VFR単語

ブイエフアール

VFRとは、本田技研工業株式会社(ホンダ)が製造している、オートバイシリーズである。これまでに400cc750cc版が製造され、2012年現在800cc版・1200cc版が製造されている。
VFRシリーズ最大の特徴は、CBRシリーズと違い、V4気筒エンジンを搭載している点である。 

400

VFR400R,Zは1986年4月発売。当時活躍していたホンダ公式ワークスレーサーバイクであるRVF400(販版RVF400とは異なる)のスタイリングを持つマシンであった。Rがフルカウル、Zがネイキッド仕様
なお、教習車仕様の"K"と白バイ仕様の"P"もあった。1994年販売終了。

750

VFR750Fは1986年発売。ヨーロッパ市場に好まれる、丸みを帯びたジェントルなデザインが特徴だった。長距離走行時の快適性も重視しており、「スポーツできるツアラー」であった。
VFR750Rはレースホモロゲーションモデル1987年8月発売。Fとは違い、まんまワークスレーサー的な雰囲気である。エンジンにはチタニウムマグネシウム体にはジュラルミンなどの高価な金属が贅沢に使用され、価格は148万円と当時のバイクとしては高価であったが、1000台の販売に購入希望者が殺到し抽選販売となるなど話題となった。
VFR750Pは1998年デビュー白バイ仕様である。
VFR750Kは教習車仕様。ネイキッド化・アップハンドル化はもとより、フロントホイールが17インチ化されているのが最大の特徴である。

800

VFR800は1998年発売。レースホモロゲーションモデルであったRVF(RC45,750cc)のエンジンベースに排気量を拡大。2008年までは日本国仕様も製造されていたが、現在は欧向けのみしか製造されていない。
VFR800Pは白バイ仕様2001年2008年にかけて多数が配備されたが、退役が徐々に進んでおり、CB1300Pに置き換わりつつある。
VFR800Xクロスランナーは2011年発売。VFR800のエンジンを流用したデュアルパーパスモデルである。日本仕様ホンダと繋がりが深いM-TEC(限)コンプリートマシンオンリーとなる。 

1200

VFR1200Fは2010年3月発売。これまでのVFRシリーズとは少し毛色が異なり、ツアラー色が強くなっている。世界で初めてトランスミッションDCT(デュアルクラッチトランスミッション)を採用し話題となった。
VFR1200XクロスアラーはVFR800Xの上位版的モデル。これもDCT採用のVFR1200XDがあるほか、日本仕様はM-TEC(限)コンプリートマシンオンリーとなる。 

関連動画

関連商品

vfrに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/vfr

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

VFR

1 ななしのよっしん
2015/05/22(金) 23:52:20 ID: roa8G2L6Jw
売れた台数に対して動画うp主VFR800 2、特に後期の逆の率が異常に高いw
やっぱりメカメカしいところと、PCやら動画やらとリンクしているんだろうな。
2 ななしのよっしん
2016/03/25(金) 23:50:13 ID: DoubN8bsuA
可変フレームレートについても触れて欲しい…
まあマイナーすぎるから仕方ないけど
3 ななしのよっしん
2017/04/08(土) 19:05:03 ID: eTBBioGDdt
CBR だの VFR だの、エンコードホンダ党が喜びそう