京都2歳ステークス単語

キョウトニサイステークス

1.2千文字の記事
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

京都2歳ステークスJRA(日本中央競馬会)が京都競馬場で開催する、2歳限定の芝2000mの重賞競走である。格付けはGⅢ

概要

前身は1959年に始まったオープン特別競走の京都3歳ステークス(旧年齢表記)で当初は1400mであった。その後1500m、1600m、1800mと徐々に距離を伸ばしていき2002年現在と同じ2000mに、2014年重賞に格上げされた。

オープン特別時代の勝ちからは、キーストンタニノムーティエダイゴトツゲキ、シャダイカグラエルウェーウィンナリタブライアンアドマイヤドンエイシンチャンプヴィクトワールピサマーベラスカイザーエピファネイアトーセンスターダムと、中山大障害勝ちのマーベラスカイザーオーストラリアに移籍してからG1勝ちしたトーセンスターダムを含めると12頭が後にG1/G1勝利している。

また勝てなかったものの馬券圏内に入ったではザッツザプレンティヴァーミリアンアンライバルト等がいたりする。

重賞格上げしてからは歴史が浅く勝ちからはまだG1になっていないが、複勝圏内からタイムフライヤー、ワールドプレミアがのちにG1を勝っている。

ほぼ京都競馬場の開催のこのレースだが、1979年のみ修工事の都合で阪神競馬場開催になり仁3歳ステークスとして行われた。

社杯が省略されて記載される事が多いが、レース名は重賞に格上げされた2014年から「ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス」である。2013年までは長らく12月阪神競馬場で「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス」(GⅢ)が行われたが、2014年からGⅡに格上げし、ホープフルステークスに名称変更され中山競馬場に開催地が変更されたことに伴い(現在GⅠ競争)、同年ラジオNIKKEI杯の冠競争が京都2歳ステークスに移動し現在に至る。

レース結果

第7回は阪神、芝2000

回数 開催日 勝利 性齢 騎手 タイム 動画
第9回 2022年11月26日 リューネグリーン 2 M.デムーロ 2:00.5
第8回 2021年11月27日 ジャスティンロック  2 松山弘平 2:03.3
第7回 2020年11月28日 ワンダフルタウン 2 和田竜二 2:01.6
第6回 2019年11月23日 マイラプソディ 2 武豊 2:01.5 sm35993272exit_nicovideo
第5回 2018年11月24日 クラージュゲリエ 2 J.モレイラ 2:01.5 sm34222381exit_nicovideo
第4回 2017年11月25日 グレイル 2 武豊 2:01.6 sm32318830exit_nicovideo
第3回 2016年11月26日 カデナ 2 福永祐一 2:02.6
第2回 2015年11月28日 レッドノータス 2 武豊 2:01.3
第1回 2014年11月29日 ルラップ 2 W.ビュイック 2:04.8

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/07(火) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/07(火) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP