大日本帝国海軍単語

ダイニホンテイコクカイグン

  • 11
  • 0
掲示板をみる(361)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

大日本帝國海軍とは、かつて大日本帝國に存在していた海軍の軍隊である。

タグ動画検索大日本帝國海軍 or 帝國海軍 or 大日本帝国海軍 or 帝国海軍exit_nicovideo 
あるいは(旧)日本海軍といえばこの帝国海軍をさす。

概要

大日本帝國」を守る大日本帝國海軍は、現在海上自衛隊海上保安庁の前身である。

明治4年(1872年)に「兵部省」から「海軍省」として設立され、昭和20年1945年)に解体されることになる。
創設当時は幕府海軍の残余艦艇及び各の艦艇を合わせて創設されており、日清戦争における戦、日露戦争における日本海戦など要な戦に勝利。また幾度かの海軍計画に基づき艦艇を配備し、大東亜戦争突入前で艦艇385隻。航空機3,260機を擁する世界有数の海軍組織となっていた。

三笠@三笠公園

しかし日中戦争から大東亜戦争終戦時における実戦参加可な艦艇数は駆逐艦30隻・潜水艦54隻という有様で、往年の雄姿からは想像もつかないものとなってしまっていた。
(この他の艦艇は襲などにより損をうけ実戦参加が難しい状態であった。例えば艦艇は戦艦長門」(中破)、軽巡酒匂」(小破)。空母は「葛城」「隼鷹」も中破の状態。「鳳翔」は事だったが小のため実戦には向かなかった。他の艦艇も同様で大なり小なり損をうけており、沈まなかったもののその大多数が大破着底というかたちである。)

帝国海軍を代表する艦艇としては日露戦争における連合艦隊旗艦であり今も横須賀にある「三笠」。46cmサンチを搭載した戦艦大和」「武蔵」の他、海軍休日(ネイバルホリディ)の間、ビッグ7とたたえられた「長門」「陸奥」、空母の「赤城」「加賀」などがあげられるだろう。航空としては、零式艦上戦闘機九七式艦上攻撃機九九式艦上爆撃機局地戦闘機紫電改一式陸上攻撃機などがあげられる。

また、大日本帝国陸軍との仲は閥争い的意味で良くなかった。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 359ななしのよっしん

    2020/03/31(火) 14:12:26 ID: tQYA5SGIiw

    そういった英語でもjieitaiと言わせるというのは理だろうね
    上手くいったとしても金閣寺(kinkakuji temple)よろしくjieitai forseって呼ばれるだけだな
    forseなんて色んな意味あるんだから別に一般の解釈に従わずに個人で自衛のとか思ってればいいよ

  • 360ななしのよっしん

    2020/05/31(日) 05:21:57 ID: Qm/fldJdW8

    >>359
    まあ訳すときのややこしいのはセルフディフェンスだしそこは良くね
    今はもう定着しちゃってるから仕方ないっちゃ仕方ないんだが、自衛隊はジエイタイという固有名詞で理やり訳してセルフ・ディフェンス・フォースと当てるのはやっぱり違和感があるんじゃないかと
    翻訳の質は当時の防衛庁の中の人英語の問題だと思うが

  • 361ななしのよっしん

    2020/08/17(月) 02:42:21 ID: nmM+JAR3mv

    >>356
    事とか航空管制とか、万共通のコミュニケーションで使う文言だから、なかなか日本独自の文言を使うのは難しいんじゃないかな。特にの上だと船長やら航士が独自の判断で行動しなきゃいけないから、どこののどんな船長でもわかる言い回しにしないといけないだろうし。

    民間船舶はこう、軍艦はこう、というルールが決まっていて、護衛艦軍艦として扱われている以上、政治々は置いておいて、安全のためにもJapanese Naval ShipJapan Navyを使うのが妥当と思うけどねぇ。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/21(水) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/21(水) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP