今注目のニュース
りんごちゃん、美容室帰りに起きていた悲劇に気づかず 「慌てん坊ですね」
さんま、「ラブメイト10」放送できない理由語る
「肩車してあげる」は魔法の言葉 男に誘拐されかけた2歳女児がギリギリで保護

宝島単語

タカラジマ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

宝島とは、

  1. ロバートルイス・スチーブンソン著の子供向け海洋冒険小説の邦題。
  2. 上記を原作にした、日本テレビ系列1978年に放映されたアニメ、及びその主題歌
  3. THE SQUARE(現T-SQUARE)の手による楽曲。
  4. 鹿児島県トカラ最南の有人
  5. 160直木賞を受賞した真藤順丈小説
  6. 関東地方で出店している焼肉チェーン店。→焼肉宝島

である。

1. 宝島(Treasure Island 海洋冒険小説) の概要

1881年~82年にかけて子供向け雑誌『Young Folks』誌上にて連載されていた作品で、83年に一冊の本にまとめられて出版された。原題は“The Sea Cook, or Treasure Island”。

ベンボー亭の宿泊客ビリーボーンズの遺品の中に、宿屋の一人息子であるジム・ホーキンスは古ぼけた一枚の地図をみつける。それは大海賊フリントがその生涯において集めた宝の隠し場所を示したものであった。

ジムは知り合いの医者のリブシー先生と有者のトレローニのを借り、遠眼鏡屋の人であるジョンシルバーの手配により船をしたて、宝探しのに出る。

だがシルバーフリントの宝を狙う海賊の首領で、彼が選んだ船の乗組員には部下である海賊たちが多数まぎれていたのであった。

2. 宝島(TVアニメ) の概要

チーブンスの古典を大胆にアレンジした、演出(監督):出崎統作画杉野昭夫のコンビの手によるアニメ。児童向け作品の範疇にとどまらず、重厚な大人ドラマを展開しているのが特徴。

とくにジョンシルバーは、コミカルな味を持つ原作キャラクターを大きく飛び越え、主人公ジムをはじめ劇中の男たちが憧れその背中を追っていく「男の中の男」として描かれ、を演じた若山弦蔵の魅も相まって、今なお多数のファンが存在する。

町田義人が高らかに歌い上げる主題歌である「宝島」は、アニメージュが宰した第一回アニメグランプリ・アニメソング部門の5位に入賞した名曲で、小学生向けの音楽教科書に掲載されていたこともある。

3. 宝島(曲:TAKARAJIMA, Takarajimaとも) の概要

1986年リリースされたTHE SQUAREアルバム、S・P・O・R・T・Sに収録されている曲であり、和泉(key:当時)によって作曲された。
リリコン(厳密にはTakecon-1。現在ではEWIが使われることが多い。)によるメロディと、テクニカルピアノソロが印的な優しいナンバーである。

その後、俊夫の手によって吹奏楽アレンジがなされ1987年版のニュー・サウンズ・イン・ブラスに収録され、楽譜が発売された事により吹奏楽ファンの間で定番曲になる。
吹奏楽版ではサンバを思わせるような賑やかなアレンジとなっており、同じくによって吹奏楽アレンジされたOMENS OF LOVEと同様に原曲リリースから20年以上経ってなお、日本各地の演奏会で演奏され続けるロングヒット曲となった。

現在でもT-SQUARE演奏会でも度々演奏されており、作曲者である和泉自身もT-SQUARE脱退後のソロライブなどで披露することが多い。

なお、ニコニコ動画上では原曲ファン吹奏楽ファンが対立するケースがしばしばあるが、作曲者の和泉自身は、ブログCDライナーノートを見る限りでは、による吹奏楽アレンジを「素晴らしい編曲」と好意的に評価している。

4. トカラの宝島 の概要

鹿児島県鹿児島十島村に属する。空港はなく鹿児島奄美大島間でトカラを結ぶ「フェリーとしま」が外とのな交通手段。

温泉がある。トカラハブというが生息しており、性はハブより弱いがそのため血清が開発されていない。

慶長14年(1609年)の薩摩琉球侵攻までは日本最南の有人だった。文政7年(1824年)にイギリス人がの強奪を試みたため争いとなりの役人がイギリス人一人を射殺する事件が起こり、異船打払のきっかけとなった。

宝島(HERO's ISLAND 真藤順丈の小説)の概要

160直木賞及び第9回山田風太郎賞を受賞した真藤順丈小説1952年から1972年までの沖縄、つまり米軍統治下から日本返還後までを描いている。

「戦果アギヤー」という、米軍基地から物品を盗み出す活動をしていたグスクとレイ、そしてヤマコの3人を中心に描いた群像劇レイでヤマコの人のオンちゃんは、戦果アギヤーの功績から英雄とされていたが、とある事件により行方不明となってしまう。その相を追うというのが大きなストーリーである。同時に米軍統治下における沖縄の動乱の様子が描かれており、又吉世喜や屋良苗、瀬長次郎といった実在の人物たちと主人公たちが関わる場面もある。

また本作の特徴として、小説中に琉球語のルビが振られている箇所が頻繁登場するということがある。例えば、小説の一番初めのページで「さとうきび」と書かれている部分に「ウージ」というルビが振られている。これ以降も同じようなルビが続き、小説を読んでいるだけで、自然沖縄の息遣いに親しみを持てるようになっている。

関連動画

関連商品

関連項目

1.の関連項目

2.の関連項目

3.の関連項目

4.の関連項目

5.の関連項目

この記事を編集する

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/07/05(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/05(日) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP