魁皇単語

カイオウ
2.1千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

魁皇博之(かいおう ひろゆき)とは、大相撲の元力士である。現在は年寄・浅香山

概要

友綱部屋
魁皇 博之
基本情報
出身地 日本福岡県直方
本名 古賀博之
生年 1972年7月24日
力士情報
所属歴 友綱部屋
最高位 大関
初土俵 1988年3月場所
引退 2011年7月場所
大相撲力士テンプレート

中学生時代に相撲柔道部の顧問から勧められ、この頃から本格的に相撲をするようになった。中学卒業後、友綱部屋入門し、1988年3月場所に初土俵。同期に大(後の)、花田(後の貴乃花)、若花田(後の3代若乃花)がいたことから、この場所に入門した力士達を『の六三組』という。

のように期の大成はしなかったものの、1992年初場所に新十両1993年に20歳での新入幕を果たす。しかし、一度十両に陥落してしまうなど、幕内の最初の頃はつまずいた。しかし、1994年から一気にを付け、同年場所でを倒し、殊勲賞で初の三賞を獲得。場所に新三役となり、1995年初場所からは関脇の地位を13場所守った。しかし、そこから足踏み状態が続き、三役陥落など苦難の土俵は続いた。しかし、この間に三賞を15度獲得し、優勝まであと一歩という所を何度も経験してきた。

らが土俵を築いた90年代が終わり、時代は2000年代へ。小結で迎えた2000年場所で14勝1敗の好成績を収め、悲願の初優勝名古屋場所後に大関昇進を果たし、一躍福岡県民の期待の英雄へと駆け上った。

大関として4度の優勝を経験したが、横綱にはか遠く、2004年の5度優勝からは優勝から遠ざかっている。近年では番で苦しみ、常に『引退』の二文字が見える状況となるが、そこから意地で勝ち越すというのがやっと。2010年名古屋場所に史上2人大関在位60場所となり、丸10年大関の地位を守って来た。

2010年九州場所では初日こそ敗れたものの2日から11連勝で12日終了時点では白鵬豊ノ島と並び1敗で優勝争いのトップに立っていた。13日、14日白鵬豊ノ島に敗れ優勝争いから脱落したが、千秋楽把瑠都に勝ち12勝を挙げ来場所は東の正大関で迎えることとなった。ちなみに東の正大関、二桁勝利は21場所ぶり、12勝は36場所ぶりである。

2011年1月には史上初の「通算100場所勝越し」を達成。中止の3月場所をはさみ5月技量審査場所では史上単独一位となる「幕内通算出場1431回」を達成。また千代の富士の持つ「通算1045勝」まであと1勝までせまり、千秋楽では白鵬を破り存在感を見せた。翌7月場所は千代大海タイとなる「大関在位65場所」としてスタート。初日から3連敗し苦戦したが、4日で初日を出し千代の富士の通算勝利数とタイとなる。5日にも勝利し、千代の富士記録え史上単独1位の「1046勝」を達成。しかしその後は再び連敗が続き、7日1047勝をあげたが、これが現役最後の勝利となる。10日を終えた時点で3勝7敗と負け越しがほぼ確定的となり、師匠と相談した上で引退を決意。

琴光喜野球賭博により解雇されたため、2010年名古屋場所からは一の日本人大関となっていたが、魁皇の引退により横綱大関全員出身者となった。しかし、琴奨菊が後に大関となったため、1場所でその状態は打開された。

初土俵から足掛け23年間に渡る長期間の現役生活2000年大関昇進から幾度も番を迎えながらも1度も陥落する事なく大関の座を守り続けた。昭和以降、戦後共に最高齢大関を務めた。

大相撲場所が11月九州場所を迎えると、地元福岡で温かい援で迎えられ、土俵に上がるのが名物となっている。地元での優勝は果たせないものの、多くのファンが魁皇の勝利を期待して、援を送る。地元直方での人気は絶大で勝利すると花火が上がり、四股名と同じ名の列車福岡まで運行されるほど。

最大の得意技は右の上手投げ、小手投げである。上手投げは片手で横綱時代の貴乃花を投げ飛ばした事もあるほどで今なおになっている。貴乃花方は魁皇の右上手投げに関して「右上手を取られた時の強さは、私が今まで対戦してきた力士の中で一番強かったと思う」とっている。
また小手投げに関しては生来の怪力も手伝って数々の力士の腕を破壊しており、豊ノ島、栃洋、栃東などの肩、腕を破壊している。その四股名をもじって「破壊王」とも一部で呼ばれ恐れられた。

個人成績

丸数字は歴代順位(2020年11月場所時点)

出場 成績 在位
通算 1,731回⑤ 1,047勝②700158
1位白鵬
140場所
幕内 1,444回②
1位旭天鵬
879勝②581敗119
1位白鵬
107場所
大関 838回②
1位千代大海
524勝328119 65場所
千代大海タイ
関脇在位も歴代2位

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

魁皇

19 ななしのよっしん
2015/04/29(水) 06:09:54 ID: iqI+dwR59T
相撲界の鉄人
が少なかったわけでもないけどその気力と根性は素らしかった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
20 ななしのよっしん
2017/10/02(月) 23:20:03 ID: z08vZHkUyA
特急列車「かいおう」が地元直方で走ってる
全盛期人気は物凄かった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
21 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 13:32:10 ID: vjSmCq9zdC
 モンゴル野郎の進撃を止められず、モンゴルののさぎる今の土台を作る事に貢献した大関でしたね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
22 ななしのよっしん
2018/10/01(月) 13:33:12 ID: vjSmCq9zdC
のさぎる→のさばる
👍
高評価
0
👎
低評価
0
23 ななしのよっしん
2019/06/08(土) 03:02:08 ID: OiNvR9Akg2
優勝回数だけ見たら並の横綱くらいの回数は優勝してるんだよな・・・
👍
高評価
0
👎
低評価
0
24 ななしのよっしん
2019/07/18(木) 16:15:42 ID: E0k6PoiC0i
昭和だったら間違いなく横綱になっていただろうね
魁皇全盛期2000年代前半は、2場所連続優勝しなければ横綱昇進の話すら出ない時代だった
最近はちょっと緩和されてきているけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
25 ななしのよっしん
2019/08/17(土) 16:58:54 ID: KFpCo80OCr
自分の中では大関と言えば魁皇千代大海っ先に浮かぶ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
26 ななしのよっしん
2020/01/29(水) 01:25:48 ID: KyXOpmaylG
史上最多勝を挙げておきながら八百長問題でさらに再評価される男
👍
高評価
0
👎
低評価
0
27 ななしのよっしん
2020/03/14(土) 05:11:06 ID: E0k6PoiC0i
や若兄弟同期で、白鵬全盛期まで現役大関だったのは凄い
白鵬には連敗し続けたが、それでも現役最晩年(白鵬絶頂期の2010年から11年)に複数回勝った
👍
高評価
0
👎
低評価
0
28 ななしのよっしん
2022/07/01(金) 13:38:22 ID: ws3bFzeBgc
>>23、24
双羽黒トラブって引退したのがきっかけで昇進が2場所連続優勝と厳格化してしまったのが痛かったといえば痛かったですね。

双羽黒の一件さえければ間違いなく横綱になれてたと思いますね、まあ横綱にならなかった事で幕内通算879勝、通算1047勝を達成出来たので悪い事ばかりではなかったと思いますね。
👍
高評価
0
👎
低評価
0