今注目のニュース
『FGO』セイバー/アーサー・ペンドラゴン〔プロトタイプ〕の「英霊正装」イラストをモチーフにしたフィギュアが登場
「リプトンティーアイス タピオカミルクティー味」発売、もちもち食感と香り高い紅茶の味わい/赤城乳業
『スプラトゥーン』の“ボーイ”のフィギュア2体セットが予約開始! “スプラシューター”や“ジャッジくん”も付属

道尾秀介単語

ミチオシュウスケ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

道尾秀介(みちお しゅうすけ)とは、日本小説家ミステリーを書いている。

概要

1975年生まれ。玉川大学農学部卒。ペンネームの「尾」は敬する都築夫から。「秀介」は本名。

2004年、第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞した『背の眼』でデビュー。第2作『向日葵の咲かない』がその内容から賛否両論を巻き起こす。2009年には文庫版がなぜか100万部をえるベストセラーになった。

2006年の第4作『シャドウ』が本格ミステリ大賞を受賞、「このミス」で3位にランクイン。以降、年2~4冊のペースで作品を発表し人気作家になる。2009年カラスの親指』で日本推理作家協会賞受賞、2010年には『龍神』で大藪春彦賞、『媒の』で山本周五郎賞を受賞。

直木賞は第140回に『カラスの親指』で補入りしてから、『音』『球体の』『媒の』『』で戦後初の5期連続補入りという記録を作り、5回の『』で受賞した。吉川英治文学新人賞(『カラスの親指』と『龍神』で補入りしたが落選)を除けば、ミステリー系の作家デビューから直木賞までの間に獲れる賞はほぼ獲っている。

初期は二重三重ミスリードを駆使してどんでん返しを仕込んだミステリーに定評があり、「小説でなければ書けないものを書きたい」と本人も言っていたが、『球体の』以降はそういったトリックやサプライズを排除した作品が多くなっている。『向日葵の咲かない』『シャドウ』『龍神』『』など、小学生ぐらいの少年り手となる作品が多いのも特徴。その作品の傾向ゆえか、人気のわりに作品が映像化されないが、2012年には『背の眼』がBS日テレで単発ドラマ化、『カラスの親指』が映画化された。

シリーズものはデビュー作の『背の眼』に登場した介が探偵役を務めるシリーズ(他に『骸の』『流れ星』)ぐらいで、他の作品は個々に独立しているが、初期作品では「ミチオ」という名前の人物が立場を変えて作中によく登場する。

一時期、『片眼の』『ソロモン』『ラットマン』『カラスの親指』『音』『龍神』と十二支タイトルに含まれる作品が続き(→「申」、→「」、ラット→「子」、カラス→「」、→「門)」、→「」)、『球体の』()も含めてファンの間では「十二支シリーズ」と呼ばれているが、作者いわくそういうタイトルが続いたのは偶然で、特に狙ったわけではないとのことである。

初めて読む人には長編なら『カラスの親指』、短編集なら『音』あたりをオススメしたい。変な作品が好きな人はいきなり『向日葵の咲かない』からでも可。非ミステリーなら『媒の』『』あたりからどうぞ。

作品リスト

タイトル 単行本 文庫 シリーズ 備考
1 背の眼 幻冬舎
2004年
幻冬舎文庫
2007年
上下巻)
第5回ホラーサスペンス大賞特別賞
漫画化・ドラマ
2 向日葵の咲かない 新潮社
2005年
新潮文庫
2008年
第6回本格ミステリ大賞
本格ミステリベスト10(2007)9位
3 骸の 幻冬舎
2006年
幻冬舎文庫
2009年
本格ミステリベスト10(2007)7位
4 シャドウ 東京創元社
2006年
創元推理文庫
2009年
第7回本格ミステリ大賞受賞
このミス2007)3位
週刊文春ベスト10(2006)10位
本格ミステリベスト10(2007)6位
5 片眼の 新潮社
2007年
新潮文庫
2009年
十二支
6 ソロモン 文藝春秋
2007年
文庫
2010年
十二支 玄侑宗久『精舎』は
本作の続編(二次創作
7 ラットマン 光文社
2008年
光文社文庫
2010年
十二支 21山本周五郎賞
このミス200910位
週刊文春ベスト10(20084位
本格ミステリベスト10(20092位
8 カラスの親指 講談社
2008年
講談社文庫
2011年
十二支 62日本推理作家協会賞受賞
140直木賞
30吉川英治文学新人賞
このミス20096位
週刊文春ベスト10(200910位
映画
9 角川書店
2009年
角川文庫
2011年
十二支 短編集
第141直木賞
22山本周五郎賞
10 龍神 新潮社
2009年
新潮文庫
2012年
十二支 第12回大藪春彦賞受賞
31吉川英治文学新人賞
このミス2010)9位
週刊文春ベスト10(2010)9位
11 流れ星 幻冬舎
2009年
幻冬舎文庫
2012年
短編集
流れ星のつくり方」が第59
日本推理作家協会賞短編部門
12 球体の 角川書店
2009年
角川文庫
2012年
十二支 142直木賞
13 媒の 集英社
2010年
集英社文庫
2012年
連作短編集
23山本周五郎賞受賞

143直木賞
14 プロムナード ポプラ社
2010年
ポプラ文庫
2013年
文庫
2014年
エッセ
15
Moon Lovers~
新潮社
2010年
新潮文庫
2013年
同名テレビドラマ原作として
書かれた作品
16 文藝春秋
2010年
文庫
2013年
144直木賞受賞
17 カササギたちの四季 光文社
2011年
光文社文庫
2014年
連作短編集
18 講談社
2011年
講談社文庫
2014年
19 光文社
2012年
光文社文庫
2015年
連作短編集
20 ノエル
-a story of stories-
新潮社
2012年
新潮文庫
2015年
連作短編集
21 笑うハーレキ 中央論新社
2013年
公文
2016年
22 集英社
2013年
集英社文庫
2016年
連作短編集
23 貘の檻 新潮社
2014年
新潮文庫
2016年
24 透明カメレオン KADOKAWA
2015年
角川文庫
2018年
25 スタフ 文藝春秋
2016年
26 サーモンキャッチャー
the Novel
光文社
2016年
ラリーノ・サンドロヴィッチ
とのコラボレーション企画
27 満月の泥 毎日新聞出版
2017年
28 風神の手 朝日新聞出版
2018年
連作中編集
29 スケルトンキー KADOKAWA
2018年
30 いけない 文藝春秋
2019年
連作中編集

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 4ななしのよっしん

    2017/09/23(土) 10:49:43 ID: 3qIRcZy3sJ

    以前のものはホラー以外ほとんど読んだが、1番好きな作品はカラスの親指だな。だけど、1番衝撃的で記憶に残っているのは向日葵の咲かない。これが確か初めて読んだ尾作品だった。
    当時中学生だったからラストにかなりびっくりして何だこれ訳分からんと思ったけど、それから10年くらい経った今でも内容を何となくでも覚えているほどインパクトのある作品だから凄いよ。

  • 5ななしのよっしん

    2017/09/23(土) 12:13:30 ID: AMWFDh4ePR

    暗いテーマでも読後感は悪くない作品が多い。
    カラスの親指が好きなら最近の作品も読んで損はい。
    サーモンキャッチャー、スタフ staph、笑うハーレキ
    満月の泥
    この辺りは色んな人間が協して何かを解決するっていう点が
    カラスの親指に近い。

  • 6ななしのよっしん

    2018/07/22(日) 01:51:05 ID: HjRZE1kKJY

    何気に向日葵のやつミリオンいってんだなw

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/15(金) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/15(金) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP