三丁目の夕日単語

サンチョウメノユウヒ

3.9千文字の記事
掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「三丁目の夕日」とは、ビッグコミックオリジナルに連載作品である。なお、単行本ではタイトルが「三丁目の夕日 夕焼け」となっている。

 この作品はアニメ化実写化されているがここでは原作マンガについて説明する。アニメ版・実写映画版にも軽く触れる。

概要

 西の代表作で2021年3月現在、68巻まで発売中。このほかにも総集編コンビニ版など各種テーマ別の単行本も出ている。形式は一話完結オムニバス形式で過ぎ去りし昭和30年台の懐かしさを感じさせる作品である。話は昭和の流行や文化風俗モチーフにした話や昔の古典名作パロディ人生の楽しさや切なさを感じさせる恋愛・死や失恋テーマとした話、不思議な話など多岐にわたる。

 最近は原作者の体を考慮し、一回の連載になっている。

 基本的には三丁舞台の話であるが、時代劇西部劇、果ては未来舞台の話もある。

登場人物

オムニバス形式なので1話だけの主人公や登場人物も多いため一部のみ紹介する。なおWikipediaexitにはかなり詳しく書いてある(詳しすぎるのでネタバレに注意。最後にちゃぶ台あって吹いたw確かに登場したけどw)

鈴木家(六さんたち含む)

一平の学校仲間(先生含む)

茶川家(?)

木下家

その他

登場動物

アニメ版

 1990年から翌年3月にかけて放送。制作TBS系毎日放送

 概ね原作の雰囲気をそのままにアニメ化されたが、金曜よる7時から30分と、よりによってドラえもん」の裏にぶつけてしまったために27話で終わる。いずれも原作に基づくストーリーで、アニメオリジナルの話はない。

 OPテーマは通じて富田靖子の「かくれんぼ」、EDテーマは前半が「What a Wonderful World」の日本語歌詞版、後半はやはり富田靖子による「宝石」だった。

 映画開の折などにTOKYO MXなどで再放送されている。
 このほか、映画化以前にオーディオブックとして静止アニメ作品が販売されたことがある。

 余談だが、TBS系バラエティ番組「ぴったんこカン★カン」で移動中に流れる「テーレレレレレレテーレレレレレレレー」というBGMは、元々はこのアニメの場面転換時に使われていたものである。

実写映画版

ALWAYS 三丁目の夕日」のタイトル2005年11月5日開。監督山崎貴役は之介に変更されており、吉岡秀隆が演じた。
本作は批評家から高評価を受け、第29回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を始め、12部門で最優秀賞を受賞した。
続編「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が2007年11月3日に、「ALWAYS 三丁目の夕日'64」が2012年1月21日開された。

関連動画

関連商品

原作コミック

映像

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/30(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/30(月) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP