メリーバッドエンド単語

メリーバッドエンド

メリーバッドエンドとは、読者や観客側の解釈と劇中の登場人物側の解釈によって幸福と不幸が入れ替わる物語の形式をす言葉。略称は「メリバ」。インターネット上で生まれた言葉であり、広まるにつれて解釈が変化しつつあるようで意味合いは曖昧かもしれない。

概要

発祥元における狭義では「相互依存を描いた物語の悲劇的な結末」という意味で、読者から見るといわゆるバッドエンドであるが、登場人物達からするとハッピーエンド(幸福的な結末)であること。もしくはその逆の結末のことである。世間的な物の見方をするか、物語の登場人物の一人になって見るかの違いだろう。

214 : ななしのよっしん :2012/10/10() 14:02:30 ID: wIedRFUlfg
沙耶の唄のとあるEDみたいな「二人にとってはハッピー、人類全体から見たらバッド」
というのはどうなるんだろうな

215 : ななしのよっしん :2012/10/20(土) 01:24:33 ID: WmWJmqtINK
>>214 そういうのはメリーバッドエンドっていうのをどっかで聞いた。
傍から見ればBADENDだけど当事者達にとっては幸せ、みたいな。

バッドエンドについて語るスレ

起源と定義

メリーバッドエンド(通称メリバ):過度の相互依存によって発生する悲劇のこと。に、本人達だけが幸せに感じて終わり、周りから見たらそれはとても見ていられないようなやるせない気持ちになる悲劇をす。逆に、本人たちの不幸が結果だけを見たときに世間的にハッピーエンドであればそれもメリバ

引用元exit

この言葉と解釈は日本独自のもので、2012年4月7日twitter上である人物が発案した言葉である。

なお、2013年2月13日に発売された悠木碧の2枚ミニアルバムメリバ」で扱われた「本人や周囲の人にしか分からない(結末)」というテーマを元にした造であるという内容の文章(同年2月10日発売の雑誌のインタビュー)もあるようだが、上記で引用したtwitterの発言やニコニコ大百科の書き込みからわかるように、それ以前からこの言葉はインターネット上で使われている。ただ、メリバという言葉が広まるきっかけになったとも考えられるかもしれない。

較的最近に作られた言葉でありながらも、この呼び方と解釈はインターネット上のコミュニティを中心に定着しつつあるようで、創作二次創作ジャンルのひとつとして扱われることは多い。

狭義では「相互依存を描いた物語」が該当し、散見される情報でも基本的にはそのように紹介されていることが多いが、本記事の掲示板の書き込みでも伺えるように言葉が広まるにつれて解釈の仕方も変化しているようで、登場人物や物語の内容に限定されず、単に「解釈が変化する結末」がこのように呼ばれていることもあるようだ。

なお、解釈が変化する結末という物語の形式は一般的に「オープンエンディング」や「Open-ended」という呼び方が以前から使われている。(ややこしいことになっているが、オープンエンディングの解釈や説明をメリーバッドエンドとして紹介している情報も散見される)

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メリーバッドエンド

141 ななしのよっしん
2018/11/01(木) 00:24:23 ID: S06PcZkzqq
メリバはあのやるせなさと切なさがいいよね
やはり主人公と身近な人たちだけが幸せになれたっていっても幸福ってのはどんな人間嫌いだろうが社会の中、あるいは社会との繋がりなしには成り立たないものなのかもしれない
悪人だって(通貨)を欲しがるしかが作った衣服や食事を必要としてる
そういう意味じゃ自分(たち)以外はどうでもいいってのはハッピーエンドではないんだろうな
142 ななしのよっしん
2018/12/19(水) 17:19:50 ID: SUfC8diKrn
キャビンって映画の最後はちょっと違う気もするけどメリーバッドエンドっぽいかな。
山の中の小屋に遊びに来た主人公たちが実は世界存続のための生贄で、全員が一定の順番一定の殺され方をすることで儀式が遂するはずが途中生き残ったやつがいて計画が狂い始める。最終的にその儀式をやってた連中の基地にたどり着いて、なんやかんやあって連中は全滅たちは屈しない!と要人物のうち二人の男女が生き残ったけど儀式は失敗したため怪物が現れて世界が滅亡するってオチだった。
生き残った二人はこんなことする必要がある世界なら滅んでしまえって覚悟で生き残ったけど世界がね・・・
143 ななしのよっしん
2019/02/21(木) 21:19:51 ID: HRIJ3Inw/T
久々に見たら発案者のソースが載ってて安心した
編集した人GJ

広く使われはじめて意味変わってきてるんだと思うけど、元々は最後に「皮をこめた」「めでたしめでたし」で終わるものがメリバらしい
今は単に「本人だけ幸せバッドエンド」で使われてる気がするね
144 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 17:23:17 ID: IsS4bIx5tD
フリーSLG光の目」のオアスン王エンディングが、これにあたるかなと最近思い始めてきた。

英雄的な君揮の下、戦略的に圧倒的不利な状況を覆しはしたが、ラスボスとは痛み分け。これ以上の戦いに利益は少なく、結局敵国に占領地を一部返還して和し、自を富ませる方向にシフト。君は夢(英雄として々しく名を上げる)をあきらめることになったけど、最終的には敵も味方も平和に暮らしましたとさ、めでたしめでたし、みたいな。


ゲーム的には結局敵全部倒さないといけないから、痛み分けで終わることが当時としては残念だったけど、冷静に考えれば世界征服しても破綻がに見えているから、一番いい終わり方なのかもしれない。
敵全部倒してみんなハッピーという図式は、そのゲーム世界観に似合わない。
145 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 10:49:06 ID: 02PY5Iajg0
>>144
近いんだけどメリーバッドエンドにしては
後味が良すぎる気もするな
バッド要素がいというか...

例えば、主人公の君が犠牲を厭わず戦争を続けようとしたが心に止められて死亡
その後両は和平和が訪れ、君の戦いは英雄伝説としてり継がれている

みたいな、終わりすっごい綺麗だけど
主人公からしたら念でしかないみたいな
感じだとそれっぽい気がする

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
146 ななしのよっしん
2019/03/30(土) 21:38:41 ID: g2UbjcmupV
ケムリクサエンディングもこれかな?
147 ななしのよっしん
2019/03/30(土) 21:41:35 ID: wZnDEcV0TM
ケムリは最終的に的達成して生き残ったから違うと思う
148 ななしのよっしん
2019/04/05(金) 21:31:15 ID: Otz4MscprC
ケムリクサ普通グッドエンドだとキャラ視聴者も納得してるからね

どちらかというと、作中ではなんか大団円みたいな扱いになってるけど
視聴している側が怒りの日を迎えたけものフレンズ2のほうが近いかな
149 ななしのよっしん
2019/04/05(金) 21:40:59 ID: S6Qfw4AQI2
実は何も解決してないからなけも2。
・敵が発生する根本の原因放置。
に居た敵の大放置。
主人公の記憶と探し放置。
で、何か解決したような感じで誤魔化してた。
150 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 01:46:23 ID: 3bRwjctpx9
「後々災厄が起きることが確定するハッピーエンド
「災厄を後世に送りつけるハッピーエンド
って意外とありそう

「倒した悪役が、実は次回作ラスボスを封印していたため、倒した時点で次回作ラスボス復活確定(ヒロインの処刑を回避するためには倒さないといけない)」
「災厄級のを持ちつつそれを制御してみせた主人公だったけど、そのを受け継いだ子孫全員が制御できるとは限らないよね? → 案の定、後作で子孫が世界破壊級ラスボスに」
ラスボスを倒した兵器が『時』。そのせいで記録が風化するレベル未来ラスボスが送りつけられることに」
(「ムーンライトラビリンス」に似たエンドがある)
「A世界ラスボス異世界に追放するよ → B世界:よしよし、なんか知らんけど送り返してあげるからな。あ、お土産も持たせてあげよう → A世界:は!?戻って来んな!しかも強くなってるし!」

急上昇ワード