ウッス(インドネシア)単語

ウッス

1.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ウッス(Whoosh)とは、2023年10月2日に開業したインドネシア高速鉄道称である。

概要

インドネシア首都ジャカルタから第3の都市バンドンまでの143kmを最高時速350km/h、約45分で結ぶ。日本との受注競争を制した中国の計画が採用され、中国インドネシアの合弁企業が建設を担っていた。

2023年12月現在平日14往復・土日祝日18往復運行している。均乗率は90を誇り、2023年11月には利用者数2万人を突破した。

称の Whoosh は英単whoosh (ウゥーシュ()/ウォシュ(英) 「フシュッという切り音(を立てる)、(フシュッという音がしそうなくらい)素く通過する(のを表す擬態語)など」)に着想を得ており、素く走り去る高速鉄道切り音を表現している日本語でいえば「バビューン」といった所か)。さらにインドネシア語の「Waktu Hemat(時間節約), Operasi Optimal(最適運転), Sistem Hebat(素晴らしいシステム)」[1]頭文字でもあり発音は「ウゥーシュ」である[2]、とインドネシアの新大統領ジョコ・ウィドド(Joko Widodo, 通称ジョコウィ Jokowi)は述べている。

しかし、インドネシア在住の鉄道ライター高木聡によれば、建設に携わった中国人ディレクターの掛け「ウッス!ウッス!ウッス!イェス!!」から来ているのではないかという。
実際、車内アナウンスでも「ウッスウスウスイェス!」と呼ばれている。

歴史

2008年から日本インドネシアに対し高速鉄道の売り込みを行っており、日本案の採用が有利だと見られていた。ところが、ジョコウィ新大統領2015年1月に建設費負担が大きすぎるとして計画中止を発表した。

同年4月中国インドネシア高速鉄道計画に名乗りを上げ、コストの低さをアピールした。

ジョコ大統領9月に計画の落札者を表するとしたが、9月3日高速鉄道計画自体の凍結を発表した。この発表後も中国との接触は続けていたと見られる。

中国側はインドネシアに財政負担をめないことに同意し、9月29日中国案の採用が発表された。

2016年1月に起工式が行われたが、土地収用や移転補償が難航したため遅延が生じ、さらに2020年からは新型コロナウイルスの流行も重なったことで開業は当初予定の2018年から2023年まで大幅に遅れることになった。

「ウッス」の謎

ウッスという称が中国人ダイクターの掛けから由来しているという説があることは概要に書いてある通りであるが、中国語に「ウッス」という言葉は存在せず、掛けとしての「ウッス」が何を意味するのか、そもそもこの説が正しいのかは未だのままである。

日本の一部のネット民はKBTITことタクヤさん怪文書に記した「ウッス」が淫夢ネタとして中国に流入して建設労働者を通じてインドネシアへ再輸出されたという一見突飛な説を提唱している。しかし、国営放送で野獣先輩と思しきイラストが放映されexit_nicovideoたり、哀叫拓也シリーズが流行したりなど中国での淫夢ネタの普及を見るに全に否定できないどころか最有力説とまでされている。

関連動画

関連静画

意(クリック/タプで表示)

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *Jokowi: Whoosh Artinya Waktu Hemat, Operasi Optimal, Sistem Hebat exit - RM.id(「Rakyat Merdeka(独立人民)」ウェブ版)
  2. *Jokowi Inaugurates First Indonesian Bullet Train Named Whooshexit - インドネシア国家警察(INP)公式ニュースサイト
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/21(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/21(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP