武豊単語

タケユタカ

7.4千文字の記事
掲示板をみる(389)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(28)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
曖昧さ回避
  1. 愛知県知多武豊町。たけとよちょう。
    1. 同町の武豊と大府を結ぶJR東海鉄道路線、武豊線
  2. 中央競馬騎手。たけゆたか。本項で記述。

ユタカのおっちゃん

武豊(たけ ゆたか)とは、中央競馬騎手である。

概要

1969年3月15日生まれ。
騎手で元調教師武邦彦の三男で、(四男)は同じく元騎手調教師武幸四郎である。族に競馬関係者がかなり多い。1995年に元タレント佐野量子と結婚した。
ちなみに武一族の出自は鹿児島の武薩摩士)であり、日本でも有数の競馬一族の出自であり、
西郷隆盛とは戚関係。武豊は西郷隆盛の嫡男・太郎の夫人の叔父)・武七の曾孫にあたる。
また、系図をさらに遡っていくと寝氏という室町期まで大隅人だった氏族に行きあたるのだが、この寝氏を祖先とする人物には上原謙、加山雄三子、ねじめ正一などがいる。

騎手として1987年デビュー東)。当時の新人年間最多勝を記録(69勝)。1988年菊花賞スーパークリークGⅠ勝利をあげ、GⅠJpn勝利JRAで79勝、地方で32勝、海外で10勝を挙げている。JRAでの勝利数は4300で歴代1位現在記録更新中のまさに生けるレジェンドである。
また、日本ダービー通算6勝(98年,99,02,05,13年,22年)も歴代最多である。天皇賞合わせて14勝を挙げており、「平成男」の名をほしいままにした。実は日本ダービー勝利まで9度負けており、1998年スペシャルウィークで制覇するまでは「武豊はダービーを勝てない運命」とまで言われていた。しかし初勝利を挙げてからは前述の通り最多勝利記録を持つまでに至った。

2019年菊花賞ではワールドプレミア勝利をあげ、これで「昭和平成令和」3つの元号GⅠ勝利記録。また同レースの最年少勝利(19歳)に加え最年長勝利(50歳)を記録した。

このような彼をもってしてもJRAGⅠ全制覇は成し遂げられていない。2021年時点での未勝利GⅠホープフルステークスのみ。(前身の「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス」では5勝している)[1]
2歳GⅠを苦手としているようで、阪神ジュベナイルフィリーズは94年にヤマニンパラダイスで勝ったのみ、朝日杯フューチュリティステークスに至っては22回の挑戦となる2021年ドウデュースで初勝利
なお地方競馬GⅠ/JpnⅠ競走は2019年JBCレディスクラシック勝利全制覇を達成している。
現時点で一未勝利であるホープフルステークス2017年よりG1に昇格したため、デビュー時の1987年時点で存在したGⅠレースに関しては全て制覇している。

騎手の取った作戦などについてファンから賛否両論あるものだが、武豊騎手の場合は後方からの追い込みへの批判が多い。後方待機のまま直線であまり伸びずに沈黙、または圧倒的人気で1着に届かずというパターンで、競馬ファンからは「ため殺し」とも呼ばれる。
他の騎手でも同様のケースも当然あるのだが、スーパージョッキーであるが故に特に厳しく見られる傾向にある。そもそもためて勝ったレースも数多いのを忘れてはいけない。

2010年代も進んだ頃からは、要されるしい追いを実現するパワーという点では地方出身者や若手にしてやや欠ける場面が現れる。年齢騎手としては長身ということもあり筋が要される局面では不得手さを見せることも多くなってきた。
しかし騎乗フォームの優さや当たりの柔らかさで折り合いをつける技術は他を隔絶した腕前を誇り、かつて実がありながら名うての気性難で実を発揮しきれなかったイナリワンステイゴールドGⅠに導くなど技術は間違いなく一流のそれである。特に中で上体が全くぶれないそのフォームは世界騎手がお手本とする程。
また、あまり頻繁にはやらないが、逃げ戦法で開させることも得意で、脅威のハイペース逃げで席巻したサイレンススズカスマートファルコンはあまりに有名。
距離と思われたトウケイヘイローを折り合いをつけた逃げ距離をもさせてみせた実績もある。体内時計の精密性の現れである。

しかし、彼が何よりも騎手の代表格にいられるのは、実績はもちろんのこと、「話術の巧みさ」という点で他を隔絶した実を持っているからであろう。
バラエティ番組でダウンタウン明石家さんまに遅れを取らずに話せる騎手なんておそらく彼かの幸四郎くらいなものであろう。演技のことは言うな。 さんまのナンでもダービーの特番でパネラーゲスト出演した際に行われたポニー競馬でも、井崎脩五郎の予想を「井崎さんの(予想)をまず外してそこから」と切り捨てるなどの切れ味を見せている。なおこレースには小島太中舘英二的場均アラン・ムンロなど錚々たるメンバー騎手として参加しており、「武豊も行ってこい」というが出たとか出なかったとか。

その巧みさとユーモラス故か、2018年には『ウマ娘 プリティーダービー』の公式プロモーターとしてCMに出演。同年放送のアニメでも本人役で出演し自身初のダービー勝利だったスペシャルウィーク日本ダービー回で解説として出ている。まさかアニメで自分のレースるなんて思わなかったろう……
そのため、ファンのお子さんから「ウマ娘のおじさん」と呼ばれて困惑していたとか。実際、ウマ娘モチーフの約4割に騎乗経験があるというのだから驚きである。
ウマ娘』はその後、2021年に大ブームを巻き起こすのだが、ヒット後もクリストフ・ルメールと一緒に新CMに出演したり、会社のサイバーエージェント社長藤田晋の所有馬に騎乗して勝利したりと、何かと関係は続いている。

騎手のため中央競馬馬券は買えないが、プライベートで地方海外に行ったときは度々馬券を買っている。が、全くと言って良いほど当たらないらしい。競馬を知り尽くしている彼でも予想となると一筋縄ではいかないようだ。また、馬券の買えない競馬界において競輪人気は高いが、武もその例に漏れず券をよく購入している他、同じ関西拠点の公営競技の選手として村上義弘などと交友があり、年末のKEIRINグランプリ関連を中心に、競輪に関するイベントや番組にも出演している。競艇に関しても往年のトップレーサー植木トークショーで共演したことがある。

とにかく、競馬をよく知らない人でも武豊とディープインパクトハルウララは聞いたことがあるくらい有名。
武豊が引退したら競馬人気大丈夫だろうか。

GⅠ級競走勝利

西暦の下二桁のみ表示。 デビュー後に新設・格付け変更になった競走は変更年を入れてあります。

フェブラリーステークス(97〜) 03,06,08,15,19 川崎記念 05,10,12
高松宮記念(96〜) 05,07 かしわ記念(05〜) 16,17
桜花賞 89,93,94,98,04 帝王賞 05,09,11,14,16
大阪杯(17〜) 17 ジャパンダートダービー 02,03,05
皐月賞 93,00,05 マイルチャンピオンシップ南部杯 99
天皇賞(春) 89,90,91,92,99,06,16,17 JBCレディスクラシック(11〜) 19
NHKマイルカップ(96〜) 97,01,06 JBCスプリント(01〜) 04
ヴィクトリアマイル(06〜) 09 JBCクラシック(01〜) 05,07,08,09,10,11,15,16
優駿牝馬 93,95,96 全日本2歳優駿 03
東京優駿 98,99,02,05,13,22 東京大賞典 02,03,07,10,11
安田記念 90,95,09 ダービーグランプリ(〜06) 02,05
宝塚記念 89,93,97,06 ムーラン・ド・ロンシャン 94
スプリンターズステークス(90〜) 90,02 モーリス・ド・ゲスト賞 98
秋華賞(96〜) 98,02,05 アベイ・ド・ロンシャン 99,01
菊花賞 88,96,00,05,19 ジュライカップ 00
天皇賞(秋) 89,97,99,07,08,17 香港ヴァーズ(94〜) 01
エリザベス女王杯 01,02,03,04 ドバイデューティーフリー(96〜) 07
マイルチャンピオンシップ 12,13 香港カップ(88〜) 15
ジャパンカップ 99,06,10,16 イスパーン 16
ジャパンカップダートチャンピオンズカップ
(00〜)
01,04,05,07 コリアプリント(16〜) 17
阪神ジュベナイルフィリーズ 94
朝日杯フューチュリティステークス 21
有馬記念 90,06,17
ホープフルステークス(17〜) 勝利

中央競馬GI勝利(デビュー~2000年まで)

太字はJRA顕彰馬

開催日 レース 騎乗[性齢]
(人気、単勝オッズ)
動画
1988年11月6日 菊花賞 スーパークリーク[3]
(3人気、8.5倍)
sm4950910exit_nicovideo
1989年4月9日 桜花賞 シャダイカグラ[3]
(1人気、2.2倍)
sm3762780exit_nicovideo
1989年4月29日 天皇賞(春) イナリワン[5]
(4人気、9.3倍)
sm5221466exit_nicovideo
1989年6月11日 宝塚記念 イナリワン[5]
(2人気、4.8倍)
sm5221442exit_nicovideo
1989年10月29日 天皇賞(秋) スーパークリーク[4]
(2人気、4.5倍)
sm5221474exit_nicovideo
1990年4月29日 天皇賞(春) スーパークリーク[5]
(1人気、1.5倍)
sm11946632exit_nicovideo
1990年5月13日 安田記念 オグリキャップ[5]
(1人気、1.4倍)
sm5226561exit_nicovideo
1990年12月16日 スプリンターズステークス バンブーメモリー[5]
(1人気、3.8倍)
sm15313740exit_nicovideo
1990年12月23日 有馬記念 オグリキャップ[5]
(4人気、5.5倍)
sm20589exit_nicovideo
1991年4月28日 天皇賞(春) メジロマックイーン[4]
(1人気、1.7倍)
1992年4月26日 天皇賞(春) メジロマックイーン[5]
(2人気、2.2倍)
sm3244130exit_nicovideo
1993年4月11日 桜花賞 ベガ[3]
(1人気、2.0倍)
sm3783511exit_nicovideo
1993年4月18日 皐月賞 ナリタタイシン[3]
(3人気、9.2倍)
sm2987116exit_nicovideo
1993年5月23日 優駿牝馬 ベガ[3]
(1人気、3.4倍)
sm3547166exit_nicovideo
1993年6月13日 宝塚記念 メジロマックイーン[6]
(1人気、1.5倍)
sm3754215exit_nicovideo
1994年4月10日 桜花賞 オグリローマン[3]
(3人気、7.3倍)
sm3762813exit_nicovideo
1994年12月4日 阪神3歳牝馬ステークス ヤマニンパラダイス[2]
(1人気、1.2倍)
1995年5月14日 安田記念 ハートレイク[4]
(4人気、10.3倍)
sm3578211exit_nicovideo
1995年5月21日 優駿牝馬 ダンスパートナー[3]
(3人気、4.6倍)
sm3602048exit_nicovideo
1996年5月16日 優駿牝馬 エアグルーヴ[3]
(1人気、2.5倍)
sm3578833exit_nicovideo
1996年11月3日 菊花賞 ダンスインザダーク[3]
(1人気、2.6倍)
sm9643249exit_nicovideo
1997年5月11日 NHKマイルカップ シーキングザパール[2]
(1人気、2.0倍)
sm3582522exit_nicovideo
1997年7月6日 宝塚記念 マーベラスサンデー[5]
(1人気、2.3倍)
sm3762834exit_nicovideo
1997年10月26日 天皇賞(秋) エアグルーヴ[4]
(2人気、4.0倍)
sm10634258exit_nicovideo
1998年4月12日 桜花賞 ファレノプシス[4]
(3人気、6.2倍)
sm3783761exit_nicovideo
1998年6月7日 東京優駿 スペシャルウィーク[3]
(1人気、2.0倍)
sm4448460exit_nicovideo
1998年10月25日 秋華賞 ファレノプシス[4]
(2人気、2.9倍)
sm2485796exit_nicovideo
1999年5月2日 天皇賞(春) スペシャルウィーク[4]
(1人気、2.3倍)
sm6878352exit_nicovideo
1999年6月6日 東京優駿 アドマイヤベガ[3]
(2人気、3.9倍)
sm518356exit_nicovideo
1999年10月31日 天皇賞(秋) スペシャルウィーク[4]
(4人気、6.8倍)
sm12589970exit_nicovideo
1999年11月28日 ジャパンカップ スペシャルウィーク[4]
(2人気、3.4倍)
sm3737306exit_nicovideo
2000年4月16日 皐月賞 エアシャカール[3]
(2人気、3.4倍)
sm3609427exit_nicovideo
2000年10月22日 菊花賞 エアシャカール[3]
(2人気、2.8倍)
sm6285691exit_nicovideo

中央競馬GI勝利(2001年以降)

太字はJRA顕彰馬

開催日 レース
(勝ち)
騎乗[性齢]
(人気、単勝オッズ)
動画
2001年5月6日 NHKマイルカップ クロフネ[3]
(1人気、1.2倍)
sm3580154exit_nicovideo
2001年11月11日 エリザベス女王杯 トゥザヴィクトリー[5]
(4人気、5.9倍)
sm320469exit_nicovideo
2001年11月24日 ジャパンカップダート クロフネ[3]
(1人気、1.7倍)
sm4017029exit_nicovideo
2002年5月26日 東京優駿 タニノギムレット[3]
(1人気、2.6倍)
sm10583267exit_nicovideo
2002年9月29日 スプリンターズステークス ビリーヴ[4]
(1人気、2.2倍)
2002年10月13日 秋華賞 ファインモーション[3]
(1人気、1.1倍)
sm9152483exit_nicovideo
2002年11月10日 エリザベス女王杯 ファインモーション[3]
(1人気、1.2倍)
sm3573609exit_nicovideo
2003年2月23日 フェブラリーステークス ゴールドアリュール[4]
(1人気、3.1倍)
sm7646968exit_nicovideo
2003年11月16日 エリザベス女王杯 アドマイヤグルーヴ[3]
(2人気、3.6倍)
sm6396572exit_nicovideo
2004年4月11日 桜花賞 ダンスインザムード[3]
(1人気、2.9倍)
sm3793160exit_nicovideo
2004年11月14日 エリザベス女王杯 アドマイヤグルーヴ[4]
(2人気、3.3倍)
2004年11月28日 ジャパンカップダート タイムパラドックス[6]
(4人気、12.0倍)
sm15323822exit_nicovideo
2005年3月27日 高松宮記念 アドマイヤマックス[6]
(4人気、11.8倍)
sm4323052exit_nicovideo
2005年4月17日 皐月賞 ディープインパクト[3]
(1人気、1.3倍)
sm632030exit_nicovideo
2005年5月29日 東京優駿 ディープインパクト[3]
(1人気、1.1倍)
sm171295exit_nicovideo
2005年10月13日 秋華賞 エアメサイア[3]
(2人気、2.5倍)
2005年10月23日 菊花賞 ディープインパクト[3]
(1人気、1.0倍)
sm6081066exit_nicovideo
2005年11月26日 ジャパンカップダート カネヒキリ[3]
(1人気、2.1倍)
sm5149773exit_nicovideo
2006年2月19日 フェブラリーステークス カネヒキリ[4]
(1人気、2.7倍)
sm5147046exit_nicovideo
2006年4月30日 天皇賞(春) ディープインパクト[4]
(1人気、1.1倍)
sm6081692exit_nicovideo
2006年5月7日 NHKマイルカップ ロジック[3]
(3人気、8.7倍)
sm7434765exit_nicovideo
2006年6月25日 宝塚記念 ディープインパクト[4]
(1人気、1.1倍)
sm7467040exit_nicovideo
2006年11月26日 ジャパンカップ ディープインパクト[4]
(1人気、1.3倍)
sm6359513exit_nicovideo
2006年12月24日 有馬記念 ディープインパクト[4]
(1人気、1.2倍)
sm6054786exit_nicovideo
2007年3月25日 高松宮記念 スズカフェニックス[5]
(1人気、4.5倍)
sm4323212exit_nicovideo
2007年10月28日 天皇賞(秋) メイショウサムソン[4]
(1人気、2.9倍)
sm6269679exit_nicovideo
2007年11月24日 ジャパンカップダート ヴァーミリアン[5]
(1人気、2.3倍)
sm15324281exit_nicovideo
2008年2月24日 フェブラリーステークス ヴァーミリアン[6]
(1人気、2.4倍)
sm15324371exit_nicovideo
2008年11月2日 天皇賞(秋) ウオッカ[4]
(1人気、2.7倍)
sm5198792exit_nicovideo
2009年5月17日 ヴィクトリアマイル ウオッカ[5]
(1人気、1.7倍)
sm8267002exit_nicovideo
2009年6月7日 安田記念 ウオッカ[5]
(1人気、1.8倍)
sm7282802exit_nicovideo
2010年11月28日 ジャパンカップ ローズキングダム[3][2]
(4人気、8.8倍)
sm12888962exit_nicovideo
2012年11月18日 マイルチャンピオンシップ サダムパテック[4]
(4人気、10.5倍)
sm19385753exit_nicovideo
2013年5月26日 東京優駿 キズナ[3]
(1人気、2.9倍)
sm20962562exit_nicovideo
2013年11月17日 マイルチャンピオンシップ トーセンラー[5]
(2人気、4.7倍)
sm22273800exit_nicovideo
2015年2月22日 フェブラリーステークス コパノリッキー[5]
(1人気、2.1倍)
sm25635972exit_nicovideo
2016年5月1日 天皇賞(春) キタサンブラック[4]
(2人気、4.5倍)
sm28751253exit_nicovideo
2016年11月27日 ジャパンカップ キタサンブラック[4]
(1人気、3.8倍)
sm30123990exit_nicovideo
2017年4月2日 大阪杯 キタサンブラック[5]
(1人気、2.4倍)
sm30950830exit_nicovideo
2017年4月30日 天皇賞(春) キタサンブラック[5]
(1人気、2.2倍)
sm31124337exit_nicovideo
2017年10月29日 天皇賞(秋) キタサンブラック[5]
(1人気、3.1倍)
sm32179749exit_nicovideo
2017年12月24日 有馬記念 キタサンブラック[5]
(1人気、1.9倍)
sm32471057exit_nicovideo
2019年2月17日 フェブラリーステークス インティ[5]
(1人気、2.6倍)
sm34647519exit_nicovideo
2019年10月20日 菊花賞 ワールドプレミア[3]
(3人気、6.5倍)
sm35839609exit_nicovideo
2021年12月19日 朝日杯フューチュリティステークス ドウデュース[2]
(3人気、7.8倍)
sm39775423exit_nicovideo
2022年5月29日 東京優駿 ドウデュース[3]
(3人気、4.2倍)
sm40539793exit_nicovideo

関連動画

関連生放送

関連商品

関連項目

脚注

  1. *厳密に言えば障GⅠである中山大障害中山グランドジャンプも未勝利であるが、障免許を返上しているため騎乗自体出来ない。
  2. *1位入線のブエナビスタが斜行による降着のため2位入線からの繰り上がり
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/06/25(土) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2022/06/25(土) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP