今注目のニュース
品川祐、相方・庄司に怒り爆発 「吉本興業が色々あったときも…」
「大人になるとツライことばかり」若い人にはなるべく言わないほうがいい Twitter漫画に共感の声
『スッキリ』母親への“抱っこ紐外し”に怒りの声 「殺人未遂では…」

大きいお友達単語

オオキイオトモダチ

掲示板をみる(362)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

大きいお友達とは、児童(少年少女)向けのアニメ漫画特撮番組などに夢中になる大人マニアオタクのことである。

特に遊園地等で開催される特撮アニメ着ぐるみショーアニメ映画子供向けアニメ原作とした舞台の初回挨拶等、いわゆる「中の人」が登場するイベントに 、本来のターゲット層である「小さなお友達」(子供)に混じって参加する大人ファンす。

概要

この言葉が生まれたのは1990年代。当時の人アニメ美少女戦士セーラームーン』のイベントにおいて、強引な行動を取り、付近にいた子供を泣かせてしまったオタクに対し、イベントに参加していた声優久川綾が苦言、皮として使用したのが発祥とされている(イベント会者が口にしていたとの説もある)。略して「大友」とも呼ばれる。

本来子供向けに開催されたイベントであるにも拘らず、参加声優アイドル等を当てに群れを成して参加する彼等の姿は傍から見れば異様であり、中には撮影当てで最前列を占拠したり、参加アイテム買い占めを行ったりといった言や報道が多いこともあって、蔑称としての意味合いが非常に強い。インターネット上でも、番組の掲示板閉鎖されるような書き込みを行ったり、人気投票に群がったりと、その行動は常に問題視されている。

イベントによってはこれら「大きいお友達」に「小さいお友達」が押し退けられる事態を懸念し、保護者以外での参加に制限を設けたり、子供大人の席を分ける等の対処を行っている場合もある。
特に小学館系列制作催の女児向けアニメイベントにおいては男性や保護者以外の者は参加できない等、底的に排除する体制を取っている作品もある。

当事者自らがこの言葉を使う場合、自嘲的、自虐的なニュアンスを含むことが多かったが、最近ではイベント開催者の認識の甘さが摘されたり、「を落とすのはオタクだ」「製作側がそういうに(オタク受けするように)作っているんだからいいだろう」という自分勝手な、果てには「自分達は紳士だ」「正義大友だ」と開き直る者も立つようになってきている。

しかし、これらの少年少女向けコンテンツの繁栄は、言うまでもないことだが本来のターゲット層である小さいお友達(小友)人気にかかっている為、大友にとって小友の動向は関心の的となっている。とはいえ、小さなお友達が萎縮しないように、あえて大きいお友達が食いつかないデザインを起用して成功した作品もある。

ジャンルによっては、イベントに参加する大きいお友達自らが自治を行っている場合もある為、参加する際は注意しよう。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/21(土) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/21(土) 20:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP