イノセンス単語

イノセンス

2.0千文字の記事
掲示板をみる(109)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

曖昧さ回避

  1. innocence - innocent(英語)の名詞形。実、潔邪気、などの意味を持つ。innocence(曖昧さ回避)の項も併せてご参照下さい。
  2. イノセンス(Dグレ) - 漫画D.Gray-man」に登場する物質。
  3. テイルズオブイノセンス - バンダイナムコゲームスより発売されたニンテンドーDSゲームソフト
  4. イノセンス(映画) - 本項にて扱う。
  5. Innocence(BEMANI)pop'n music ラピストリアの楽曲。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を含んでいる可性があります。
それを留意した上で突き進んでください

イノセンスとは、2004年3月6日に全東宝洋画系劇場で開された押井守監督作品の長編アニメ映画である。

概要

内容的には「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」(1995)の続編に当たるが、公式アナウンスとしては別の映画である。これは前作が行的に振るわなかったことと関係している。(海外版は“GHOST IN THE SHELL2”と正式にクレジットされている)

タイトルを「イノセンス」にしたのは宣伝プロデューサーである鈴木敏夫の意向で、制作現場では普通に「攻殻2」と呼んでいた。[1]

2004年に第25回日本SF大賞を受賞、また第57回カン映画祭にも出展された。

あらすじ

時は2032年、ロクス・ソルス社製の少女ガイノイドType2052 "ハダリ"」が原因不明暴走を起こし、所有者を惨殺、その後自壊するという事件が起きた。

被害者の遺族とロクス・ソルス社の間には不自然なほど速に示談が成立。しかし被害者の中には政治関係者や元公安関係者が居たため、テロの可性があるとして、公安9課が担当すべきかどうかの判断を含んだ調が開始された。

公安9課のバトーは新しいパートナーのトグサと共に事件の捜へと向かう。
破壊されたハダリの検に当たった検死官ハラウェイは、ハダリが性的機を備えた「セクサロイド」であった事、辛うじて残されたメモリから「助けて」という音データが見つかった事を知らせる。

先の示談スキャンダル封じという見解を持つバトー。そこへロクス・ソルス社の出荷検部長が惨殺される事件が発生。暴力団会」組長がハダリに惨殺された件を受け、落とし前としてロクス・ソルス社から紅会に売られた事が調から判明する。
しかしその調からの帰路、バトーは何者かにゴーストハックされて乱射事件を起こしてしまう。公安9課を陥れようとする意図を察し、バトーとトグサはロクス・ソルス本社がある択捉経済特区へと向かうのだった。

原作コミック攻殻機動隊」6話「ROBOT RONDO」が子となっている。その他のエピソードおよび1.5からも小ネタが加えられている。

補遺

択捉経済特区での場面は圧巻の一言に尽きる
全体的に背景3DCGで構成されている。当初は3DCGモデリングされた「ロケ地」に「カメラ」を持ち込み、その映像切り出して作品にすると言う、限りなく実写映画の撮に近い手法で制作するつもりだったが、テストで作られたコンビニエンスストア映像データの膨大さにその論見は脆くも崩れ去ってしまった。実際に撮された時には分割してレンリングした映像合成すると言う方法を使い、上記方法に限りなく近い物を作り上げた。ちなみにキャラクターセル画の為、多少違和感を覚えたと言う人も少なくはかった、らしい[要出典]

この映画のもうひとつの見所はセリフで使われる言い回し、および引用の多さである。これはもが外部記憶装置を持つが故の高速思考、および検索による言表現であり、その元ネタを調べるのもこの一連の作品の楽しみ方のひとつと言える。

劇中、キムの屋敷で流れるオルゴールの曲はあらかじめ巨大オルゴール演奏・録音したものを、大谷石採石場跡の地下間で再生・再録音している。不安を煽るメロディが徐々に狂い出すと共に、現実曲してループするさまは圧巻。

今回の話の中心となるガイノイド「ハダリ」の意味はベルシアで「理想」と言う意味である。
ヴィリエ・ド・リラダン小説未来イヴ」に登場する人造人間名前で、究極の女性となるべく創造された存在である。

大企業「ロクス・ソルス社」の元ネタは、レーモンルーセル小説「ロクス・ソルス」。
ラテン語で「人里離れた場所」を意味し、パリ郊外の大邸宅「ロクス・ソルス荘」にて、マッドサイエンティストが奇怪な発明品を紹介していくという奇書である。

関連動画・生放送

MAD / AMV

関連商品

関連項目

脚注

  1. *らなかったジブリろう」押井守 東京ニュース通信社 2017 2刷 P.63
この記事を編集する

掲示板

  • 107ななしのよっしん

    2022/06/22(水) 01:26:23 ID: ckIuCBiPxa

    くだらない名作だと思う
    言いたいこととか意味とかは中二病的などうでもいいことだけどそれをすごい技術と構成でとんでもないものにしてる作品。意味わからんとか野暮

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 108ななしのよっしん

    2022/11/23(水) 20:57:58 ID: CRLEbKTAeu

    >>104
    Dアニメでの配信でコメントによってで見えるようになったらだいぶ意味が通じるようになった

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 109ななしのよっしん

    2022/11/27(日) 02:15:12 ID: 7iXd5AQYj7

    作画と演出と色彩背景が良かった
    要するに映像は全部良かった

    大まかな話の流れも大体分かるし所々で挟まれる蘊蓄も意味が分かると興味深い
    あと台詞が好き 「孔子様も仰ってるぜ」 とか

    現実と仮想を区別出来ない問題に対してバトーが「ゴーストが囁く」って返事したのが良かった
    偽物でも使いこめばオリジナルになるって台詞と同じで
    結局は今の自分が本物の自分だって信じるしかないんだよな

    あと何回見返してもあの映画で一番好きなキャラハッカーのキム
    『軍の特殊部隊やらを転々としてる内に武器密売やらで経歴はドロドロ
     でも腕前はバトーにハッキング出来るくらい凄くてやさぐれてる』って人物像があの映画に合い過ぎ

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/05(日) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/05(日) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP