結果オーライ 単語

78件

ケッカオーライ

1.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

結果オーライとは、「過程において良くない点があっても、最終的には問題がい結果に落ち着いた」ことを日本語俗語である。

概要

オーライ」のニコニコ大百科記事がいのでまずここで「オーライ」を軽く説明すると、「オーライ」とは英語all right」のカタカナ表記であり、意味は「大丈夫だ」「問題ない」「了解した」などの意味をもつ。

この「オーライ」を「結果」の後に付けたものが「結果オーライ」で、文面そのままに「結果は問題なかった」という意味である。ただしそこに「過程には問題があった」という文面にないニュアンスも含まれている。

まあいいか」という許容や「ラッキーだった」という幸運を喜ぶ文脈で使われることもあり、慣用句「終わり良ければすべて良し」に似ている。

ただし、「結果オーライ」の方は「終わり良ければすべて良し」とべて、「それではだめだ、次は善すべきだ」という批判・反省交じりの文脈で使われることも多いようだ。

例文:

「この試合じゃミスもあったけど、なんとか勝てたね! 結果オーライ! やったー!」

「でも喜んでいるだけじゃだめだよ! ただの結果オーライなんだから、また同じミスをしないようにもっと練習をしなくちゃ!」

起源

Google ブックスを用いた調査

俗語であるため、いつごろから使用され始めた言葉であるのかはよくわからない。少なくとも「Googleブックス」によって2022年2月20日検索した限りでは、1970年代の使用例は見つかるが、それ以前の例は見つからなかった。

1970年代の(つまり、初期と思われる)使用例の中には「ゴルファーが俗に言う」「ゴルフではミスショットが意外な好結果となったときにこう呼ぶ」といった記述もあり、もしかすると「ゴルフで使われていた言葉」が広まったものなのかもしれない。

しかし、ゴルファーが俗に言う『結果オーライ』ということはここでも当てはまって、妙正寺のおそいプレーについて、とかくの批判があっても、大トーナメントで次々にタイトルを取る彼の実績の前には、どんな批判も――[1]

そこまで具合よくいかなくても、ミスショットが意外な好結果で、胸撫でおろす場合がよくあるが、これを称して「結果オーライ」と呼ぶ。つまりゴルフでは、ホールボールを沈めて幾つというゲームだから、木に当たろうが池の面をバウンドしようが、結果よければすべてよし、そのプロセスは問うところではない。[2]

国立国会図書館デジタルコレクションを用いた調査

一方、国立国会図書館デジタルコレクションの全文検索結果exitを用いて調べてみると、2023年1月22日検索した限りでは、「出版日付が明確であり、文章内容も検索結果に表示される」という条件に限定すると、発見できる中で最も古い使用例は1959年の書籍のものだった。この使用例もゴルフ関連である。

バンカーは柔かく深いためバンカーシヨツトは慎重に、結果オーライミスアプローチは思わぬ悲劇を演んずる。[3]

そして1960年代では複数の使用例があるが、こちらもゴルフ関係の文章が多い。ただしゴルフと関連しないと思われる使用例も混じってはいる。

ゴルフ関連で使われ始め、それが他の分野にも広まった」という前述の推測にも合致する結果のようである。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *高橋泰邦 『サドン・デス 長編ゴルフ推理小説祥伝社 1973
  2. *和田介 『三代目まんだら 商人独り言日本寝装新聞社 1979
  3. *東京周辺のゴルフコースガイド』 ジャパンゴルフタイムズ社 1959
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/19(日) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/19(日) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP