ホープフルステークス 単語

92件

ホープフルステークス

4.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ホープフルステークスとは、以下のことをす。

  1. 日本中央競馬会JRA)が施行する競馬重賞競走(GI)。12月の最終週に中山競馬場の芝2000mで施行される。出走条件は2歳(オープン斤量齢。
  2. アメリカ合衆国サラトガ競馬場で開催されている2歳限定の重賞競走(GI)。距離ダート7ハロン(約1400m)。例年9月に開催され、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルの前戦とされることが多い。
    ホープフルステークス(アメリカ)
  3. 日本中央競馬会JRA)が施行していたオープン特別競走。条件は1と同じ。
  4. 1の競走を元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するレース。→ホープフルステークス(ウマ娘)

その他、イギリスの準重賞など同一名称の競走が存在する。

ここでは1と3について説明する。


2歳限定・若駒中距離王決定戦
ホープフルステークス
GI中山競馬場・芝2000m


ホープフルステークスとは、日本中央競馬会が毎年12月下旬に中山競馬場・芝2000メートルで開催する2歳限定のGIである。

概要

1984年に創設された阪神競馬場の芝1600mの限定重賞競走(GIII)「ラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークス」が前身である。今でこそ2歳のGIが出走可な(実質路線)「朝日杯フューチュリティステークス」と限定の「阪神ジュベナイルフィリーズ」に分かれているが、当時は関東の「朝日杯3歳ステークス」と関西の「阪神3歳ステークス」という番組編成で、どちらにも性別の制限がなく所属厩舎によって出走レースを決めるという状態だったため、グレード制施行時に2歳の限定競走を作る必要があるとして、関東の「テレビ東京賞3歳牝馬ステークス(現・フェアリーステークス)」と同時に創設されたのである。

1991年阪神3歳ステークス限定GI競走「阪神3歳牝馬ステークス」となってからは「ラジオたんぱ杯3歳ステークス」となり、騸馬限定の芝2000mと大きく条件が変更された。その後、齢表記の変更やラジオたんぱラジオNIKKEI称を変更したことを受け、「ラジオたんぱ杯2歳ステークス」、「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス」と名称を変更した。この間2000年の出走も可になった。

2014年中山競馬場に移転して現在の名称に変更。条件が(騸馬は不可)に、それと同時にGIIに昇格した。これによって皐月賞と全く同じ条件の競走になったことになる。JRAは今後GIへの昇格を既定路線としていたが、レート条件を満たしていなかったために2016年まではGIIのままだった。
2014年2016年の3年間のレートが基準を満たしたことで、2017年よりGIに昇格した。なお、2017年から競馬施行規程の変更に伴い12月28日に曜日に関わらず中央競馬が開催されることになり、ホープフルステークスはこの日のメインレースとなる。
(2020年12月27日日曜日になった事により、26日(土)に行われる)

なお、GII時代の2016年1位の賞は6700万円となっており、2歳GIIとしては非常に高額、というかGIクラスであった。2歳GIIは他に京王杯2歳ステークスデイリー杯2歳ステークスがあるが、どちらも1位3600万円。そして2歳GI阪神ジュベナイルフィリーズは6500万円で、なんとGIより高額である。GII全体で見ても上回るのは7000万円の札幌記念のみ、同額で阪神カップという賞の高さである。この高額な賞GIが既定路線であったことの左であろう。
なお、GIに昇格した2017年からは微増して7000万となった。

GII時代までの勝ちからは、イソノルーブルナリタタイシンタヤスツヨシメジロブライトアドマイヤベガアグネスタキオンザッツザプレンティコスモバルクヴァーミリアンロジユニヴァースヴィクトワールピサエピファネイアワンアンドオンリーレイデオロがのちにGIに。

馬券圏内からはマックスビューティシャダイカグライシノサンデーダンスインザダークキングヘイロージャングルポケットクロフネ、アドマイヤマックスアドマイヤムーン、ヴィクトリー、ダノンシャンティゴールドシップキズナサトノアラジンがのちにGIになっている。

武豊騎手にとっては中央競馬一未勝利GIである(前身のラジオNIKKEI杯2歳ステークスでは5勝している)。地方競馬GI/JpnIは既に全制覇していたので、ホープフルステークスを勝利すれば日本国内で開催されている全てのGI級競走制覇という前人未到の大記録達成となる…はずだったが、2024年から地方競馬羽田盃東京ダービーJpnIとして施行することとさきたま杯JpnIに昇格する(さきたま杯JpnIII時代も含めれば2勝している)ことが発表された。現行全制覇を達成するためには2023年までに本レースを制する必要がある。

また、グリーンチャンネルを除く競馬中継では一となるテレビ東京BSテレ東「ウイニング競馬」(及びネット受けのKBS京都「うまDOKI」)で放送されるGIレースである(J・GI含めれば中山グランドジャンプ中山大障害も中継)。

オープン特別競走のホープフルステークス

1988年から中山競馬場の芝2000mで有馬記念の同日に開催されていたオープン競走。見てのとおり現在のホープフルステークスと全く同一条件なのだが、あくまでも同一名称・同一条件であるだけの別の競走とされており、JRAはこのレースを前身扱いにはしていない。

このオープン特別競走時代の勝ちからは、ウイニングチケットエアシャカールトーセンジョーダン、ベルシャザールがのちにGIになっている。

主な前走・前哨戦

競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔
東京スポーツ杯2歳ステークス GII 東京競馬場 1800m 5週
京都2歳ステークス GIII 京都競馬場 2000m 4週

歴代優勝馬

  • 回数についているリンククリックすると該当する動画に飛びます。
  • コースの種別は全て芝コース
  • 齢表記は現行表記に統一。
  • 競走名は第1回から第7回まで「ラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークス」第8回から第17回まで「ラジオたんぱ杯3歳ステークス」、第18回から第22回まで「ラジオたんぱ杯2歳ステークス」、第23回から第30回まで「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス」第31回以降は「ホープフルステークス」。
回数 開催日 競馬場 距離 優勝 性齢 所属 勝利騎手 勝ち時計
第40回exit_nicovideo 2023年12月28日 中山 2000m レガレイラ 2 JRA C.ルメール 2:00.2
第39回exit_nicovideo 2022年12月28日 中山 2000m ドゥラエレーデ 2 JRA B.ムルザバエフ 2:01.5
第38回exit_nicovideo 2021年12月28日 中山 2000m キラーアビリティ 2 JRA 横山武史 2:00.6
第37回exit_nicovideo 2020年12月26日 中山 2000m ダノンザキッド 2 JRA 川田将雅 2:02.8
第36回exit_nicovideo 2019年12月28日 中山 2000m コントレイル 2 JRA 福永祐一 2:01.4
第35回exit_nicovideo 2018年12月28日 中山 2000m サートゥルナーリア 2 JRA M.デムーロ 2:01.6
第34回exit_nicovideo 2017年12月28日 中山 2000m タイムフライヤー 2 JRA C.デムーロ 2:01.4
2017年(第34回)よりGIIからGIに昇格
第33回 2016年12月25日 中山 2000m レイデオロ 2 JRA C.ルメール 2:01.3
第32回 2015年12月27日 中山 2000m ハートレー 2 JRA H.ウマ 2:01.8
第31回exit_nicovideo 2014年12月28日 中山 2000m シャイニングレイ 2 JRA 川田将雅 2:01.9
2014年(第31回)よりGIIIからGIIに昇格
第30回 2013年12月21日 阪神 2000m ワンアンドオンリー 2 JRA C.ルメール 2:04.3
第29回 2012年12月22日 阪神 2000m エピファネイア 2 JRA 福永祐一 2:05.4
第28回 2011年12月24日 阪神 2000m アダムピーク 2 JRA C.ルメール 2:02.4
第27回 2010年12月25日 阪神 2000m ダノンバラード 2 JRA 武豊 2:02.2
第26回 2009年12月26日 阪神 2000m ヴィクトワールピサ 2 JRA 武豊 2:01.3
第25回 2008年12月27日 阪神 2000m ロジユニヴァース 2 JRA 横山典弘 2:01.7
第24回 2007年12月22日 阪神 2000m サブジェクト 2 JRA O.ペリエ 2:07.0
第23回 2006年12月23日 阪神 2000m フサイチホウオー 2 JRA 安藤勝己 2:02.1
第22回 2005年12月24日 阪神 2000m サクラメガワンダー 2 JRA 安藤勝己 2:01.9
第21回 2004年12月25日 阪神 2000m ヴァーミリアン 2 JRA 武豊 2:03.5
第20回 2003年12月27日 阪神 2000m コスモバルク 2 北海道 五十嵐 2:01.6
第19回 2002年12月21日 阪神 2000m ザッツザプレンティ 2 JRA 河内洋 2:04.5
第18回 2001年12月22日 阪神 2000m メガスターダム 2 JRA 渡辺薫彦 2:03.4
第17回exit_nicovideo 2000年12月23日 阪神 2000m アグネスタキオン 2 JRA 河内洋 2:00.8
第16回 1999年12月25日 阪神 2000m ラガーレグルス 2 JRA 佐藤哲三 2:03.7
第15回exit_nicovideo 1998年12月26日 阪神 2000m アドマイヤベガ 2 JRA 武豊 2:04.1
第14回 1997年12月20日 阪神 2000m ロードアックス 2 JRA 岡部幸雄 2:03.8
第13回exit_nicovideo 1996年12月21日 阪神 2000m メジロブライト 2 JRA 松永幹夫 2:03.1
第12回exit_nicovideo 1995年12月23日 阪神 2000m ロイヤルタッチ 2 JRA O.ペリエ 2:02.7
第11回 1994年12月24日 阪神 2000m タヤスツヨシ 2 JRA 小島貞博 2:03.4
第10回 1993年12月25日 阪神 2000m ナムラコクオー 2 JRA 上村洋行 2:05.7
第9回 1992年12月26日 阪神 2000m ナリタタイシン 2 JRA 清水英次 2:05.8
第8回 1991年12月21日 阪神 2000m ノーザンコンダクト 2 JRA 藤田伸二 2:05.9
第7回 1990年12月22日 京都 1600m イソノルーブル 2 JRA 五十嵐忠男 1:35.0
第6回 1989年12月10日 阪神 1600m レガシーワイ 2 JRA 武豊 1:35.8
第5回 1988年12月11日 阪神 1600m ニノターゲット 2 JRA 小島貞博 1:36.1
第4回 1987年12月13日 阪神 1600m プリンセススキー 2 JRA 田島良保 1:36.6
第3回 1986年12月7日 阪神 1600m ドウカンジョー 2 JRA 田島信行 1:35.5
第2回 1985年12月8日 阪神 1600m ダイナカンパリ 2 JRA 樋口 1:37.1
第1回 1984年12月9日 阪神 1600m ニホンピロビッキー 2 JRA 河内洋 1:35.9

関連動画

左が重賞、右がオープン特別競走のホープフルステークスである。

関連項目

中央競馬の世代別GI
五大クラシック
桜花賞 - 皐月賞 - 優駿牝馬 - 東京優駿 - 菊花賞
その他の世代別GI
2歳 朝日杯フューチュリティステークス - 阪神ジュベナイルフィリーズ - 
ホープフルステークス
3歳 NHKマイルカップ - 秋華賞
止・変更された競走
2歳 阪神3歳ステークス
3歳 ビクトリアカップ - エリザベス女王杯
競馬テンプレート
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/23(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/23(火) 07:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP