今注目のニュース
全品100円!? 焼肉食べるなら新宿行ったほうがいい。
「お風呂は怖くないよ」 肉球で子猫の頭をナデナデするワンコにキュンとくる
台風19号被災地で詐欺発生 市職員名乗り家屋片付けの手数料要求、福島県相馬市が注意呼びかけ

ゴトランド(巡洋艦)単語

ゴトランド

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ゴトランドHMS Gotland)とは、スウェーデン軍が保有した巡洋艦である。同艦は存在しない。

概要

1930年代スウェーデン軍が建造した巡洋艦世界に先んじて巡洋艦に多数の水上機を搭載・運用したことから、いわゆる航空巡洋艦としては世界で最初の艦とされる。搭載機数は通常時で6機、最大で11機の水上機を搭載することができた。第二次世界大戦中には防艦への大装を受け、1956年まで活躍した。

艦名の由来はバルト海南部に浮かぶスウェーデン最大のゴットランド

建造経緯

第一次世界大戦によって航空機の重要性が認識されると、スウェーデン軍も上での航空運用を考えるようになった。1925年、航空機を搭載する新艦の計画が始動し、翌1926年には12機を搭載する航空母艦水上機母艦)の案が提出されるが、巡洋艦相当の機を望まれたことから採用に至らず、1927年になって前甲に連装2基、艦後部に連装1基を置き、後甲に2基のカタパルトと8機の水上機を搭載、29ktの速を持つ5500t級巡洋艦の建造が承認された。

しかし発注段階になり、資面の都合から前部カタパルトそれぞれ1基ずつの削減などさらなる規模の縮小を余儀なくされ、速も27.5ktとなる。実際の建造が開始されたのは1930年のことで、設計にあたっては、1927年海防戦艦<ドリスティヘテン>を航空機運搬艦(水上機母艦)に装した経験が活かされたという。

兵装・性能

全長134.7m、全幅15.4m、基準排水量4700t、満載排水量5550t。航続距離は速16kt6200里に及ぶが、速は27.5kt巡洋艦としては低速だった。同じ1930年代なかばに就役した列強各巡洋艦にくらべるとかなり小さい艦で、艦体規模でも搭載火力の点でも、むしろ一次大戦後~1920年代ごろの軽巡洋艦に近い。艦尾部は水上機を回収するハイン・マットの使用に適した、垂直に切り落とされた形状となっている。

はボフォース社の55口径15.2cm/M30を採用。前甲と艦後部にそれぞれ連装1基を置いたほか、艦の縮小によって削減された連装1基分を、艦構造物左右に式の単装として配置した。その他、60口径7.5cmが連装1基と単装2基、各種機53.3cm魚雷発射管が三連装2基を持ち、くわえて80100個の機を搭載していた。

後部以後に水上機と関連設備が設けられており、艦尾には水上機揚収用のクレーンが設置されていた。基本的な搭載機数は8機で、カタパルトの使用不可と引き換えにすればさらに3機を搭載できたという。艦載機はイギリス・ホーカー社の複葉機S9オスプレイエンジンスウェーデン製)を採用したが、スウェーデン軍はこれを6機しか調達せず、<ゴトランド>の搭載機数も実際にはこの6機のみであったようである。

防空艦への改装

1943-44年に行われた大装では、陳腐化した水上機更新が考えられたが、新鋭機の搭載にはカタパルトも新式のものにする必要があり、中立とはいえ戦時下の情勢では調達が難しかった。このため、水上機運用設備を一切降ろし、代わりに対を充実させることとなった。

この装により、水上機の運用と引き換えにして、水上機上に設置された40mm連装機3基をはじめとする40mm連装機4基8門、25mm機20mm機多数が追加搭載され、高い防を獲得した。

1953年には再度装を受け、15.2cm単装2基と7.5cm、ほか一部機を撤去。いたスペースに追加の40mm機レーダー、および戦闘揮設備が設置され、航空を有するようになっている。

艦歴

1934年12月に就役した<ゴトランド>は、スウェーデン軍沿艦隊の偵察部門を揮することとなった。また季に行われる訓練遠征も担当し、1939年までのあいだ、ヨーロッパ沿部や南北アメリカ大陸アフリカといった大西洋各地への遠洋航を7度にわたって行っている。

二次大戦が勃発するとこの遠征は行われなくなり、沿艦隊にて活動した。スウェーデン二次大戦において中立を維持したため大きな活躍はないが、特筆すべきこととして、1941年5月20日ライン演習作戦を発動しバルトから北海へ進出するドイツ戦艦ビスマルク>と重巡洋艦プリンツ・オイゲン>をカテガット[1]で発見し、部へ報告している。この情報は翌日にはイギリス海軍本部へ通告され、イギリス艦隊による<ビスマルク>撃沈へとつながったといわれる。

1943年から翌年にかけ、先述した防艦への装を実施。以後は強な防艦として使用された。二次大戦終結後は訓練遠征に復帰し、1946年から56年まで10度にわたり大西洋にて遠洋航を実施する[2]。そのあいだ1953年には再度の装を行った。1956年に退役し、1960年解体。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *デンマーク・ユラン半島スウェーデンとの間の峡。
  2. *なお、総計17回にわたり行われた<ゴトランド>の訓練遠征については、スウェーデン語Wikipedia<ゴトランド>の遠洋航海ルートをまとめた記事exitが存在するので、是非参照されたい。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/16(水) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/16(水) 04:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP