秘密(東野圭吾)単語

ヒミツ

1.5千文字の記事
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

秘密(ひみつ)とは、東野圭吾ミステリー小説である。

概要

東野圭吾の出世作であり、1998年9月10日文藝春秋から発売された。京極夏彦との対談で本人がっているところによれば、もともとは笑える小説として書いたつもりが結果的に泣ける話になってしまったという。1998年度のベストミステリーとして話題となった名作で、「週刊文春ミステリーベストテン」第3位、「このミステリーがすごい!」第9位にランクインしたほか、東野はこの作品で第52回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞している。

1999年には田洋二郎監督、広末子・小林ダブル演で映画化されたほか、2007年にはフランスリメイクされ映画化(タイトルは「秘密 THE SECRET」)。また2010年には志田未来演によるテレビドラマも放送されている。なお、それぞれの作品の設定は微妙に異なるがその説明は割愛する。

あらすじ

1985年自動車部品の勤から帰った杉田介は、朝食を口にしながら観ていたテレビ衝撃的なニュースを知らされる。それは妻・直子と・藻奈美が長野県実家へ向かうために乗った志賀高原行きのスキーバスが、崖から転落事故を起こし多数の死傷者を出したというものだった。直子は搬送先の病院死亡が確認されたが、藻奈美は奇跡的に死の淵から生還。しかし、その藻奈美の体に宿っていたのはなぜか死んだはずの直子の精であった。このことは2人だけの秘密となり、直子はの外では藻奈美としてふるまいつつ庭内では夫婦として介と共に生活。しかし徐々に男としてのパワーを失っていく介と、2度青春を積極的に生きようとする直子の間ではしだいに心の溝が生まれていく。一方で介はバス事故を起こした運転手の遺族と交流をもつようになり、事故背景に何があったか迫っていくことになる。

主な登場人物

杉田
自動車部品メーカーの生産工場に勤めるエンジニアバブル景気に向かっていく時代ということもあり多忙な日々を送る。スキーバス事故家族が巻き込まれたのをきっかけに奇妙な家生活に巻き込まれていき、の外見をした妻との関係に苦悩する。
杉田直子
介の妻。帰省中のスキーバス事故によって死去するが、どういうわけか藻奈美として転生する。その後は二度人生を自立した女性として生きようと決意、猛勉強の末著名な進学校に合格。青春謳歌する中で夫との轢が生まれる。
杉田藻奈美
介・直子夫妻の事故当時小学5年生で、一度は瀕死危機に陥るも直子の意識を宿した状態で息を吹き返した。美少女学校内には複数のボーイフレンドがいる。得意教科は算数数学理科
橋本恵子
藻奈美の小学校時代の担任教師で、20代半ばの美人の体になった妻とセックスできずに悩む介が毎晩オナニーネタにしていた。
幸広
スキーバス事故を起こし死亡したバス運転手。極端な過勤務をしていたことが事故の要因に。事故当時は別の女性と再婚していたにもかかわらず、札幌にいる前妻・根岸典子に仕送りをしていた。
逸美
と後妻の間に生まれたで、事故当時中学1年生事故直後に母親心臓発作で急逝してしまったため、せきのに引き取られる。
根岸文也
幸広の息子権は幸広の元妻である典子)で、札幌に住む大学生と自分を捨てたとして幸広を憎んでいた。大学では自動車部に所属している。
相馬
高校に進学した藻奈美(中身は直子)のテニス部の先輩。藻奈美(くどいようだが中身は直子)に好意を寄せており、クリスマスイブ彼女デートに誘う。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/07(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/07(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP