植田まさし 単語

106件

ウエダマサシ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
曖昧さ回避
  1. 植田まさし - 日本漫画家当記事にて記述する。
  2. 木直田まさし - かつて、上記人物の作品を元に動画投稿していたユーザー該当記事参照
  3. 植田まさし - ユーザー生放送で配信している生放送主該当記事参照

植田まさしとは、日本出身の漫画家である。代表作は「コボちゃん」。

概要

経歴

1947年5月27日生まれ。東京都育ち(幼少期の一時期香川県で育つ)、中央大学文学部哲学科を卒業

1971年、『衝撃マンガ2題』(週刊漫画TIMES増刊号)にて「まち・あみち」名義でデビューする。

1982年4月1日より、読売新聞刊に「コボちゃん」が掲載開始。2021年1月7日に最多連載回数13750話を達成。2022年4月1日に連載40周年を迎え、現在も連載を続けている。

執筆スタイル*[1]

*読売新聞刊に掲載中の「コボちゃん」について記す。

毎日、(休刊日以外)発行される刊の新聞に40年以上も連載を続けているが、一週間分などのようにまとめて入稿するわけではなく、掲載される前日に書いている。原稿の締め切りは、掲載される前日の過ぎだが、一度も原稿を落としたことがないという。

上記のスタイルのため、ニュース話題になる事が数日後に漫画ネタになっているのは、納得できるであろう。

漫画家になったきっかけ*[2]

もともと絵を描くことが好きだったが、漫画が好きで漫画家になったわけではないので、プロとして漫画を描くまでは4コマ漫画以外の一般的な形式の漫画は描いた事も読んだ事もかった。

新聞4コマ漫画以外は読んだ事もかったため、いたずら書きとして書いたものも自然4コマ漫画になった。

あるとき、いたずら書きで書いた4コマ漫画家族読み「面いから、どこか出版社に持って行っては?」と進められ、飛び込みで持ち込んだところ「受かりまして使わせて頂きます」と掲載のチャンスをつかみ、漫画家デビューを果たす。

作品

関連項目

出典

*[1][2]ショナイの話 -2013年02月25日放送を元に記述しました テレビ朝日「ショナイの話」バックナンバー2月25日exit

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
天外魔境II[単語]

提供: は に わ

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/16(火) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/16(火) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP