JCB単語

ジェイシービー

世界にひとつ。あなたにひとつ。
(Uniquely Yours)

JCBとは、日本クレジットカード会社、およびその会社が提供するクレジットカードブランドの名称である。

概要

JCBは、日本ダイナースクラブに次いで日本で二番に設立された、クレジットカード会社である。三和銀行と東洋信託銀行日本信販の出資で1961年に創業しており、50年以上の歴史を有している。

また、まだブランドVISA / MasterCardも形作られていなかった1965年には、くもAmerican Expressと提携して海外旅行者向けの期間限定カードを会員に発行するなど、際展開にい段階から着していた会社といえる。

そののち設立されたクレジットカード会社、住友クレジット(住友銀行系)やダイヤモンドクレジット三菱銀行系)などは際展開にあたり、アメリカ発祥のVISA / MasterCardのいずれかのネットワークに加わることを選択した。一方でJCBは1981年日本発の独自のブランドとして際展開を図ることを決定した。

同年香港に現地法人を設立したのを皮切りに、87年にはアメリカ合衆国88年に英国89年にはイタリアドイツオーストラリア・グアムへと順次現地法人を置いていき、2014年の段階では20ヶ所以上の海外拠点、190・2900万件(うち日本は約700万)の加盟店と、約9000万人(うち日本国以外の会員は869万)の会員を有するに至っている。

中華人民共和国から聯(Unionpay)が登場するまで、カードブランドアメリカ合衆国以外を発祥とするものはJCBのみであったことから、JCBはサムライカードという異名で呼ばれることがある。

またJCBは東京ディズニーリゾートオフシャルスポンサーとしても知られる。1990年代まで園内ではVISA / MasterCardなどが利用できず、JCBブランドカードのみが利用可であった。現在も園内店舗では「JCB」の文字が店内で大きく表示されている。

電子マネーとしてはQUICPayを開発し、自社発行カードの一部に標準搭載している。

2013年10月に、すでにVISAMasterCardなどが先行していたデビットカード事業に正式参入することを発表。2014年以降、千葉銀行など地方銀行楽天銀行で発行を開始し、海外でもデビットカードの発行を始めている。

また2015年6月からはプリペイドカードにも参入。コメリローソン、そしてLINEなどと提携しカード提供を始めている。

JCBカードの分類

自らブランドとなることを選んだJCBであるが、同じブランドでもVISA / MasterCardはそのブランド提供会社がカードの発行を行なっていないのに対し、JCBはAmerican Expressと同様、そのブランド提供会社もカードの発行を行う形態をとっている。

それゆえひとえに「JCBカード」といっても、以下の3種の発行形態をとっているカードが存在する。JCBというカード会社が提供するサービスを得られるか否かの違いがあるため、狭義では1.ないし1.と2.のみを「JCBカード」と呼ぶこともある。また「JCBグループ」と呼ぶ場合は、1.と2.のカード発行会社をさす。

カードタイプ 内容
本体発行カード

JCBが直接発行を行うカード。JCBがカード会社として提供するサービスを受けることができる。

フランチャイズ発行カード

JCBとフランチャイズ(FC契約を結んだ会社の発行するカード。本体発行のJCBカードに準じたサービスが受けられるほか、そのフランチャイズ会社が独自に提供するサービスを受けることも出来る。

JCBグループのほとんどは銀行本体やその関係会社であるが、JCB本体に次ぐ2位の会員数を誇ったさくらカードが同じSMFGのセディナと合併して消滅したため、セディナは信販系でありながらグループの一員として名を連ねている。

ただし、セディナがさくらカードから引き継いだ三井住友銀行キャッシュカード一体クレジットカードSMBC JCB CARD)は、FC契約からJCBブランド開放に変更されている。

また、三菱UFJニコスの発行するMUFGカード JCBは加盟店開放によるJCBブランドカードなのだが、現在は新規発行を停止しているUFJ JCBカードはこのFC契約カードであった。

加盟店開放カード

カード会社がJCBと加盟店開放契約を結び、「VISA」や「MasterCard」と同じようにブランドとして「JCB」を付帯させ、発行するカード。この場合の「JCB」は、JCBの加盟店で利用できることのみを示し、そのサービスカード発行会社のものとなる。

レディセゾン、オリエントコーポレーションなどがこの形態でJCBブランドカード発行を行なっている。

ただし加盟店開放カードでも、VISAMasterCardと同じように、JCBがブランド提供会社として行うサービスを受けることは出来る。海外におけるJCBプラザの利用、JCB海外お買い物保険の適用などが該当する。

またこのような事情から、JCBのCMはその自社発行カードを宣伝するものと、JCBのブランドを宣伝しているものの二種が存在する。更には、JCBのFC会社が自社の発行するJCBカードを宣伝するものも存在する。

最近の事例だと、二宮和也を起用して「買い物は世界を救う」というキャッチコピーを掲げたCMは、「JCBブランド」を宣伝しているものである。よってJCB以外にも、JCBブランドカードを発行する会社がこのCMに関するグッズを配布する入会キャンペーンを実施していたりする。

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/jcb

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

JCB

13 ななしのよっしん
2017/12/31(日) 16:24:01 ID: OgblEWrNLN
>>9
その加盟手数料がネックなんだよね、前の勤務先で営業の人来たけど結局加盟しなかった。それにJCB自体、維持費かかるからJCB持ってる人はJCB以外も持ってること多い。だから、敢えてJCBだけにこだわる必要ないんだよ

それだけ日本にもVISAMasterが普及したってこと
14 ななしのよっしん
2018/03/23(金) 11:14:08 ID: mSJaARPvoe
そこでさらに後発の中国カードの普及率を見ると
日本人がいかにインフラ、特に形が見えないそれをいかに軽視するかって話だよね。
今後ますます決済が電子化、カード化されると、その扱い残高は膨大で、その数パーセントの手数料って大なものになるのに
15 ななしのよっしん
2018/05/08(火) 11:55:12 ID: MLkyBtITOs
普及率の件は人口ボーナスの影も大きい希ガス
世界の人口の別割合が中国は約20%日本は約2%
そしてカード中国銀行口座を開設するとついてくるので
ほぼ世界シェアシェアなのかも(日本もそう?)
決済手数料については禿同JCBも見習っていただきたい

中国レストラン経営をしている友人に、クレジットカード手数料について聞いてみた。ここまで日本と違うのか…と驚かされます。
http://news.cardmics.com/entry/china-restaurant-payment/exit
16 ななしのよっしん
2018/05/16(水) 02:27:17 ID: MLkyBtITOs
インフラといえば案外、今回のJCBは絶好のポジションにいるかもしれない
既存のQUICPayで様子見しつつVISAインフラ網整備が了したら上手く便乗できそう
乗り換えというより相乗りという形になると思うけど
これはJCB日本国内覇権ワンチャンあるで!

イオンセブンドコモに「外圧」、VISAが狙う電子マネー覇権
https://m.newspicks.com/news/2309884/exit
新たに際規格のNFC(EMV Contactless)サービスを追加。日本国内ではじめて4つのブランドへの対応を開始
https://www.global.jcb/ja/press/00000000162547.htmlexit
17 牟田口廉也
2018/05/18(金) 01:42:00 ID: NGoV8e3UVd
>面下で「日本連合」を模索する動きがあるという。

あっ・・・(察し)
日本連合、日の丸〇〇、オールジャパン死亡フラグワード
18 ななしのよっしん
2018/05/19(土) 05:12:43 ID: MLkyBtITOs
JCB内初となる紋認付き非接触ICカードの実実験を開始
https://www.global.jcb/ja/press/00000000162629.htmlexit
>「JCB Biometrics Card」 (以下、本カード)を発行し、JCBブランドの非接触IC決済サービスであるJCB Contactless(コンタクトレス)での活用について実実験を行ないます。

「生体認クレジットカード」のIDカード、ナイジェリアで開始
https://wired.jp/2014/09/05/mastercard-backed-biometric-id-system-launched-in-nigeria/exit
IDカードに生体認を持たせるが増えてきている。ナイジェリアではこうしたカードが、MasterCard合体するかたちで発行が始まった。
このIDカードは生体認バイオメトリック)機をもつ身分カードであり、近い将来、1,300万人いるナイジェリア全員に発行される
選挙投票希望するナイジェリア民は全員2019年までにこうしたカードを持つことが義務づけられる
このカードは多機であり、運転免許、有権者登録、健康保険、納税情報国民年金情報など、ナイジェリア民に関するすべての記録をひとつに統合しようとする取り組みの一環だ
電子IDカードにはEMVチップが付いている
このカードの持ちは、「プリペイド式のサービス」を利用できる(ナイジェリアでは銀行インフラが整っていないため、民の多くは銀行口座を持たず、こうしたプリペイド式のサービスを利用している
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
19 ななしのよっしん
2018/05/19(土) 07:09:58 ID: MLkyBtITOs
プロトタイプはこれ
内初!的給付にVisaプリペイドカード活用するソリューションの提供開始
https://www.visa.co.jp/about-visa/newsroom/press-releases/nr-jp-141226.htmlexit
結局、利用者低迷で頓挫したある種の社会実験だったけどその原因が
・受給者の多くが高齢者でカード決済に慣れていなかった
・利用できるところが少なかった
・監視社会化への反発、等々概ねそんな内容の記事ばかりだった
まあこの時はEMV Contactlessマイナンバー制度が本格的始動していなかったからというのもあると思うが
シンガポールJ-debitNETSキャッシュカードみたいにあらゆる交通機関でも不自由なく使えるレベルになったらいいな>JCBデビットマイナンバーカード(妄想)
20 ななしのよっしん
2018/05/19(土) 15:01:00 ID: MLkyBtITOs
http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1804/18/news097.htmlexit
データは、専用スマートフォンアプリを使ってクレジットカード本体にのみ保存し、サーバなどには保管しないという。紋認処理はカード内で完結し、店頭に新たに認端末を導入する必要はない。

セキュアではあるけどぶっちゃけ二度手間…もうスマホ決済でええわってなりそう
冷静に考えたらマイナンバーカードに導入されたら政府紋提出義務化不可避だな。藪だったわ

バングラ、携帯加入者減少 政府紋登録義務化警
https://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/160328/mcb1603280500012-s1.htmexit
況や日本においてをや
21 ななしのよっしん
2018/05/26(土) 14:35:05 ID: r8g1fjZ6db
スシローって、ビザマスしか使えないんだな。
調べてみたら、くら、はま、かっぱは、JCB使えるみたいだな。
22 ななしのよっしん
2018/05/27(日) 18:23:52 ID: Z3Yc1EjgSv
イオンモールで入ってる店舗ではなく
イオンコーナーJCBカードステッカー貼ってなくて驚いた
別に自分はJCBカード持ってないからいいんだけど
手数料高いから?