今注目のニュース
「リンク内外で恐怖」 織田信成 ハラスメント行為で女性コーチを提訴
エッチな漫画って読んだことある? 意外にも若い女性が…
CM狙ってる? アインシュタイン稲田さんの鼻洗浄する光景が不気味すぎると話題に

別所エマ単語

ベッショエマ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(160)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

別所エマとは、アニメ遊☆戯☆王ヴレインズ』の登場キャラクターである。CV鎌倉有那。

概要「端的に言うならお金で雇われる魅惑の謎の美女ってところかしら」

ゴーストガール

様々な企業から依頼を受ける腕利きの『電脳トレジャーハンター』。
情報収集を得意とし、作中ではPlaymakerデュエル映像マスコミに売ったこともある。
VR間内にも作用するプログラム制作でき、実際にLINK VRAINS内に作用する大掛かりなプログラム徹夜ながら仕上げる、プログラマーとしての確かな実も持っている。

ライダースーツに身を包み、オートバイを乗りこなすゲロマブなお姉さんLINK VRAINS内におけるアカウント名は「ゴーストガール」。ガール……?
歴代遊戯王主人公に匹敵する面妖な髪形は、アバターの姿になるとメッシュの配色が逆になる。また、アバターの口元はマスクで覆い隠される。
その髪色メッシュから攻撃の無力化イラストに似ており、一部で「攻撃の無力化おばさん」と呼ばれている。別のカードゲームのぐるぐる頭を連想した視聴者も。

SOLテクノロジー社財前晃の依頼により、イグニスを持つPlaymaker=遊作を追っている。
しかし、決して依頼に忠を誓っているわけではないようで、と個人的な取引を行いつつも、SOLテクノロジー社上層部にブルーエンジェルの正体を密告していた。

ブルーエンジェルの姿に扮してPlaymakerを誘い出した際、既に変装がバレていた事について、冗談交じりに「喋り方がおばさん臭かった?」と発言しており、年齢は20代の模様。何処かのドロワさんの様に実年齢はかなり若い可性もあるが。
Playmakerを捉えたまではいいが、その場にハノイの騎士リーダーリボルバー乱入。元々Playmakerを捕えることになった原因であるブルーエンジェル睡状態が、ハノイの騎士ウイルスプログラムであることが判明した。

お互い顔も名前も知らぬまま、草薙翔一の助けを借りてPlaymakerとリボルバーデュエルの行われている閉鎖間に侵入して、その一部始終を見届ける。
その中でエマは、十年前の事件に関係しているPlaymakerSOLテクノロジー人間に結果的に手を貸したことに対し、リボルバーがそれを非難する言葉を聞く。

それもあってPlaymaker興味を持ったエマは、己の持つSOLテクノロジー社データバンクへの抜けを賭けて、ネット上でアプローチをかける。
草薙プログラムソースコードから癖を見抜き、その癖から草薙を介してPlaymakerを誘い出す文章を作成するという、互いにプログラムに精通しているからこその手段を使っていた。
途中データストームまれる事故はあったとはいえ、Playmakerに助けられ事なきを得る。やたら作画演出にも気合入ってたしヒロインかな?
デュエル自体は幾重にも戦術を絡めぶつけあった末にPlaymakerに軍配が上がったが、彼女の心に残る大きなデュエルだったようで、他人に見られたくないからか、取材していたマスコミデータをこっそり消去していた。
「おきのどくですが さつえいデータは きえてしまいました。」

使用カード

魔法使い族で統一されたカテゴリオルタガイストデッキを使用。
生物魔物コンピューター関係の名前を組み合わせたカードが多いのが特徴。
リンクモンスターも絡め、手札や墓地カードが往ったり来たりすることで成される大量展開に加え、強固な耐性でモンスターを守ることができ、モンスター効果による除去も多い。

作中では何重にも戦略を固めてPlaymaker突したが、警し発動させまいとしていたPlaymakerの「Storm Access」で状況が打開される。
登場した《エクスコード・トーカーが特殊召喚先のモンスターゾーン自体を封殺することで、手札の防御札オルタガイスト・クンティエリ》の効果を封じられ、様々な効果を加えた末に整った「直接攻撃」+「連続攻撃」のコンボにより、惜しくも敗れ去ったが、強みになる効果を一通り網羅した実戦的な戦術を、カード効果が初見な状況の多いアニメで成し遂げているのは驚嘆の一言である。

スピードデュエルでのスキルシークレット・キュア」
デッキトップモンスターが出るまでめくり、めくったモンスターを手札に加え、それ以外のカード墓地に送り、めくったモンスターの攻撃分のライフを互いに回復する……という、遊戯王より他のカードゲームでやりそうな
不確定なサーチカードだが、魔法カード墓地に送る副次的作用もあり、デメリットも「デッキ減少」と「相手のライフめて回復する」程度、と非常に軽微。
さらに相手ターンでも発動できる誘発速時効果扱いなのか、Playmakerカード効果にチェーンして発動。これにより、Playmakerライフ1000以下から外し、PlaymakerスキルStorm Access」を使用するための調整をに帰している。デメリットを効率よくメリットに変えるのは流石としか言いようがない。

この動画作るのに徹夜だったんだから。少しは褒めてほしいわ

関連商品はこちらよ

おきのどくですが かんれんこうもくは きえてしまいました。

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/19(火) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/19(火) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP