編集  

人権単語

ジンケン

人権じんけん、Human Rights)とは、人間の持つ権利のことである。

概要

人権」という表現を使う場合には、単なる権利ではなく、自然権としての人権すことがほとんどである。
自然権とは、かに与えられることなく各個人が当然持っている権利のことである。

日本で言えば、「自由権」「社会権」「参政権」などがあるが、人権をどのように分類するかについては様々な説があり、はっきりと定まっているわけではない。

とはいえ、現代の法学、社会学においては、人間が人権を持つことについて疑義を呈する学説はほぼ存在せず、守られるべき人権が存在するということについては一致しているのが現状である。

自然権とは

自然権というのは、人間が自然に、つまりかから与えられたわけではなく持っている権利のこと。
人権説」と呼ばれることもあるが、この「」というのは具体的に権利を与える何かの存在ではなく、「天然」のと同じで、特に何もしていない自然の状態ということである。

かつてはから与えられた権利であると考えられていたが、ホッブズ、ルソー、ロックなど、17世紀の社会契約論者により現代に近い形に整理され、系統化された。このあたりは中学校高校で覚えさせられた人も多いだろう。

このように、自然権は与えられなくとも持っているものであるため、今日日本含む各憲法では「保障する」、つまり既にあるものを侵しないように守るという表現になっている。

いろいろな人権

概要で述べたように、人権にはたくさんの種類があり、分類の方法も多岐に渡っている。しかし、上の漠然とした説明ではあまり実感できないという人も多いだろう。
そこで、ここではいくつか実例をあげて説明していく。

平等権

「法の下の等」とも言う。現代の法律では、イスラム法などを除き、まず確実に保されている権利。

日本では人種、信条、性別、出自などにより差別されないことを定めた日本国憲法第14条で規定されている。

自由権

自由である権利。はっきりした成立は英国の権利章典にさかのぼり、 人権の基礎とも言える。
上の等権も、ひろく見れば自由権の一部であるといえる。

日本国憲法においては、第13条がその包括規定(個人の尊重)として存在し、個別規定として経済自由権(第22条第29条)、精自由権(第19条第20条第21条第23条)、人身の自由第18条、第3139条)などが定められている。

表現の自由第21条)、思想の自由第19条)、信教の自由第20条)、学問の自由第23条)、それに生存権(第25条)やプライバシーの権利も自由権の一種である。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%BA%E6%A8%A9
ページ番号: 5046768 リビジョン番号: 2609875
読み:ジンケン
初版作成日: 13/02/21 15:09 ◆ 最終更新日: 18/07/23 19:04
編集内容についての説明/コメント: 人権(ミリシタ)を関連項目に追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

人権について語るスレ

1459 : ななしのよっしん :2018/11/07(水) 17:22:09 ID: H1R7ahSRdt
嘘字幕上手いね

違うというのなら、最低限何処の放送局で放送されたなんていう番組なのか言って欲しいものだけれども

後、レイシストってデマを流してまで人種差別するから人権懐疑なんかもデマでないっていう事を明するために出典元を明確にして欲しいものだね
ただ単にドイツの犯罪件数が日本より多いってだけのグラフが難民の所為でドイツの治安が崩壊したように見せかけるミスリードに使われたケースも有るからさ
1460 : ななしのよっしん :2018/11/08(木) 10:17:28 ID: gjkLDICuSS
人権懐疑(配慮表現)には保守(配慮表現)だけじゃなく単純に他人が保護されてる補助受けてるっていうのが気に入らない可哀想なお友達も多いんだろうなあと
まあうちの親父殿のことなんですが
1461 : ななしのよっしん :2018/11/08(木) 10:31:41 ID: 6Id3XJ9Ezt
自助努もそれはそれで正しいが苦しいときは助けをめるのも全く問題はない
助け合いこそが社会動物の強み

大昔は社会全体の生産が低くて余裕なかったから見捨てられる人多かったし
見捨てる側のメンタルケアも必要だったから弱いは死んで当然みたいな論理がまかり通る余地もあったが
資本主義経済科学技術が世の中全に変えた今となっては古くさい理屈
豊かさが豊かさを生むサイクルにおいては人を見捨てる選択肢は合理的ではなくなった
1462 : ななしのよっしん :2018/11/08(木) 10:40:50 ID: p6bbg4ztku
自分は強者の中の弱者であり
弱者の自覚があるのに社会的には強者に分類されるから
救済の対にはならずむしろ他の強者と一括で弱者救済のために搾取される側になる

人権懐疑ってのはそういう人が多いんだろうと思う
1463 : ななしのよっしん :2018/11/08(木) 10:59:58 ID: a7FHNPqGWU
>>1461
そもそも昔であっても誤った対を見捨てた場合反乱や革命リスクがあるから対の見極めが必須なんだよね
それらが成功した場合メンタルケアとして作られた弱いが~はそのまま見捨てようとした連中を滅ぼして構わない理屈として使えてしまう
1464 : ななしのよっしん :2018/11/08(木) 15:52:28 ID: ay577CcVEe
>>1454
人権論と経済論は別物として考えたほうがいいと思うぞ

例えば100人で分けるとき、元手が1000万あるか100万かで結論は違って
前者は100人に10万ずつ、後者90人を切り捨てて10人に10万ずつ

まとまった買い物をしてもらえないとジリ貧になるのが今の市場だから
100人に1万ずつ分けたりすると、利益が分散しすぎて収益にならない

富の再分配にも限度ってものがあるし、結果の等は最初から保されてない
皆で貧乏にはなれても、皆で豊かには不可能
1465 : ななしのよっしん :2018/11/08(木) 16:13:28 ID: DibZ9GUIjJ
権は
人間が用意しなかった
1466 : ななしのよっしん :2018/11/09(金) 14:38:53 ID: 6Id3XJ9Ezt
>>1464
買い物においてはまとまってるか細かいかは大した問題ではない
店での買い物に100人が1万使っても1人が100万使っても店の収入総額は同じ、市場全体に回るも同じ(大抵は大口顧客は割引を受けるし大をもらった人はいくらか貯蓄に回すので市場に回るはむしろ減る可性が高い)
細かい商売は利益の分散よりコストがかさむことに問題があって
例えば1社に10万個納品するのと10万軒の々に1品ずつ配るのでは配達コストが違う(だからこそ大口取引の割引が成り立つ)
まあの話と物流の話は違うってことで、に関してはいくら細かく配っても問題ない

まとまったが必要なのは投資だが
投資にしてもどでかいを一個人が負担するのは限界があるので
スペイン王室に全額負担をめたコロブスのようなやり方は時代遅れ
式を発行して広く浅く集めるのが今の

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1467 : ななしのよっしん :2018/11/09(金) 21:21:30 ID: 6iGPuEbpuq
>>1464
ただ、あまり富が偏在すると、消費=市場の環流が滞るからな
例えば、均な人間の100倍稼ぐ富者が、100倍の食費を使い、100倍の生活費を使うと言ったことはまずあり得ないし、大体は投資などに使うが、それによる不労所得は、生産の付加価値や経済成長の伸びしろから得られるもので、雪だるま式に富が集積してますます消費は衰えるだろう
一方貧者は当然、必要なモノは買うだろうが、リスクに備えて出費を常に抑えようとするだろうから、再配分が期待出来ないとこれも消費=市場の環流が滞る原因になる

さじ加減の均衡点は不明だが、富の一極化を防ぎ、貧者に購買意欲を持たせるレベルでの再配分がないと市場は滞るのでは?
1468 : ななしのよっしん :2018/11/18(日) 17:47:20 ID: WkDp+1nePN
人権授説
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス