今注目のニュース
美味しんぼ「とんかつの厚切りは貧しいころの後遺症」 本当か試してみた結果…
テトリミノが降ってくる『テトリス』時計を作ってみた
目と耳の両方が不自由な男性が飛行機内に。どうやって助ければ?15歳の少女が率先して男性を導いていくその姿にやさしさが連鎖した(アメリカ)

漫画アクション単語

マンガアクション

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

漫画アクションとは、1967年双葉社から創刊された青年漫画雑誌である。

概要

初の青年漫画雑誌である。この雑誌の人気を見て、様々の出版社が青年層をターゲットにした雑誌を発刊することになった。

この雑誌から有名なった人や不動の地位に立った人が多いことで有名である。

など様々な名作を生み出している。

休刊の危機と奇跡

出版社のが弱いせいなのか部数低迷による休刊の噂が流れるが、ヒット作を出すことで部数の持ち直すという奇跡を起こしている。よく名前が挙げられるのが、2700万部発行の「ルパン三世シリーズ3000万部発行の「じゃりン子チエ」、そして7000万部発行の「クレヨンしんちゃん」であり、それぞれ休刊危機を救った救世主となっている。他に時代劇ヒットした子連れ狼1100万部)、かりあげクン1500万部)など。それゆえ業界では、「漫画アクションにはが吹く」とまでいわれた。同誌の漫画賞もこれにちなみ、「賞」となっている。

特にを吹かせた作品として、70年代ルパン三世80年代じゃりン子チエ90年代クレヨンしんちゃん双葉社が誇る大ヒット作として扱われることが多い。

しかし、「クレヨンしんちゃん」以降は大きなヒット作が恵まれず、頼りの「クレヨンしんちゃん」も人気になったことによりファミリー漫画の「まんがタウン」へ移行、同時に「かりあげクン」、「鎌倉ものがたり」も移行したために2003年に復刊を前提とした休刊をする。

2004年2回発行の雑誌として復刊し、成人向けなとこもあるが、正統派青年漫画雑誌として再起を図っている

神風はまた吹く

正統派青年漫画雑誌として復活したものの内容としてはパンチが弱い作品が多く、有名作の作品を投入するも思っていた以上に伸びないということも多かった。

しかし、こうの史代の「この世界の片隅にシリーズでジワリと人気を増し、後にドラマ化や実写映画化となったため双葉社にとっては2000年代から2010年代作品の一つになったと言っても過言ではない(なお、他社の雑誌作品や過去双葉社の作品の設定を統合したものであり、純双葉社の作品ではないが、結果的には双葉社を救う作品となった)。2016年末に100万前と言われており、双葉社の作品としては物足りないが、今の時代では大いに盛り上げた作品である。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP