E-2C単語

イーツーシー

E-2Cとは、アメリカノースロップ・グラマン社が開発した期警機である。称はホークアイアメリカ海軍航空自衛隊をはじめ、各軍・軍で使用されている。

本稿では後継機種であるE-2D "アドバンスド・ホークアイ"についても記述している。

概要

E-2の開発は古く、初飛行は1960年ベトナム戦争にも参加している。初期E-2A、E-2Bと数度のアップデートが繰り返されて、現在はE-2C(各種バージョン違いも含む)が世界で運用中である。E-2Cでは機首にパッシブ式のセンサを搭載したため、E-2A/Bとは機首形状が大きく異なり、識別は容易である。

な運用アメリカ日本フランス台湾イスラエルなど。空母で運用するため、根元から折りたたむ機が搭載されている。乗組員はパイロット二名、レーダー操作担当三名の計五名が乗り組む。

生機として、開発中E-2の機体をベースに作られた艦上輸送機C-2Aグレイハウンドがある。

米海軍では最新のE-2Dの配備が始まっている(後述)。

航空自衛隊のE-2C

日本でのAEWの導入に関する検討は1960年代から始まった。第三次防衛整備計画の大綱(1966年11月決定)では「レーダー搭載警機の研究開発を行う」と明記、1968年度にはTRDI内で期警機の内開発の検討が行われ、またアメリカからは「E-2C完成機の輸出は可」との連絡があった。もっとも最終的に導入が決定したのは1976年で、防衛計画大綱(1976年10月決定)の別表に「警飛行部隊一個飛行隊」が明記された(前1976年9月MiG-25の亡命事件が発生しており、これが導入の後押しになったのは間違いないだろう)。その後機種選定が行われ、1977年7月に(同年運用を開始していた)E-3Aとの較の上でE-2Cの導入が決定された。1979年度から取得を開始し、1983年青森県三沢基地に4機のE-2Cによる臨時警航空隊を編成、それ以降も取得が続き、1994年度の2機の追加により、13機体制となっている。配備に伴いE-2CとBADGEを連接するための通信バッファ航空機の航跡情報等をE-2CとBADGEのそれぞれのプロトコルで相互変換する)も設置された。1997年から2012年にかけて全機がホークアイ2000相当に修されている。[1]

航空自衛隊E-2C(ニコニ・コモンズ)米海軍ホークアイ2000は共同交戦CEC)に対応しているが、航空自衛隊向けにはCECの中核となるAN/USG-3共同交戦プロセッサはリリースされなかったようだ。他に複合材料製の8枚プロペラを装備するNP2000仕様空自向けの機体は採用している。[2]

日本のE-2CはアメリカFMS(有償対外軍事援助)により導入が行われているが、このFMSが曲者らしくE-2Cの稼働率はあまり良くないという話も漏れ伝わるところでもある。これはFMSで導入した機体に必要な整備部品の購入などはアメリカ政府を通す必要があるほか、発注したものの納入が遅れたり、請額がザルだったり、故障した部品はアメリカに返還する必要があったりとまぁ色々あるそうで、FMSを使って導入された機体は、まともな部品を融通しあう共食い整備が始まり、これが稼働率低下の原因となっている…そうだ。もっとも稼働率に関しては防衛上の秘密事項でもあるし、FMSの運用の見直しも行われているレポートが防衛省にもあるので、この話の偽は定かではないし、現在もそうなのかは疑問の余地がのこるので注意してほしい。あくまで噂話レベルといったところ。

E-2D "Advenced Hawkeye (アドバンスド・ホークアイ)

E-2Cのとして2007年に初飛行。IOC(初期作戦)を2014年10月10日に所得している。[3]

E-2Dでは搭載レーダーが新のAN/APY-9に変更されている。このレーダーは既存のレーダーべ、より波長の長いUHF帯(300MHz~1GHz)を使用しており、E-2Cより2世代分進化したと言われるデジタル信号処理と組み合わせることでステルス機を探知する有効な手段になっている。[4]

E-2Dは航空自衛隊も導入を決め、中期防衛整備計画(平成26~30年度)で4機を調達した。[5]

2018年8月末に開された平成31年度の概算要の書類では、新たにE-2Dを2機取得し、なおかつ7機分の長納期部品の予算も計上することになっている。[6]

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *尖閣の脅威に対抗する"E-X"」宮脇俊幸 軍事研究2014年3月
  2. *空自偵察機&警機”レビュー井上MARU 2015年1月
  3. *http://news.usni.org/2014/10/16/navy-declares-ioc-e-2d-advanced-hawkeyeexit
  4. *「実戦配備近づくE-2Dの意義」徳永航空情報2014年10月
  5. *早期警戒(管制)機の機種決定についてexit 中期防衛力整備計画(平成26年度~平成30年度)についてexit
  6. *http://www.mod.go.jp/j/yosan/2019/gaisan.pdf

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/e-2c

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

E-2C

1 ななしのよっしん
2009/09/20(日) 00:13:09 ID: Y3NnQdlJda
記事作成乙です。やはり方でしたか。
2 ななしのよっしん
2010/10/14(木) 20:52:23 ID: H0AXl8B+J1
実は紺碧の艦隊に出ている
61式戦車74式戦車も出ている
3 ななしのよっしん
2010/10/29(金) 11:14:25 ID: lhKoTdM4uv
概要の最後のにある「発展として、艦上輸送機C-2グレイハウンドがある。」についてなんだが
C-2は発展というより(生機)じゃないか
4 ななしのよっしん
2018/02/18(日) 04:38:54 ID: vOy0wBz7xg
オスプレイF-35Bより前に自衛隊は艦載機を持ってるんだよねぇ
もちろん、かがに乗せることは出来ませんが
5 ななしのよっしん
2018/08/04(土) 13:48:31 ID: hogAI/u0lt
短く走ってふわっ、と離陸するのが割と印

急上昇ワード

2019/08/22(木)13時更新