クラウディウス単語

クラウディウス

  • 1
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

クラウディウス / ティベリウス・クラウディウス・カエサルアウグストゥスゲルマニクス(紀元前10年~紀元54年)とは、第4代ローマ皇帝である。

概要

暴君として名高い甥のカリグラと、義理の息子ネロに挟まれた、一般的には地味皇帝。とはいえ暗殺劇とともに即位し、息子ネロの即位をもくろむ小アグリッピナによる殺疑惑による幕切れ、という順満帆とは程遠い人生を歩んだ人物である。

また建設者として名高い人物であり、皇室スキャンダルを除いても、地味に重要な皇帝であった。

クラウディウスの即位劇

クラウディウスは大ドルススと、アントニウスのアンニアの間に生まれた。しかしこの毛並みのいい出自にも関わらず、彼はあちこちに障を抱え、知に問題はなかったようだが、世間からは遠ざけられていた。母親からの情からも程遠かったとされる。

しかし、紀元37年、甥のカリグラが彼を元老院議員兼執政官に任命したのである。クラウディウスは、博打、女に逃げ歴史研究に没頭した、内向的な人物であった。

ところが、前皇帝カリグラの暗殺はローマ混乱に陥れた。元老院はこれを機に共和制の復をもくろんだが、それを阻止しようとしたのは親衛隊である。彼らは宮殿内でカーテンの陰に隠れていたクラウディウスを発見すると、その日のうちにクラウディウスは即位させられたのである。しかしクラウディウスもなかなかしたたかで、親衛隊に賄賂を払う裏取引を行っていた。こうしてカリグラの死から1日も立たずに混乱は終息したのである。

クラウディウスの治世

クラウディウスは、まず暗殺の実行犯で首謀者のカエレアカリグラの妻カエソニアを殺したルプスを処刑した。またもう一人の首謀者サビヌスもすぐに自決し、こうしてカリグラ暗殺劇は幕を閉じたのであった。

そしてクラウディウスが行ったのは、カリグラ暗殺の反動とする政策である。彼はカリグラの政策をほとんど効にした。クラウディウスは自分も暗殺されえるのではないかという疑心暗鬼から、底的に可性を排除し、それでもなお数度暗殺の危機に襲われた。

その疑心暗鬼は残酷な報復にも表れ、妻のメッサリナやその取り巻きたちに命じられるまま、養となる予定だったアッピウス・シラヌスらが処刑されていった。そうした恐怖政治から、紀元42年、ダマルティア属州総督スクリボニヌスが反乱したものの、あっけなく鎮圧されたようだ。

そんなクラウディウスの恐怖政治徴が、妻のメッサリナである。ところがメッサリナは失策を冒す。愛人ガイウス・シリウス結婚式を挙げたのである。このクーデターまがいの事件にクラウディウスは恐怖し、官房長官ルキッススの機転でメッサリナとガイウス・シリウスは直ちに処刑されたのであった。

もちろんクラウディウスの治世はそのような恐怖政治だけではなく、解放奴隷による中央集権化や、ブリタニア侵攻といった立つ施策も行っていた

クラウディウスの死とネロの即位

メッサリナの死後、クラウディウスはカリグラで姪の小アグリッピナと結婚した。しかし小アグリッピナはクラウディウスとメッサリナの子ブリタニクスではなく、自分の連れ子ルキウス・ドミティウス、つまりネロを皇位に付けようともくろんだのだ。

小アグリッピナは財務長官パラスを借りて、ルキウス・ドミティウスをクラウディウスの養子にさせ、親衛隊長をそれまでのゲタクリスヌスからブルスに代える。そしてクラウディウスのオクタウィアをネロがせ、後はクラウディウスの死を待つばかりとなったのだ。

クラウディウスはすでに病身であったが、小アグリッピナは策謀を巡らせた(らしい)。彼女は宮廷の殺の専門ロクスタ、見役ハロトゥス、医師クセノフォンらの協でクラウディウスを殺(したらしい)。

かくしてクラウディウスは亡くなり、ネロが即位するのである。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/25(月) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/25(月) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP