今注目のニュース
「身内優遇独裁政権」はここまで社会を壊す。ベネズエラ、4人に1人の幼児が栄養失調
母親だから落ち着いた格好をしないといけないの? 好きなオシャレをしたら絡まれなくなった実体験漫画に共感集まる
「早く食べなさい!」で早食い…親の曖昧な指示に子どもは戸惑う、具体的に伝えよう

トムヤムクン単語

トムヤムクン

掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

トムヤムクンとは…

  1. タイ料理の中で一番有名なすっぱくて辛い海老入りスープ
  2. 日本では2006年開されたトニー・ジャー演の映画タイトル

1の概要

トムヤムクンの言葉をばらすと、「トム」で煮込む、「ヤム」で混ぜる、「クン」で海老を意味する。ダイレクトに言えば「海老の混ぜ込み煮」である。

その味たるや味と辛味にパクチーの独特な味で、非常に好き嫌いの分かれる食べ物である。

な個性を持つので、この味を再現した料理をひとくくりにして「トムヤムクン味」という事もあるが、原に照らせば正当ではない。強いて言うなら「トムヤム味」が妥当なところであろう。ついでに海老ではなく、鶏肉とか他の鮮が具になったりする。

2の概要

タイトル自体は『トム・ヤム・クン!』が正しい表記となっている。

マッハ!!!!!!!!』に続いて、トニー・ジャー演で登場したムエタイアクション映画である。『マッハ!!!!!!!!』から引き続きペットターイ・ウォンムラオ(渾名:マム)が登場する。彼はタイ内では名の通ったコメディアンであり、前作に引き続きトニーとと活躍する。また、『マッハ!!!!!!!!』のヒロインカメオ出演してたりする。

あらすじ兄弟のように暮らしていたカーム(トニー・ジャー)が飼っていた像を盗まれ、それを追ってオーストラリアへ行き、そこで希少動物などを手がける密輸組織=表向きは料理屋「トムヤムクン」と退治するというのが大まかな流れである。

この映画の最大の見所は中盤から後半にかけて、トニー自身が1カット撮りで4分間に渡って、ムエタイ格闘を行うことである。編集なしのガチであり、人間とはとても思えない。幾度となくNGを出しつつも見事に完成させた。
映画内で壁キックで移動するシーンは今まで自身の最高は3連続壁キックであったが、本番中に4連続を成功した。
またその後の異種格闘技戦三連戦も非常に熱い戦いとなっている。

この映画人間との関係もちょいちょい入れられている。冒頭でトニーの交流する場面があるが、彼は元々実家を飼っていた(彼の出身地は祭りで有名なスリン県)ので、その辺はお手の物であったとのこと。

ちなみにこの作品のボスであるマダムローズを演ずるチン・シンは本当に性転換を受けている。

関連動画

こちらはスープのトムヤムクン。

こちらは映画のトムヤムクン。

関連商品

関連項目

1の関連項目

2の関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP