今注目のニュース
世界中で「進化版ゲームボーイ」が続々開発される…なぜ今?
「スター・ウォーズ」伝説のシーンを子どもがドライアイスで再現 「ブンドドの天才」と絶賛の声
45歳過ぎてリストラ…「転職支援会社」は利用するべき?

ドラゴンボールZ 復活の「F」単語

ドラゴンボールゼットフッカツノエフ

掲示板をみる(784)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

次元バトル、開戦。戦!!

更なる進化をお見せしましょう…

史上最悪の願い。いま、絶望が始まる。

ドラゴンボールZ 復活の「F」』とは『ドラゴンボールシリーズ劇場版第19作。
前作『ドラゴンボールZ 神と神』より2年ぶりの劇場作品で、その続編である。

概要

2015年4月18日開の映画で、脚本は原作者である鳥山明が手掛けている。

メインビジュアルには、『ドラゴンボール』史上最も知名度のある悪役フリーザが描かれており、前作『神と神』に登場した破壊神ビルスウイス予言、『銀河パトロール ジャコ』に登場したジャコも登場した。
一方で、前作に登場した孫悟天トランクスヤムチャミスター・サタン魔人ブウなどは登場しない。

本作で、孫悟空ベジータ超サイヤ人ゴッド超サイヤ人に、フリーザゴールデンフリーザ変身する。
登場せず直接の描写は存在しないが、今作でミスター・サタンが初めて死亡するが、とある方法で死亡した事実がなかったことになる。
そのとある方法は『銀河パトロール ジャコ』での設定に少し関わっている。

『復活の「F」』の「F」は、原作の宿敵であったフリーザしている。イニシャルのみではあるが、ドラゴンボール映画サブタイトルに初めて「敵キャラクター名」が入った事例である。(過去作では「強いヤツ」や「戦士たち」といった具合にぼかされていた。次回作は直接的にキャラクター名のブロリーのみとさらにシンプルになった。)
「F」という表記にした理由は、鳥山明が知り合いを通じて知り合ったロックバンドマキシマムザホルモンが、フリーザのことを歌った楽曲『「F」』を聞いて、その曲のタイトル表記をかっこいいと気に入ったためである。
また、『「F」』は本作品のバトルソングにも起用された。

題歌はももいろクローバーZの『『Z』の誓い』。

本編の評価は賛否両論といったところで、特に決着シーンキャラクターの強さについては議論が多く行われている。

Vジャンプ』の2015年4月号から2015年6月号まで、開に先取り、原作鳥山明漫画・とよたろう漫画が連載されることになった。
なお、とよたろう氏は某サイトで『ドラゴンボールAF』を描いていたtoyble(といぶる)氏と同一人物である。

主な登場人物

『ドラゴンボール超』との関係

ドラゴンボール超』の公式サイト鳥山明コメントから、『』では復活の「F」編としてストーリーリメイクされた。
リメイクであるため、ストーリー展開やキャラクター設定などに差異がある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連チャンネル

関連項目

公式サイト


前作 次作
ドラゴンボールZ 神と神 ドラゴンボール超 ブロリー

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP