暴君単語

ボウクン

3.8千文字の記事
掲示板をみる(30)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

暴君とは、以下のことを表す。

概要

暴虐な政治、乱暴な政治を行った王のこと。また、素行が暴虐で行いが暴力的な王のこと。

似た言葉に暗君があり、暴君と暗君を兼ねるケースが多くて分類が難しいのだが、暗君がなくても温厚で優しい性格がいい人物でもなり得る。例えば、フェリペ3世は全く働かなかったニート王だが、性格は善良で民からは人気があった。
逆に、国王自ら新基軸を打ち立てる場合、人々にはとても受け入れられないので、新しい政策を通すために乱暴な手段に出ることが多い。始皇帝ピョートル大帝がその典だろう。また、劉邦韓信粛清のように身内や功臣であっても、君独裁権を確立する、反乱を未然に防ぐために粛清が行われるケースもある。このように、必ずしも暴君と暗君は同一のものではない。暴君だけど名君ということもあるし、暗君だが暴君ではないという場合もある。
また、新王が誕生すると、前王を打倒した正当性をするため、滅ぼした君の悪行ぶりを盛る傾向があるので、注意が必要である。

アジア

  • 桀王
    最後の王。末喜のために贅沢の限りを尽くしをほろぼしたという。ただし、殷が前王を打倒した勢ではあるようだが、情報があまりないため、紂王の逸話が埋として流用されている。
  • 紂王
    封神演義でおなじみ、殷王最後の王。の限りを尽くして周に滅ぼされたが、実際は東方遠征の隙を突かれた説が有
  • 始皇帝
    初めて中原を統一した皇帝だが、行き過ぎた法思想による締め付け、儒の弾圧、私欲による建築工事など功罪ある皇帝である。キングダムが統一を果たした後が気になるところ。
  • 孫晧
    孫権の孫で、孫呉4代にして最後の皇帝。元々は皇太子の子であったが、父親が政争に巻き込まれて位された後に自害を強要と、不遇な青春時代を送る。叔父の3代皇帝孫休が急死。その息子が幼かったために、位につけられけた。孫策再来であることを期待されたが、実際はとんでもない暴君で、気にいらない臣下を殺しまくった。それでも重臣の陸が顕在であった頃は持ちこたえていたが、死去すると破の勢いで滅ぼされてしまった。
    孫晧が即位した頃はが滅亡していて、三国志から二志になっていて詰んでいたともいえるが、皇帝次第では持ちこたえられなくもないだけに難しいところである。
  • (前)の傾向
    初代の劉淵はまともな人物であったが、を殺して後継者になった聡は有能であったものの、西滅亡後には暴虐な人物になってしまい、降した西皇帝を、持ちとしてコキ使う、宴会の時に食器の洗い物をさせるなど、屈辱の限りを尽くしたあげくに処刑といった事や、讒言を信じて有能な臣下や実の身内を殺すなど滅亡への端緒を開いてしまう。
    聡が亡くなると部下が簒奪、一時的に滅亡するが戚すじの曜が復。しかし、曜もアル中気味な人物であったため、後に敗れて滅亡した。
  • 、南斉の傾向
    の始祖、裕は卑賤の身から皇帝になったため、を重視しており、即位するとに軍権を与えた。しかし、これは西でもやらかした失敗で、皇族たちは手持ちの軍を率いてクーデターを起こす、あるいは皇帝が皇族を殺しまくるといったで殺し合うという皮な展開を繰り返したあげくに、部下の簫成に簒奪されるという末を迎えることになる。このため、胸くそ悪い話が多い。
    の後を継いだ南斉も、同じ轍を繰り返さないように勤めたが、結局は繰り返してしまい、梁に滅ぼされてしまう。
  • 煬帝
    隋の2代目皇帝共事業や高句麗遠征で隋を潰してしまった。ただしこのインフラが後の中国を支えたという。
  • 陵王
    鬼畜エロゲ悪役もしくは主人公、もといの4代皇帝従兄弟の3代皇帝酒乱であったことからクーデターでぶっ殺して位に就くが、かなり強引な性格で、反抗者や同盟者、更には身内までもを殺しまくって独裁権を確立した。華北した有していない現状に不満をもって南に侵攻するが、建まもない南抵抗に苦戦。陵王の強引ぶりに不満を爆発させた勢が皇族を擁立。結局、部下に謀反を起こされて殺された。
    この人の特徴は、をつけた相手が幼女だろうが人妻だろうが構わず強引に愛人にしたこと、その気になれば後宮でも宮中でも何処でもやっちまうなどいった、伊藤誠エロゲ主人公並の性欲っぷりを発揮している事であるが、誇されている可性が高い。
  • 朱元璋洪武帝
    明朝を建てた男だが、建後は独裁権を高めるために、自分を支えた忠臣を粛正祭り。この結果が良くも悪くも明王朝の方向性を左右することとなる。
  • 雄略天皇
    叔父をぶっ殺して、その后を強引ににしたが、その連れ子に暗殺された。
    ヤマト王権を拡大した反面、独裁するためならを始末し、反抗者を底的に殲滅したという事から大悪手天皇ともいわれた。ただし、伝説時代のことなので史実であるどうかは不明。その一方で倭王武ともいわれている。
  • 天皇
    人を殺しまくることが趣味だという天皇。ただし、史実かどうかは不明。
  • 足利義教
    室町幕府6代将軍。宗族の一人で元々は僧籍に入っていたが、前将軍が後継者を残さずに死んだのでくじ引きで選ばれたという経緯を持つ。衰えていた幕府権威の復将軍政のために、反対する守護大名たちを粛清しまくった。里見八伝の発端でもある結城合戦もこの治世に行われている。その強引さが周囲の反感を買ってしまい、結局は赤松満祐に暗殺された。日本天皇将軍が暗殺されたケースは、前述の雄略天皇と崇峻天皇源実朝足利義教足利義輝といったところである。
    暗殺されなければ、中として評価されたかもしれないがこれが限界なのだろう。皮なことに彼の死によって足利将軍は傀儡と化すこととなる。

  • 4代高麗王。名君という評価ではあるが、王権を強化し過ぎるあまりに身内や族を粛清しまくったという一面も。
  • 山君
    李氏朝鮮の10代国王。即位当初はまともに政治を行っていたが、政争に巻き込まれて憤死した生の死を知って臣を粛清した。合わせて乱行に及んだことから支持を失い、臣達のクーデターによって位させられた。朝鮮史上最悪の暴君とされるが、その一方で音楽面では評価されている。

  • 李氏朝鮮15代目皇帝。庶子であったが文の役で実績を積んだことを理由に王位についた。ただし、その勢基盤は不安定で、権確立させるためには反対者を粛清せざる終えなかった。幼児であっても粛清などから結局はクーデターにあって位された。
    ただし、有能な部類に入る国王であり、現実を見ることができていた。彼を位した経緯で、李氏朝鮮は反清政策を採らざるおえなくなり、結果として清による過酷な支配を受けることとなった。

エジプト

ヨーロッパ

異名・あだ名・作品

暴君のような人・キャラクターの異名として暴君が用いられることがある。

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 28ななしのよっしん

    2021/05/16(日) 21:31:11 ID: m8zuS4v65z

    雄略天皇の前半の記述間違ってますよ。
    安康天皇と混同されてる。

  • 29ななしのよっしん

    2021/05/23(日) 14:48:42 ID: ekaXboz2/w

    そもそもネロ暴君とするのはキリスト教の逆恨み

  • 30ななしのよっしん

    2021/05/28(金) 05:15:02 ID: 9n70MniTfw

    雄略天皇の説明の意味がよくわからないんですが…
    「その一方で倭王武ともいわれている」って何に対して「その一方で」なのかが不明瞭で意味がよくわからない
    この文章だと
    1、伝説時代のことなので史実(に存在した天皇)であるどうかは不明(だが)その一方で倭王武とも(中国では)いわれている(ので実在人物であった可性は高い)
    2、伝説時代のことなので史実であるどうかは不明。その一方で倭王武ともいわれている(外でもそういう評判が立つような暴力的な人物であったのだろう)。※中国では「武」の字は武制圧などを用いた皇帝の号に用いられることが多くあまりポジティブな評価ではない、という前知識があっての評価
    3、伝説時代のことなので史実であるどうかは不明。(中国では)倭王武ともいわれている。→そもそも「その一方で」という一文が不要
    の少なくとも3通りに取れると思うが

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/07(火) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/07(火) 18:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP