今注目のニュース
四国 台風20号の影響について
人生を劇的に変えてしまう「アファメーション」の本当の意味とその効果とは
今年も冬がやってくる。Redditユーザーが車のボンネットの下で子猫発見。その姿にReddit民大喜び

もう誰にも頼らない単語

モウダレニモタヨラナイ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(30)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

もう誰にも頼らないとは、

  1. 魔法少女まどか☆マギカ第10話のサブタイトル
  2. 同話における暁美ほむらセリフ
  3. 同話の一場面で流れるBGMNumquam vincar」の通称

である。

ネタバレ注意 この項は、魔法少女まどか☆マギカネタバレ成分を含みます。
ここから下は自己責任スクロールしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

概要

第1話より話が遡った、時系列順では最初のエピソードである。それまで傍観者的な視点が多く、その言動の多くがに包まれていた暁美ほむら的・意が初めて明らかになった。ほむら自身については、「暁美ほむら」もしくは「メガほむ」の記事を参照にしてほしい。

ここでは、内気で気弱だったメガほむが、時には冷さすら感じるほどクールな今の姿に変化したかを手短に解説したい。

ほむらが大きく変わる決定打となったのは、やはり3週世界まどかと交わした約束だろう。幾度繰り返しても死ぬ運命から逃れられないまどかを助けるために、何度も時間を繰り返す決意をしたのも大きいが、その直後にまどかから託された「願い」も、現在ほむらの人格形成に与えた影は大きい。
その願いとは、「守りたかったこの世界を、魔女になって壊す前に、自分の命を絶って欲しい」という、あまりにも残酷なものだった。今まで守られてばかりだった自分が、初めてまどかから頼りにされた事が、よりにもよってまどかの「介錯」になろうとは、この時のほむらの心中は々にはとても計り知れがたい。それでも、するまどかの切実な願いをえるためにほむらは、痛切な悲鳴を上げながら、まどかソウルジェム口を向け、引き金を引いた・・・
オーディオコメンタリーによると、ほむら断腸の思いまどかにとどめを刺すシーンでは、元々のSEが入る予定だったが、ほむら役の斎藤千和の熱演の邪魔にならないようにするため、敢えてSEを消したという。また、この次の世界覚めた時のほむらの表情が、それまでにべて明らかにやつれている事が、彼女の心に大きな傷として残ったかがよくわかる(BD/DVD版では若干修正されている)。
そして、二度とこのような悲劇を繰り返さないために、ほむらソウルジェムの魔でレーシックして今までの引っ込み思案な自分を捨て、その薄い胸に鉄板より固い意志を秘めながら一人孤独な戦いへ突き進んでいくのであった。

この回はOPがく、EDにコネクトが流れた。第3話放送終了後、OP詐欺と言われ続けていたが、実はほむらのことを歌ったことが明らかになり、EDでこの曲が流れた時に感動した視聴者も多かったのではいだろうか?
関西では3月10日深夜に放送されたが、翌日に起きた東日本大震災により放送が延期され、関東テレビ放送されたのは1ヶ後の4月21日深夜だった(第11話「最後に残った道しるべ」第12話「わたしの、最高の友達」と同時放映)。ニコニコチャンネルではこれに先立ち、3月17日に配信された。無料配信期間が最も長く、ニコニコユーザーからの注度も高かったため、全12話中最多の再生数・コメント数・マイリスト数を誇る。

Numquam vincar

生まれ変わったほむらが4週世界鳥かごの魔女Robertaと戦う場面に使われるのが、このBGMである。和訳すると「私は決して負けない」という、ほむらの意志の強さが感じられる曲名である。

関連動画

関連静画

ニコニコ動画ではこのタグが付けられることは少ないが、ニコニコ静画では上記のシーンを描いたほむらイラストに付けられることが多い。

関連商品

関連コミュニティ

各話リスト

話数 サブタイトル 発言者(反転で表示)
第1話 夢の中で逢った、ような・・・・・・ 鹿目まどか
第2話 それはとっても嬉しいなって 鹿目まどか
第3話 もう何も恐くない 巴マミ
第4話 奇跡も、魔法も、あるんだよ 美樹さやか
第5話 後悔なんて、あるわけない 美樹さやか
第6話 こんなの絶対おかしいよ 鹿目まどか
第7話 本当の気持ちと向き合えますか? 志筑仁美
第8話 あたしって、ほんとバカ 美樹さやか
第9話 そんなの、あたしが許さない 佐倉杏子
第10話 もう誰にも頼らない 暁美ほむら
第11話 最後に残った道しるべ 暁美ほむら
最終話 わたしの、最高の友達 鹿目まどか

関連項目

掲示板

  • 28ななしのよっしん

    2015/09/07(月) 21:08:12 ID: 0Qlddv85eg

    この回でほむらすごい好きになって同時にまどかが少し嫌いになったかな
    その後の凄惨過ぎる未来知ってるからいえることだけど過酷な運命に自分と同い年の子を縛り付けて、しかも自分を殺させることで逃げれないようにする
    こんな恐ろしいことをほむらを生かすためっていう(本人にとっては)善意で言えちゃうまどかに少しゾクッとした

  • 29ななしのよっしん

    2015/10/17(土) 16:58:35 ID: OtdeeIdPHH

    TDSは、この話の一部に入るのだろうか

  • 30ななしのよっしん

    2018/03/02(金) 18:43:48 ID: w0WoSpf5b6

    >>28
    たぶん、まどかはそういう事を想像できるほど大人じゃなかったんだよ
    しょせん彼女も「ただの少女」「たかが少女」でしかなかったんだろうね

    そうやって「過去の自分の発言のせいで残酷な運命に縛り付けられた少女」の姿(本編1~10話)から様々な想いを受けとって、最終的に本編12話の結論に至ったと
    …あの結論も「自分勝手」の誹りを受けているが、『14歳少女が一生懸命考えた結果』と見れば、(あれ以上の「ほむらちゃんも、クラスメイトのみんなも、他のもが極傷つかないですむ」選択を見つけるのは理だよな)という気もする

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/22(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/22(火) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP