今注目のニュース
おぎやはぎ矢作、闇営業は「1億円なら断らない」 人力舎も契約書ナシ?
指原莉乃、「何とも言えない」評判を発見し苦言 「なんでそうなるのか」
アニメイト、京アニ放火事件を受け店頭募金開始へ

ミステリ・フロンティア単語

ミステリフロンティア

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ミステリ・フロンティアとは、東京創元社が発行している推理小説書。

概要

四六判仮フランス装並製(表が本文用より一回り大きいソフトカバー)。デザインは全て岩郷重力+WONDER WORKZ。が手がける。飛行船ロゴい背表印。

2003年11月伊坂幸太郎アヒルコインロッカー』を刊行してスタートフロンティアの名の通り、有望な若手作家のための書で、刊行されるのは基本的にデビューから数年内の新鋭の作品である。

ミステリーデビューした作家のみならず、他ジャンル出身でも面ミステリーが書けそうだと編集部が判断した作家にはどんどんを掛けて書かせるのが特色。そのため推理小説書なのに執筆作家の出身ジャンルは、ライトノベル米澤穂信桜庭一樹、久住四季玉いづき、八重野統摩)、少女小説(友)、SF上田夕里、)、時代小説畠中恵)、ホラー三津田信三保科瀬乱)、純文学(ほしおさなえ)、児童文学藤野恵美)など非常に幅広い。特に米澤穂信桜庭一樹を拾い上げ、一般文芸進出のきっかけを作ったことがこのレーベルの最大の功績だろう。

ミステリーズ!新人賞受賞作家の初単行本は基本的にここから出る。鮎川哲也賞受賞作はここからは出ないが、作家の2作や3作がここから出ることはある(森谷明子、七河南など)。

ある程度実績を積むとこの書からは卒業認定されるのか、初期にミステリ・フロンティアで作品を出した作家が数年後には東京創元社で今度は普通の四六判ハードカバーを出すこともある(伊坂幸太郎石持浅海米澤穂信など)。

2014年で刊行点数は80冊をえ、日本最大の書き下ろし推理小説書になったらしい。2018年岡崎磨『を取り戻す』で通算100冊(上下巻は2冊でカウント)を達成。

なお、実績のない作家のための書であるため、文庫化されない作品も結構多い。藤野恵美ハルさん』や沢村床屋』のように文庫化してからヒットする作品もあるので、もうちょっと文庫にしてもらいたいものだが……。ただ東京創元社は伝統的に他の出版社にべて文庫化が遅いので、5年や6年ぐらいくのはそんなにしくない。10年以上経ってから思いだしたように文庫化されることもあるので、文庫待ちの人は気長に構える必要がある。

大百科に記事のある執筆作家・作品

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP