ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ単語

ゴットフリートヴィルヘルムライプニッツ

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ(1646~1716)とは、ドイツ哲学者・数学者である。

生涯

1646年にライプツィヒに生まれる。1661年にはライプツィヒ大学入学し、法学を専攻する。

1716年に死去。

思想

ライプニッツの思想は、簡単にいえば世界はどのように成り立っているか」「世界はなぜ存在するのか」を解き明かそうとするものである。ライプニッツには「モナドロジー」「予定調和説」「最善説」「弁論」などいくつもの説があるが、いずれもこの二つを説明するためのものである。

ライプニッツにおける「神」について

ライプニッツ哲学には「」という存在が関わってくるが、これは、同じく合理論で知られるスピノザの「」とは全く意味が異なる。スピノザの「」は世界そのものであり創造など行わないが、ライプニッツの「」はあくまでキリスト教的な唯一神であり、人間世界とは別物である。

モナドロジー

ライプニッツの思想で最も有名なものが「モナドロジーモナド論)」である。まずはこれについて説明する。

簡単にいえば、世界に存在するあらゆる実体を分割していったとき、これ以上分割できないという最小の単位モナドである。デモクリトスの原子論における「原子」のようなものと考えると分かりやすいだろう。

この「モナド」は互いに独立であり、互いに関係しあうことがない。こうしたモナド独立性・閉鎖性はモナドを持たない」と表現される。

予定調和説

しかし、モナドが互いに関係しあわないにも関わらず、世界には因果関係が存在するし、互いに関わりあっているのはなぜか?

ライプニッツは、これはモナド同士が関係しあうようにによって定められているからだと説明する。これが予定調和である。

なお、この予定調和説を用いて、心身問題の解決も図られる。スピノザは、精体は「」という一つの実体によって統一されているという一元論によってこの問題をしたが、ライプニッツは、精体が調和するのは、がそのように定めたからだと考えた。

真理説

以上のモナドロジー予定調和説は、世界がどのように成り立っているかに関する説明であった。ここからは、世界がなぜ存在するのかを説明する。ただ、その前に、論理学に関するライプニッツの思想を説明する必要がある。

ライプニッツは、真理事実真理「永遠の真理に分けられるという。簡単にいえば、前者は、そうでないこともありうる真理後者は必然的にそうであるような真理である。

例えば、「カエサルはルビコンを渡った」という命題を考えてみよう。カエサルがルビコンを渡ったことは歴史事実である。しかし、カエサルは、ルビコンを必然的に渡ったのではなく、渡らないことも可であったはずである。つまり、「カエサルはルビコンを渡らなかった」という場合を考えることができる。

さらに別の例を挙げてみよう。「1G重力速度)は約9.8m/s2である」という命題がある。これは地球上においては正しいが、別の惑星においては、正しいとは限らない。あるいは、世界パラレルワールド)の地球においては、重力速度はもっと大きいかもしれない。このように、そうでない場合を考えうる真理が「事実真理」なのである。

一方、「永遠の真理」は、そうでない場合を考えることができない真理である。「1+1=2」という命題は、1+1=2でない場合を考えることができないし、世界においても1+1=2は成立するであろう。このように、常に成立する命題が「永遠の真理」である。

充足理由律

もう一つ、「充足理由という考え方を説明する。これは、物事にはそうであるような理由が常に存在するという法則である。例えば、「い」という命題が正しい場合、何の理由もなくいわけではなく、理由があっていわけである。

最善説

以上を踏まえた上で、世界の存在について考える。ライプニッツが問題とするのは、なぜこの世界が存在するのか」という疑問である。

々の生きる世界は存在している。このことは、永遠の真理ではなく、事実真理である。つまり、世界は存在しないことも可であったのに、なぜか存在しているのである。

さらに、この世界は様々なありようがあったはずである。いいかえれば、いくつもの可世界があったはずだが、それらを除外して、なぜかこの世界だけが存在しているのである。

先ほどの充足理由に従えば、この二つの疑問にも理由があるはずである。

では、その理由とは何か。前者については、がこの世界を創造したからだと説明する。この説明にあたって、ライプニッツは、宇宙論的明と呼ばれる神の存在証明の手法を用いる。簡単にいえば、すべての因果関係を辿っていったとき、一番最初に存在するのがなのだから、世界を創造したに違いないということである。

しかし、これだけでは、この世界だけが存在することの理由にはならない。これについては、ライプニッツは、この世界は数ある可世界の中で最善の世界であったのでによって創造されたと述べる。この説を「最善説」と呼ぶ。

これは、ヴォルテールによって「楽天義(オプティミズム)」と誤解されたが、あくまで数ある可世界の中で最善というだけで、この世界が欠点のない素晴らしい世界だという意味ではない。

弁神論

しかし、世界を創造したとなると、難問にぶちあたる。が創造したはずの最善の世界になぜ悪や苦しみが存在するのか、という疑問である。

前述のように、ライプニッツの想定する「」とは、キリスト教的な全知全である。が全知全であるならば、この世に悪が存在しないように世界を創造することができたはずである。ところが、そうなっていないということは、は全知全と呼べるのだろうか。

この問題は古代から多くの思想が考えてきたが(詳しくはの記事を参照)、ライプニッツの出した答えは、人間にとっては悪に見えるようなものも、から見れば善であるに違いないという考え方である。この考え方に立てば、は悪を創造したことにはならないので、の全性を否定することにはならない。こうしたを弁護する考え方を論(義論)と呼ぶ。

数学上の業績

ライプニッツは、微積分学と記号論理学確立させたことで有名である。

また、円周率の値をめる公式ライプニッツ公式)を発見し、自身の名前をつけた(ただし、彼が初めて発見したわけではなく、300年ほど前に既にインドで発見されていた)。

後世への影響

ライプニッツの著作は多くが未完であるため、その思想の全貌性が把握しづらく、後世の人々に正しく理解されてきたとはいいがたい。

18世紀のドイツではライプニッツ・ヴォルフ学という思想が流であったが、これはライプニッツ自身の思想というより、ヴォルフという学者がライプニッツを独自に解釈したものであった(カントの記事も参照)。

しかし、論理学において可世界という考えを導入したこと、記号論理学の先駆となったことなど、現代ではライプニッツの再評価も高まっている。

関連動画

関連商品

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ

1 ななしのよっしん
2015/08/01(土) 00:32:34 ID: 9jcdyrFikq
賠償の逸失利益算出に使われるライプニッツ係数の起がどうも分からん。
ソースが出てこない。彼なのか?違うのか?
2 ななしのよっしん
2015/11/07(土) 16:38:34 ID: XC5U1R2dlY
ブルーバックスの漫画で分かる物理学史、とかそんな感じの題の本を読んだが
自作の著書を王様だかに見せて「について書かれていないが?」って聞かれて「そのような仮説はもう必要としなくなったのです」って答えた人がこの人だっけ
3 ななしのよっしん
2016/01/23(土) 05:41:40 ID: viETMPE3AJ
ライプニッツ素晴らしいのは、思考するための具立てを非常に重視したこと。
現代で言えばハッカー的なセンスで問題をコンパクトに扱うことの価値をよく分かっていた。