今注目のニュース
アニメ「鬼滅の刃」声優・下野紘は「声のデカさならまだ2割」今後にフルパワー発揮か!?
紙くずを混ぜ続けてミニチュア包丁を作ってみた → キュウリをスパッと切断する硬く頑丈な包丁が完成
仕事中の「にゃーん」呟きでクビ? 「社会性フィルター」への対処法は

戦地調停士シリーズ単語

センチチョウテイシシリーズ

掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

戦地調停士シリーズとは、上遠野浩平によるミステリー×ファンタジー小説シリーズである。講談社ノベルス刊。

シリーズ初期の頃はファンの間で「事件シリーズ」と呼ばれていた。

概要

2000年に刊行された『殺事件』を始めとした作品群で、既刊5巻。

、口絵イラストの担当は4巻までが金子一馬、5巻ではやまざきもへじが担当した。

他の多くの上遠野作品と同様に1巻毎に完結しているが、物語論同じ世界観で進行している。
また「ブギーポップシリーズ」とは"別次元世界"としてリンクしており、こちらの世界赤ん坊があっちに行ったり、あっちの世界の漂流物がこっちに流れ着いてきたりしてる。

魔法も存在するファンタジー世界観でミステリーを成立しているため、本シリーズには

った形での制約が定められており、このルールに則った上で読者は推理を読み解く事が可となっている。

物語

世界最強の存在である『』が住む土地において、ある国家戦争終戦協定が行われる。

その調停を行うのは、「土のない帝国」と呼ばれる世界最大の通商連合『七海連合』から派遣された『戦地調停士』であった。

"弁舌と謀略で歴史の流れを押さえ込む"とまでわれる戦地調停士が巻き込まれる事件とは―――

以上が1巻『殺事件』のあらすじ

2巻以降も、それぞれ別の舞台で起きた事件を描いた「ミステリー」仕立ての物語となる。

登場人物

  • ED(エド)
    本名エドワース・シーワークスマークウィッスル。EDと聞いて"性機"とか"エンドロール"とか浮かぶ人も多かろうが、人名である。
    常に顔の上半分を隠している仮面の男。世界23人しかいない『戦地調停士』の一人で、趣味で『界面干渉学』と呼ばれる学問も学んでいる。奇人変人、楽観的かつ慎重で、他人の心情をみ取る一方でヤケドライ常識に欠けていると思ったらヤケに理知的な面も見せる。
    人の先を往く「先駆者」であり、それゆえに親友であるヒースロゥを「王」にしようと考えている。 
  • ヒースロゥ・クリストフ
    本来はリレイズの軍人だが、七海連合に出向しているEDの相棒。階級は少佐。多くの事件や紛争を解決した事で、『騎士』と呼ばれ英雄視される人物。その実は尋常ではないレベル。 
    困っている人間は見逃せない性でありながら、同時に現実的・即物的な側面での判断をこなし、合理的だが無慈悲ではない思考をする。騎士としての誇りと礼節を忘れないが、それの持つ効果なども利用する強かさも併せ持つ。
    人の上に立つ「王者」 の才覚を垣間見せる。
  • レーゼリスカッセ
    カッターの特務大尉物語り部。若いものの優秀な軍人で、冷静な視点を持ち、頭の回転もい事から柔軟に事態に当たる事が出来る才女だが、1巻では「若い女性であること」を政治的理由に調停の立合人に選ばれる。
    基礎しか学んでいないが賭博の素質があったようで、腕は海賊人間から見ても達人級。ヒースロゥとは学校の同生。 

用語

  • 戦地調停士
    七海連合に所属する特殊戦略軍師。世界中に派遣軍を持ち、将軍ですら100人いる組織において僅か23名しか存在しない。
    "弁舌と謀略で歴史の流れを押さえ込む"とまでわれ、「どの営の味方にもならないが戦争を終わらせる」というただ一点のみであらゆる手段を講じる。ただし、調停士の中には戦後の復などを考慮しないやり方を取る者もいる。 
  • 七海連合
    "土なき帝国"と称される世界最大の通商連合。大元はかつて起きた世界的大災害に際して、流通を確保するために集まった商人の組織である。 

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/21(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/21(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP