今注目のニュース
さんま、「ラブメイト10」放送できない理由語る
「危険を承知で…」 球磨川氾濫に派遣された自衛隊、迅速な出動に反響
「肩車してあげる」は魔法の言葉 男に誘拐されかけた2歳女児がギリギリで保護

上遠野浩平単語

カドノコウヘイ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(108)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

上遠野浩平(かどのこうへい)とは、日本小説家SFミステリライトノベル作家

苗字読みは「かどの」であって「かみとおの」や「うえとおの」ではない。称は「かどちん」。

概要

1998年、第4回電撃ゲーム小説(現・電撃小説大賞)大賞を『ブギーポップは笑わない』で受賞しデビュー

当時はまだ後発の弱小レーベルだった電撃文庫で圧倒的な発行部数を記録し、電撃文庫ライトノベルトップレーベルへと押し上げる最初の起爆剤となった。同時にライトノベルそのものの確立セカイ系の発展にも大きな役割を果たしたとする書評も多い。

人物

デビュー前は会社員やりながらモデラーも趣味にしてたり。漫画家である荒木飛呂彦の作品(特に『ジョジョの奇妙な冒険』)のファンで、洋楽鑑賞の趣味などもを受けている。
余談だが西尾維新荒木飛呂彦との対談の際、小説家での世界一荒木飛呂彦ファンとして上遠野の名前を挙げていた。2011年には『ジョジョ』のノベライズ西尾と共に手がけている。

ファンタジーSF流だったライトノベルに、「ジュヴナイル」として既に流から外れた扱いであった「学園伝奇」というジャンルを再び新しい形で持ち込んだことで、その後のライトノベルの流れを変えるきっかけともなる。「セカイ系」の確立を担った作家と分析している文献なども散見される。

西尾維新奈須きのこ佐藤友哉入間人間など[1]が上遠野浩平のを受けていることを言しているなど、後進の作家に与えたも大きい。西尾く「ラストゴッド」。上遠野が持ち込んだ「日常の中の非日常」を描く作2011年現在まで、非常に多く見られるようになっている(一時期の電撃大賞の応募作はこのジャンルだらけだったらしい)。

2000年講談社ノベルスから『殺事件』を刊行。ライトノベルレーベルの新人賞からデビューして他社の一般レーベルへ進出した初の作家となった。以降電撃文庫でもシリーズを描き続けながら、講談社を始めとした様々なレーベル[2]にまたがって伝奇、ミステリSFなど多数の作品を発表し続けている。

世界観

上遠野作品は全ての作品がリンクし合っており(ノベライズ作品である『マーズ方程式』『恥知らずのパープルヘイズ』を除く)そのため上遠野作品全般をまとめて「上遠野サーガ」とも呼ぶ。

内容は複雑すぎるほどに絡み合っており、全てを把握している読者は居ないとも言われている。その為コアファン達は新刊が発表される度に、2chの専用スレなどでリンク点を探すのが常態化してきた。ある作品のキャラが他の作品で脇役として登場したり、ある作品の根幹を担う重要な設定が全く別の作品で明かされたりといったことが常である。

が、そのリンク構成とは逆に、シリーズ化している一部を除いた全作品が単作で完結している。と同時に、全ての作品が出版社を問わず世界リンクしているのも特徴。

電撃文庫作品のイラストデビュー作から一貫して緒方剛志が担当しているが、だいたいいつも炎上している
他の作品でイラストを担当したのは金子一馬中澤一登、椋本斉藤岬といった面々で、こちらは短いシリーズもあるものの見事に描き分けられている。

関連動画

関連商品


関連静画

関連項目

脚注

  1. *他には時雨沢恵一が自身の電撃文庫への投稿のきっかけとしてブギーポップを挙げている他、高橋弥七郎ハセガワイスケ、おかゆまさき成田良悟っている
  2. *電撃文庫講談社の他は、徳間文庫、富士見書房祥伝社集英社など
この記事を編集する

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/07/05(日) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/05(日) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP