面接単語

メンセツ

 面接とは、お前らの就職転職に立ちはだかるである。別名ウソつき大会。(ここでは集団討論には触れない)

概要

 一部の小中学受験高校受験大学受験医学部、AO)、院試、就職試験その他で課される試験の一つ。その人物が実際にどんな人間か、を見るために実際に会って、質問をしたりストレス耐性をテストすること。法書士試験の二次のような口述試験を含む場合もある。

 ぶっちゃけ、AO以外の受験における面接はよほど非常識な態度(医学部であれば「患者なんてづるっすよ」とか言うとか)をとったりしない限りは受かるし院試なんかあってないようなものである。が、面接が牙をむくのは就職転職の際である。いくら筆記を頑っても筆記しか評価しない受験と異なり勉強の努の泡になる可性がある。もう筆記と学歴だけで採用してくれよ

 実際に面接官が、多くの場合会場の一室(企業によっては喫茶店などでなんて場合も)で志願者に実際に会い、質問を行い、マナー、態度装、答えの内容等を評価し採用不採用を決める。オーソドックスな質問としては志望動機、自己PRなど。

 形式には集団面接、個別面接、集団討論があるが単に面接と言えば受験者一人に対し面接官1~数人という形式の個別面接がイメージされる。

 で、ほんとに意味あるの?

 実際に意味があるのか疑問であるということで、面接を止する企業もある。マナーだったりもそれ対策のハウツー本やマニュアルがあったりで対策してきているので素の人物像は見えない、また志望動機等だって普通志願者は本音を言わずをつくわけで(公務員だったら本音は安定だとか民間理だとかが動機であろうがそんなことは言わずにどんなしょうもない自治体に対しても着とかやりがいというの動機を言うにきまっている)その人の本当の人柄とか考えは見えないのではないか、というわけである。そんなわけで一部の企業では面接がない、なんて企業もある。

 また、姓名判断とか血液型占いのために血液型を聞いてそれで採用不採用を決める、じゃんけんで決めるという意味不明な例もあったという。

 また、実際は筆記がギリギリだったり、低学歴大学しか出ていないなどの理由で実際は不採用が決まっているけど一次試験に通っちゃったから形式的に面接するみたいな場合もある。このように実態としては面接の意義はあるのかは実際にははなはだ疑問ではある。

圧迫面接

 ストレス耐性を見るためわざと嫌な質問をする、罵倒する、怒鳴りつけるなどということもあり、圧迫面接と言われている。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%9D%A2%E6%8E%A5

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

面接

1 ななしのよっしん
2018/08/29(水) 03:31:41 ID: pnoVWKJoVh
作成乙
2 ななしのよっしん
2018/08/30(木) 05:55:32 ID: R4Bax/B6nt
表示がおかしい
共産党宣言(ある寺)は満足に記事も作れないのか・・・
3 ななしのよっしん
2018/09/14(金) 23:47:59 ID: Kk+tgXIjnq
日本には圧迫面接という文化があった」

これ後世の人間歴史修正されそう
立場の弱い相手にマウンティングしてストレス発散する文化
これが昔の日本だったのに
4 ななしのよっしん
2018/10/05(金) 17:42:18 ID: 41apikpif2
こんな記事要らねえだろ
5 ななしのよっしん
2018/12/10(月) 00:43:10 ID: /9MBiwUzY0
をつくのはバレなきゃ問題ない
それは「要領がいいか」「バカ正直ではないか」の面に関してもテストされてる場だから