今注目のニュース
「単独親権は違憲だ!」「離婚後も子育ての権利がある」国賠提訴
Amazonのやらせレビューと戦う「サクラチェッカー」はなぜ生まれたか 開発者に聞く背景やサクラレビューの見分け方
『刃牙』シリーズをBLとして読むオタクの感想本、表紙も危険(ヤバ)かった 帯コメントはまさかの上野千鶴子先生ッッ!!

五式中戦車単語

ゴシキチュウセンシャ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(30)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

五式中戦車とは、大日本帝国陸軍第二次世界大戦後期に開発していた中戦車である。

概要

五式中戦車(以下チリ)は、昭和17年ごろに高初速57を固定戦闘室に搭載した中戦車として構想され当時は中戦車)またはチリと呼称されていた。
この()の他にも(甲)や()が存在し、特に前者はチト(後の四式中戦車)であり、チリと並行するように開発が進められていくことになる。
チリの開発が具体的になったのは昭和18年の中ごろで、同盟ドイツからの欧州戦線(独ソ戦)の情報により、チリ(及びチトなど)の計画・構想を大幅に変更することになった。

まず武装は長57を固定式に搭載する方式から旋回式に長75を搭載する方式に変更し、装甲も初期案では50㎜だったのが75㎜に増厚され、全備予定重量も20トン級から35トン級に引き上げられた。の基には、日中戦争鹵獲したボフォース社製の75高射砲が選ばれた(身は同時期に開発されていた重高射砲からの流用という説がある)。

最高路上速度は時速40km以上を標とされた。そのために必要なエンジン500~600であると見積もられるも、そのような大出ディーゼルエンジン完成途が立っていなかったので、とりあえず改造した航空機ガソリンエンジンを搭載することになった。

ちなみに75㎜長の選定理由は、現状技術と時間の関係で旋回に搭載できる限界の口径であると見積もられていたからであり、装甲厚75㎜も俊敏性と火力の両立を図った場合の最大値と想定されたものである。
(または、開発当時のソ連軍の戦車を中距離で防ぐことを考慮したモノとも言われている。)

これまでの戦車とは違い、日本初のバスケットや全溶接構造、他戦車にはない半自動装填装置などを採用した革新的な戦車になるはずだったが、装填装置の開発が難航し開発が遅延したあげく、
戦局の悪化による四式中戦車の本命への格上げにより、チリに搭載される予定だった75を、装填機を外して搭載することになったことで本車両の開発は断念された。昭和18年から19年頃までの四式中戦車は五式中戦車の補助・保険的なものであった。)

その他

五式中戦車の構造についてであるが、これまでの日本陸軍が正式に開発しようとした戦車の中では最も大きく、
でいうとドイツ軍が開発運用したパンターⅤ号戦車)に匹敵する大きさである。が、ここまで肥大化した明確な理由はられていない。(後述の補助戦車である、新砲戦車甲(ホリ/ホリ)との体共用のためかもしれない。)

次にバスケットについて、これは内部の下にり下げられた床であり、が旋回するとこのり下げられていた床も連動して動くので、これまでの戦車が旋回するたびに装填手及び手(の操作員)が移動しなければならなかったが、移動する手間がなくなり負担を減らすことができた。(これまでの日本戦車エンジンが乗員室に食い込んでいるような構造だったため採用が難しかった。)

そして、自動装填機についてだがこれは弾を自動的にに装填する装置であり高射砲艦載砲などに装備した例はあったが、戦車に関しては他も含めまだ例がなかった。
アメリカドイツでも採用が考えられていたがの操作性や威が重視されたため見送られている。)

後になってから追加されることになった機構であり、長75が搭載されることを計画された車両は、本車両が初めてであったため、大化した弾薬を取り扱うことによる装填速度の低下の不安があったから採用されたとも言われている。(その不安はかなりの物であったようで体には副武装として37を機と双連式に搭載していた。)
この自動装填装置を搭載するにあたり、搭載しない最初の案とべて巨大化し、重量も全備重量約35tから
38tに増加した。(ただし予定重量であり、搭載後の自重37tであるという資料もある。)

いずれにせよ、これまでの日本陸軍戦車としては大重量でありガソリンエンジンを搭載したため、燃料の費用の増、戦車運用には不可欠である工兵機材の不足によりまともに運用するのは困難であると思われる。

他には、傾斜装甲をふんだんに取り入れたり、トーションバーサスペンション等の新の足回りを採用する意見もあったが時間の関係上取り入れられていない。

派生型

75搭載戦車であるチリだけでは敵戦車に対抗できないという懸念から、本車両体を流用する
105を搭載した補助戦車の新砲戦車(甲)も並行開発されていた。コードネームホリ
こちらは前述の技術と時間的都合により、「旋回には75が限度であろう」とされている都合上、旋回を諦め固定式としている。二種類の設計案が存在しチリ開発が放棄された後も製造、開発が進められたが完成しなかった。

このほかにもチリを簡略化しディーゼルエンジンを搭載したチリや詳細は不明だが105㎜級火を旋回式に搭載することが構想されたチセがある。

関連商品

関連コミュニティ

五式中戦車に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 28ななしのよっしん

    2018/12/21(金) 06:02:05 ID: I6UH+jBry2

    日本陸軍だって開戦の直後にはt-34の詳細な情報はつかんでいたし
    一枚の傾斜装甲は知っていたんだけどね


    ただ四式も五式も独ソ戦で猛威を振るったとされるkv-1モデルにしてるし、設計がある程度定まった時点ではまだパンター情報も曖昧でしかなかった。どちらかといえば一枚傾斜の車両は少数だった。もちろん情報が古いといえばそこまでだが



    日本戦車開発は戦後まで常に手探りで迷走してきたし、海外情報による後追いでやるしかなかったからしゃーないと思う

  • 29ななしのよっしん

    2018/12/21(金) 17:32:45 ID: I6UH+jBry2

    あと日本には小石の巻き込みに怯える程度の技術しかなかったのはガチだと思うんだ
    未だに駐退器はカバーが付いてるとはいえ丸出しと変わらんし、油もぽたぽた漏れてたというし

    他は鋳造はまだ良いとして当時の日本陸軍は広い面積の厚みのある防弾鋼を量産できたのか

    傾斜装甲を採用したところで良くてP40戦車のような段差のあるものかm4の溶接のように継ぎ接ぎだらけになったんじゃなかろうか?

  • 30ななしのよっしん

    2018/12/21(金) 21:41:20 ID: I6UH+jBry2

    日本陸軍の後輪駆動戦車自走砲
    イ号、91式、ロ号、ジロオイ車、ケニb型、カト
    量産されたイ号や完成のないカトを除けば没同然のものがおおいな

急上昇ワード

最終更新:2019/11/23(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/23(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP