琴奨菊単語

コトショウギク

琴奨菊和(ことしょうぎく かずひろ)とは、大相撲力士である。最高位は東大関。

概要

1984年1月30日生まれ。福岡県柳川市出身。本名・菊次一。所属部屋は佐渡ヶ嶽部屋。

相撲を取るようになったきっかけは、幼少時に花田(後の貴乃花)が巡業で訪れた際に、膝に乗せられ、記念写真を取ったからという。

中学高校を明徳義塾高校で過ごし、中学校相撲大会で全優勝した経験がある。ちなみに、朝青龍は3年先輩だったため、高校入学した際には既に卒業していた。

高校卒業後に佐渡ヶ嶽部屋に入門。当時の四股名は本名から『琴菊次』。2001年1月場所に初土俵を踏んだ。
2004年初場所に『琴奨菊』と名後、2004年場所新十両2005年初場所に新入幕。1場所で十両に陥落したが、場所で13勝2敗の成績を残し、十両優勝。その後は幕内の地位を確立

2007年初場所、前頭筆頭で9勝6敗と勝ち越し、当時関脇小結合わせて3人が負け越したため、同年場所に関脇で新三役となった。その場所で7勝8敗と負け越し、辛うじて小結に踏みとどまるが、場所も8敗してしまい、2場所で三役から陥落した。

その後、三役再昇進と幕陥落を繰り返していたが、西関脇で迎えた2011年初場所で11勝すると、場所中止後の技量審査場所で10勝を挙げ、名古屋場所を大関取りで迎えた。初日の豊ノ島、9日大関日馬富士に敗れはしたものの、白鵬把瑠都を倒し、12日鶴竜で10勝を挙げた。しかし、隠岐の海若の里に連敗し、結局11勝4敗となり、大関取りの条件となる『直近3場所で33勝』を達成できなかった。

その後迎えた場所は、初日から7連勝。中日鶴竜戦で土が付いてしまったが、同じ関脇稀勢の里を破る。しかし、11日に対戦成績が互栃煌山に敗れて2敗に後退してしまった。だが、そこから場所好調だった臥牙丸、更には横綱白鵬を2場所連続で破り、迎えた14日日馬富士戦、得意のがぶり寄りで12勝を挙げた。『直近3場所で33勝』を達成し、優勝争いまで残ったものの、把瑠都に敗れ、優勝はわなかった。

2011年九州場所、地元福岡から大関に昇進することが決まり、更に活躍する事を期待されている。2000年魁皇以来の福岡県出身大関の誕生、4年ぶりの日本人大関誕生となるだけに、九州場所では注の的となる。

2016年初場所、三横綱を次々となぎ倒し、14勝1敗でついに念願の初優勝を達成した。
これは日本まれの力士としては丸10年ぶりの幕内最高優勝となった。

しかしその後は再び苦しくなり、2016年名古屋場所でアキレス腱を故障し途中休場。6度のカド番となった場所は何とか勝ち越したものの、続く九州場所と初場所は連続で5勝10敗に終わり32場所守った大関の地位から陥落。歓喜の優勝からわずか1年後のことであった。続く大阪場所は久々に好調だったが終盤にを落として9勝にとどまり、10勝以上による大関復帰特例による再昇進はかなわなかった。

得意技は左四つでもろ差しになってからのがぶり寄り。先代師匠の元横綱から『下半身が細すぎる』と言われ、を強化した結果、この独特のがぶり寄りが生まれた。ちなみに佐渡部屋の先輩大関である琴(現・尾親方)もがぶり寄りを得意としていた。

日馬富士稀勢の里を得意としており、対戦成績で上回っている(現役では他に白鵬くらいしかいない、ただし最近では両者をやや苦手としている)ほか、ほとんどの大関横綱とも対戦成績は拮抗しているが、一方で白鵬のみは非常に苦手としている。

『キク』という称があるのだが、『がぶり寄り』が得意な事から『ガブリエル』とも言われている。近年はあちこちに怪を抱えながらの苦しい土俵が続いており、とうとう北の富士から『ボロ奨菊』という渾名を頂戴してしまった。

成績

2017年大阪場所終了時点

超会議場所トーナメント戦の成績

ニコニコ超会議で行われた大相撲巡業のワンデイトーナメント大会の結果をここに記す。

大相撲超会議場所

ニコニコ超会議3で開催された。当時の番付は西大関2014年3月場所)。

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 シード
2回戦 引き落とし 西前頭6枚 豪風
3回戦
準々決勝
準決勝
決勝

大相撲超会議場所2015

ニコニコ超会議2015で開催された。当時の番付は西大関2015年3月場所)。

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 寄り切り 西前頭16枚 千代丸
2回戦 掬い投げ 前頭7枚富士
準々決勝 送り出し 西前頭4枚 栃ノ心
準決勝
決勝

大相撲超会議場所2017

ニコニコ超会議2017で開催された。当時の番付は東関脇2(2017年3月場所)。

取組 勝敗 決まり手 対戦相手
DAY1 幕内取組 寄り切り 西関脇 高安
DAY2 幕内取組 大相撲トーナメント出場(下表参照)

大相撲トーナメント 成績

勝敗 決まり手 対戦相手
1回戦 寄り切り 関脇 玉鷲
2回戦
準決勝
決勝

関連動画

関連商品

関連チャンネル

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%90%B4%E5%A5%A8%E8%8F%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

琴奨菊

109 ななしのよっしん
2017/09/24(日) 20:49:56 ID: Qg/Gmh+yPN
今場所は終わって見れば久しぶりの二桁
ただ彼の実的にここで喜んでいいのかどうかは微妙なところかも知れないね
何しろ横綱三人、大関二人が休場という異常な場所だけに価が試されるのはやはり来場所から
ここで諸手を挙げて喜ぶのは今しばらく控えておいた方が良いのかも
110 ななしのよっしん
2018/02/04(日) 12:38:31 ID: teB27RUpd0
ここに来て復活とは言わないが、以前よりバッタリが減ったように思う
幕に落ちて相手のパワーが落ちたのか、それとも理しなくなったのか、
前のめりにならずどっしり構えて、慢してを取りに行ってる感がある
111 ななしのよっしん
2018/09/27(木) 14:28:59 ID: kNXvLOiLoi
ろーん びたーん ガブリエル
112 ななしのよっしん
2018/11/25(日) 17:16:19 ID: 66XvfqTVv+
なんだかんだで2018年九州場所は10勝という二桁勝利
勝ったり負けたりでが並ぶ展開で後半にブーストかけていく様は中々見物
113 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 00:08:16 ID: 66XvfqTVv+
平成最後の場所で11勝の2ケタ勝利
惜しくも三賞は逃したが喜んでいい成績だった
114 ななしのよっしん
2019/03/25(月) 22:56:37 ID: teB27RUpd0
もしかして痩せた? と思ったら本当に体重を10kg落としたのか。
彼のようなパワー力士にとって、痩せるのは勇気の要ることだったろうし、
それでに見えて俊敏になって大勝ちしたんだから、晴れとしか言えないな。
115 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 23:56:39 ID: J2Yn3wDgnO
金星じゃー!
116 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 00:04:37 ID: 66XvfqTVv+
令和元年7/20の大金星は震えたわ
もう二度と白鵬には勝てないかもなと思っていた矢先にやってくれた
どうか千秋楽勝利して勝ち越して欲しい
117 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 20:53:46 ID: Qg/Gmh+yPN
>>116
・・・だったんだけどね。
あの白鵬に土を付けていただけに、つくづく今場所は勝ち越して終わって欲しかった。
前々から多くの人に摘されている弱点ながら変化への弱さはなんとかならない課題なのかと・・・
118 ななしのよっしん
2019/08/03(土) 17:42:23 ID: k2/6S2ilLt
この歳でもまだ立ち会い強者保ててるのは変化対策せずロケットスタート決め込んでるからだからね
暗黙の了解利用しててせこく見えなくもいが現実的に一場所に変化なんて多くて三回くらいだろうしリスクリターン考えたら今のスタイルがガブの最適解

急上昇ワード