木) 03:56:04 ID: zbPGnK5qRc
まずニコニコの記事の内容で嫌いだの々する前に他の媒体で勉強するべきなのでは

おすすめトレンド