大阪市消防局単語

オオサカシショウボウキョク
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

大阪市消防局とは、日本有数の規模の消防本部である。

概要

大阪市を管轄する消防本部であり、大阪市の部局として設置されている。

西日本最大の規模を有する消防本部であるため、大阪府内のみならず近隣の府県にも出動することがある。内の大規模災害時には東日本など遠方にも派遣される。機関である総務省消防庁に講師を輩出しているほか、日本国外の消防当局との交流もある。

規模

消防ヘリコプターは本来の管轄の大阪市内のみならず大阪府内全域を活動範囲としている。

部隊・機材

救助隊

部隊 任務内容 部隊数
救助隊 救助活動の1次対応を行う。
その特性状、救助工作ではなく
救助用資機材を載したポンで出場する。
13
難救助隊
(DR)
字の通り、河川や沿地域での
難救助を行う。
2
航空救助隊
(AR)
航空隊=ヘリコプターに同乗して
救助活動を行う。
ただし、救助工作を使っての
一般救助活動も日常的に行う。
3
都市災害救助隊
(BR)
一般救助資機材に加え、震災用
高度救助資機材、原子力災害
資機材も保有して対応可なので
単体でも高度救助隊要件を満たす。
4
化学災害救助隊
(CR)
字の通りの化学災害だけでなく、
生物系(ウィルス・新感染症)にも
対応する救助隊。
4
本部特別高度救助隊
(ASR)
消防局本部付の救助隊。
元々、大阪市消防局では有事の際に
AR、BR、CRを中核に他の支援部隊
を組み込んだ『特殊災害機動部隊』を
特別高度救助隊としていたが、その
参謀部隊として編成されていた
『救助支援隊』を変した部隊。
1

スモールタンク車

近年のトレンドである『CD‐1(2tから3tのキャブオーバートラックベースポン)に1t未満の水槽を装備したポン』の先駆け。大阪市の入り組んだ地域特性を考慮して以下の特徴を持つ。

サイズ 一般的なCD‐1ポンが全長5.7m、全幅1.9mに
対し、スモールタンクは5.2m、1.7mに抑えて
いる。
積載スペースを節約するため片側はロープラック状exit
に収納しexit、もう片側は短い吸水管に大型送水ホースexit
を接続しているexit
搭載機材の振り分け 危険物火災に対応するため泡消火に対応した
搭載する梯子の種類が違う(折り畳みないし3連式)
が存在する。
ハイルー 元々サイズ上、キャブの居住性で不評が聞かれていたが
東日本大震災など広域応援で遠征が増えてきたことから
平成28年度配備分から導入。
なお、3連梯子搭載は居住性に問題がない範囲で梯子
積載部の屋根を削っている。

その他の車両

救急車 創設当初から日本救急車徴である『』が
入れられていないが概ね『あかん』繋がりで入れられ
ていないというのが見方である(正確には不明)。
但し、2000年代前半からバックドアに視認性向上の為
色帯が採用された。
同じ理由で側面には色の反射材も追加されている。
耐煙救出 1970年代地下街火災での要救助者搬送用として
配備されていたバッテリー駆動式の6WDカート
煙が充満した状態での走行を想定して各種センサー
取り付けられていた。
ポン 1960年代に配備されていた1m程度の浸地域なら
走行できるポン

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%B8%82%E6%B6%88%E9%98%B2%E5%B1%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大阪市消防局

1 ななしのよっしん
2018/01/27(土) 11:10:30 ID: 5mJb1SoLQ3
出初式は毎年ATCでやってるんだっけ

急上昇ワード