今注目のニュース
友近、松本人志の呼びかけに“待った”
プンプン顔のお母さんがとっても可愛い! 3分で振り返る『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』第1話盛り上がったシーン
日本一イケてる「市の名前」ランキング

マシンロボ クロノスの大逆襲単語

マシンロボクロノスノダイギャクシュウ

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

マシンロボ クロノスの大逆襲とは、葦プロダクション制作ロボットアニメである。

概要

マシンロボは、元々はタカラ(現タカラトミー)のダイアクロンに対抗してポピー(現バンダイボーイズトイ事業部)が1982年より商品展開を始めたおもちゃシリーズの総称である。それが1986年7月アニメ化されたものが本作であるが、本編は単なる玩具映像化に留まらないものとなっていた。

玩具マシンロボの販促アニメとしては、かなり首を傾げざるを得ない点も多い。役であるはずのマシンロボレギュラーメンバーにも居るものの影は薄く、それ以外はモブレベルの扱いしかされないものばかり。しかもゲストキャラとしてあっさり殺される事さえあった。そしてアニメで新たに設定された主人公であるロム・ストール合体するロボットバイカンフー闘士ゴーディアンの機構を流用、しかも合体する数が少なくなっている劣化版ともいえる内容だった。

かしこうしたスポンサーに喧を売るかのような玩具販促のなげやりっぷりのせいか、途中であからさますぎる路線変更が行われ、新たにマシンロボ軍団が準レギュラーとして登場。ランドコマンダー5やプロトラックレーサーといった新キャラクターが投入されたほか、武道として設定されていたロムたちの新装備として大火器・ブレイザーカノンパワードスーツパワーライザーが登場した。

一方で、作中(に路線変更前)にやたらと登場した美少女キャラ達はアニメファンに大好評。特にヒロインレイナ・ストール人気を集め、番組終了後にやたらと美少女キャラが出てくるOVA作品『レイ伝説』が製作された。タイトルの通り、こちらではレイナが主人公になっている。

このように、『クロノスの大逆襲』はこの時代らしいといえばらしい特異な作品として仕上がっている。

あらすじ

マシンロボ達が平和に暮らしていたクロノス。しかし、そこに悪の宇宙犯罪組織ギャンドラーが現れた。彼らはハイリビードという限のエネルギーを狙ってクロノスにやってきたという。

しかし、ハイリビードの鍵を握っていると思われたクロノス族の族長、キライ・ストールギャンドラーとの戦いで命を落としてしまった。キライの息子にして天空宙心拳の伝承者、ロム・ストールを討つに出る。

兄弟子のブルージェットロッドドリルレイナ、レイナの従者であるトリプル・ジムと共にクロノスの各地をし、行く先々でギャンドラーを退治してきたロム。一行はクロノス最大の都市エメラルドティ」にたどり着く。そこはギャンドラーに抵抗するマシンロボ達の砦であった。エメラルドティバイクロボケンポーロボロム達は協し、新装備・ブレイザーカノンや、強パワードスーツランドコマンダー5でエメラルドティを防衛し、迫り来るギャンドラーを撃破していく。

その他

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP