今注目のニュース
沖縄にコロナ疎開した一家に、楽しかったのか聞いてみた
ついに人形が勝手に動く、顔面蒼白のポルターガイストが撮影される
所持金2万円で打つパチスロ「まどマギ」久々のコンチ音に…震えた

遊☆戯☆王ヴレインズ単語

ユウギオウヴレインズ

  • 66
  • 0
掲示板をみる(1.6万)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(66)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

を掴め― Into the VRAINS

遊☆戯☆王VRAINS

遊☆戯☆王ヴレインズとは、2017年5月10日よりテレビ東京系列で放送されていたアニメ作品である。

概要

NASテレビ東京製作の「遊☆戯☆王アニメシリーズ6作
公式twitterなどによると当初2017年4月放送開始予定であるかのように喧伝されていたのだが、雑誌情報により2017年5月開始にめられている。4月から本編開始までは、場を繋ぐための特番『遊戯王LABO』が放送され、制作現場の紹介等が行われていた。
そのため、今までの作品より情報開のペースが遅く、先行して主人公藤木遊作イメージビジュアル開されていたものの、タイトルが正式に発表されたのは2017年2月20日メインスタッフや担当声優が判明したのが3月25日、十分な情報表されたのは4月21日の段階である。

スタッフは前作とは違いデュエル構成以外一新されたが、シリーズ構成には再び吉田伸作曲担当は『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』以来となる光宗信吉を迎えている。
監督は『初代遊戯王』『遊戯王DM』で演出を担当し、『ドラゴンボールZ 神と神』などを代表作とする細田が務めていた。
しかし14話から事前予告なしに制作体制が変更され、監督浅野勝也が引き継ぐ。また同話以降、『機動戦艦ナデシコ』や『宇宙のステルヴィア』などを代表作とする佐藤竜雄が監修に入っている。
また、本作ではこれまでのようなスタジオダイス側のキャラクターデザインはなく、アニメスタッフ側でキャラクターデザインが行われている。
デザインを担当するのは、テレビ東京遊戯王シリーズのこれまでの全作品に関わっている原憲一である。

本作のテーマは「一歩を踏み出し、トライしよう!」であるが、これには過多な情報社会により、すぐにデータを収集することが出来てしまい、それにより断念してしまう子どもたちに対して、一歩を踏み出しトライして欲しいという思いが込められている。言っていることは前々作の「かっとビング」から3作連続である。

本作のデュエルは「VR間」という特殊な間で行われる「VRデュエル」であり、バーチャルリアリティ仮想現実)を中心にしたものとなっている。デュエルの形式は、ライフ4000以外は新マスタールールに近い「マスターデュエル」の他、ルールが大幅に省略された「スピードデュエル」という簡易ルールも採用されており、状況によって使い分けられる。詳細は単語記事を参照。
アニメディアに掲載された吉田インタビューによると、タイトルの「VRAINS」とは「VR(仮想間)」「AI人工知能)」「NS(ネットワークシステム)」を表す造であるとの事。

本作の放送時間は水曜18時25分からと、3作遊☆戯☆王ファイブディーズ」までの時間帯に近い場所に変更された。
また、前作「遊☆戯☆王アーク・ファイブ」と同様にニコニコ動画で配信される事も決定したが、本作も開始直後は配信は行われず、ファンを非常に不安視させていた。遊戯王以外のアニメ作品から見れば非常に遅い段階だが、それでも前作よりかなりタイミング動画配信が確定し、2017年6月6日より「あにてれあたーで配信がスタートする。
前作同様最新話は一週間無料配信であり、毎週火曜日0時更新とほぼ6日遅れとなるのも前作同様。生放送21時30分開始。カードゲームを取り合うが大丈夫か?

2019年9月25日に放送を終了。テレビ東京制作遊戯王シリーズの中では最短となる約2年5ヶの放送期間となった。
遊戯王5D's以降のシリーズでは3年間の放送が通例となっており、半年ほど放送終了するのは異例のことである。

アニメシリーズ次回作「遊☆戯☆王セブンス」は2020年4月より放送開始したが、それまでの約半年間はアニメ遊戯王現行作が放送されない空白期間となった。
そしてアニメーション制作及び製作体制も変更され、ぎゃろっぷ及び日本アドシステムズ遊戯王シリーズに関わるのはこの作品が最後となった。

あらすじ

ネットワークシステムの進んでいるDen City(デンシティ)では大企業SOL テクノロジー社』が作り上げた高度なネットワーク技術により、
LINK VRAINS(リンクレインズ)』と呼ばれるVR間が構築され、そこで行われるVRデュエルに人々は熱狂していた。

しかし、デュエルによるハッキングを仕掛けるハッカー集団『ハノイの騎士』が『LINK VRAINS』に出現。
ネットワークのどこかに存在するという『AIたちの世界=サイバース』を滅亡させるために『LINK VRAINS』に侵攻する『ハノイの騎士』。
その脅威に立ち向かう決闘者Playmaker”。その正体である『藤木遊作』は、過去に起きた事件の相を探るため、VRAINS に出没する『ハノイの騎士』を追っていた―――。

登場人物

Den City

藤木遊作藤木遊作(ふじき・ゆうさく) アカウント名:Playmaker 担当声優:石毛
本作の主人公クールで非常に頭が切れる高校生。状況判断にも長けるが、立つことを嫌う。VR間では決闘者Playmaker」として、『ハノイの騎士』を追う。その裏には10年前のロスト事件から始まった、彼が「復讐」と断言するほどの重い過去がある。
デコード・トーカー》《ファイアウォール・ドラゴンを切り札とする、本作初登場の種族【サイバース族デッキを使用。
草薙翔一(くさなぎ・しょういち) 担当声優木村昴
Den City内で移動販売を用い、ホットドッグ屋を営んでいる男。実は遊作と的を同じくするハッカーであり、彼の過去に関わっている。
遊作と同じロスト事件被害者になってしまった草薙仁(担当声優鈴木崚汰)がいる。
基本的にハッカーとしてLINK VRAINS外から遊作の行動を支援デュエルは行わないが、闇属性戦士族の【コードブレイカーデッキを所持している。
財前葵(ざいぜん・あおい) アカウント名:ブルーエンジェル / ブルーガール / ブルーメイデン 担当声優中島由貴
遊作の同級生であり、立つことを嫌うという共通点がある。
一方、その正体はVRデュエルにおけるカリスマ決闘者であり、「ブルーエンジェル」としての彼女現実とは逆のガチアイドルになる。
行動のたびに細かいダメージを積み重ねるのが特徴の属性天使ガチデッキトリックスターデッキを用いて、高速で相手のライフを削りきる。アクアと協後は属性サイバース族の【海晶乙女マリンセス)】デッキを使う。
鬼塚豪(おにづか・ごう) アカウント名:Go鬼塚(ごぅ~) 担当声優濱野大輝
外見もデュエル強いパワフルな19歳の決闘者と同様、現実VRで見たが変わらない。児童養護施設出身であり、恩返しと子供たちの笑顔のためにデュエルで賞を稼いでいる。使用するデッキプロレスモチーフとした地属性戦士族【剛鬼(ごうき)】。2年のみ地属性恐竜族でのプロレスモチーフとした【ダイナレスラー】。
島直樹(しま・なおき) アカウント名:ロンリーブレイヴブレイヴマックス(名) 担当声優沢城千春
遊作と同級生デュエル部所属で情報通。
第1話の時点でLINK VRAINSの実戦経験は皆無だが、ある時期からLINK VRAINSデビューを果たす。
族】デッキを所持している様子だが……。
別所エマ(べっしょ~) アカウント名:ゴーストガール 担当声優鎌倉有那
情報収集などを得意とする、腕利きの「電脳トレジャーハンター」であり、ハッカーとして相当な腕前がある。
SOLテクノロジー社との取引により、Playmaker=遊作を探っている。
使用デッキ魔法使い族で統一された【オルタガイスト】。
穂村尊ほむらたける) アカウント名:Soulburner 担当声優梶裕貴
不霊夢と行動を共にする少年ロスト事件被害者の一人。炎属性サイバース族の【転生炎獣サラマングレイト)】デッキを使う。

ハノイの騎士

鴻上了見(こうがみ・りょうけん) アカウント名:リボルバー 担当声優武内駿輔
ハノイの騎士』のリーダー。何らかの的があり、「イグニス」と呼ばれるAIを捜索している。
使用デッキは闇属性ドラゴン族の【ヴァレット】【ヴァレル】モンスター中心だが、配下に託していた機械族のクラキングドラゴンや、スキルデータストームから獲得した闇属性サイバース族リンクモンスタートポロジックも使用している。
スペクター 担当声優鍛冶本大
リボルバーの補佐官。ロスト事件被害者の一人。地属性植物族の【(サンアバロン)】【蔓(サンヴァイン)】デッキを使う。
鴻上聖(こうがみ・きよし) 担当声優菅生隆之
リボルバーと共に、「イグニス」と呼ばれるAIを捜索している人物。
ドクター・ゲノム 担当声優桐本拓哉
バイラ(響子) 担当声優小清水亜美
ファウスト麻生) 担当声優三上
ハノイの三騎士と呼ばれる幹部たち。鴻上聖の元助手。
パンドール 担当声優香里
リボルバーが作った対イグニス用のAI。4体存在し決闘者サポートのみならず直接デュエルもできる。
使用デッキは闇属性サイバース族の【トポロジーナ】だが、リボルバー同様トポロジックリンクモンスターも使用している。

SOLテクノロジー社

財前晃(ざいぜん・あきら) 担当声優山本匠馬
SOLテクノロジー社セキュリティ部長であり、の義。義理とはいえ、にとって一の親である。
ハノイの騎士からLINK VRAINSを守るべく日働いているが、仕事の都合上と二人暮らしでありながらなかなかに帰れていない。LINK VRAINS内でも全く姿を変えずに登場する。
クトゥルフ神話というしいモチーフを持つ闇属性悪魔デッキティダングル】を所持している。
クイーン 担当声優小山めぐみ
財前晃の上イグニスの捕獲を的にバウティハンターチームの管理を財前晃に任せた。部下に対して敬語も混ぜて話す。長身(?)でスタイルが良い。
レベルモンスターの【魅惑の女王】を使用する。

サイバース世界

Aiアイ) 担当声優櫻井孝宏
SOLテクノロジー社』と『ハノイの騎士』の両者に追われている存在。両者からは「イグニス」と呼ばれ、物語当初のクレジットでは謎の生命体表記であったが、彼を捕獲した遊作に適当名づけられる。
人工知能でありながら、お調子者な性格を有している。また、当初は身体を奪われていたが、リボルバーから体のデータを取り返したことで身体を取り戻し、現実世界に姿を見せることすらできるようになっている。
3年にはアバターを一新し、ソルティスを用いて現実世界でも行動を開始。サイバース族の【イグニスター】デッキで複数の召喚方法を駆使する。
不霊夢フレイム) 担当声優八代拓
作中2番に登場したイグニスであり、穂村尊と行動を共にする。
ウィンディ 担当声優鈴木千尋
3体イグニスリンクレインズ内にエリアを作っていた。使用デッキ属性サイバース族の【闘機(ストームライダー)】。
アース 担当声優岡林史泰
4体イグニス。人の木を生成してデュエルを行う。使用デッキは地属性サイバース族の【Gゴーレム】。
アクア 担当声優川澄綾子
真実を見分けるがある5体イグニスサイバース世界でのサブリーダー女性ツインテールのような頭部が見られる。
ライトニング 担当声優前田一世
6体イグニスイグニス達のリーダー格のようだが…。使用デッキ属性サイバース族の【騎兵アルマートス・レギオー)】。

謎の集団

ボーマン 担当声優松田賢二
大柄の謎の男サイバース族の【ハイドライブデッキを使う。
ハル 担当声優白石涼子
ボーマンと行動を共にする少年。ボーマン同様【ハイドライブデッキを使用。

その他

道順健碁(どうじゅん・けんご) アカウント名:ブラッドシェパード 担当声優奥田隆仁
的のためなら手段を選ばない凄腕の賞稼ぎ(バウティハンター)。【ドローンデッキを操る。
上白河綺久(かみしらかわ・きく)  担当声優島袋美由利
穂村尊とは幼馴染高校生回想シーンでは学校に行かない穂村尊を心配していた。
杉咲美優(すぎさき・みゆ) 担当声優藤原夏海
の幼少期の友人で、ロスト事件被害者の一人。幼少期は孤独だったに対してをかけ、一緒に遊んでいた。
ロボッピ 担当声優高橋未奈美
遊作の事用ロボットだったが、Aiとの接触で「かしこく」なっていく。3年にはAiと行動を共にし、モチーフ機械族【機塊】デッキを使用する。

スタッフ

楽曲

オープニングテーマ

エンディングテーマ

関連動画

関連静画

関連商品

関連チャンネル

2017年6月6日(火)より絶賛配信中。Into the VRAINS!

関連項目

一般項目

関連用語、関連タグなど

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/05/31(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2020/05/31(日) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP