今注目のニュース
Amazonのやらせレビューと戦う「サクラチェッカー」はなぜ生まれたか 開発者に聞く背景やサクラレビューの見分け方
沢尻容疑者の代役に川口春奈 偶然の一致に「鳥肌立った」と騒然
ワクワク地球外生命体、木星の衛星エウロパで水蒸気噴出を確認、液体の水の存在が明らかに(NASA)

織田信清単語

オダノブキヨ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「織田信清」(おだ・のぶきよ)とは、戦国時代の武将である。戦国覇者織田信長従兄弟にあたる。

概要

北東部にあったを本拠地にした、当時の織田の有者。妻は信長
信長と対立・協を繰り返したが、最後は居を攻められて逃亡し、甲斐武田信玄を頼った。

桶狭間以前

は尾北東部にあり、織田信清は美濃国の脅威にされやすい土地を治めた。この地域は河川を通じて美濃東部や信濃西部木曽地方との経済的な結びつきが強い。

織田信康は彼のである織田信秀信長)を支えて活躍した武将だった。
信康の戦死で跡を継いだ織田信清は、織田信秀とは距離を置いた。
元々信秀と信康の関係は同格の協者に近いもので、の跡を継いで尾北東部を治めた信清は現地の利を優先すべき立場にあり、織田信秀を敵視した他の織田美濃斎藤道三との関係にも配慮する必要があった。

しかし織田信長とは関係を修復し、かつてが支えた岩倉織田(尾守護代)の打倒にも協した。
当時の信長を含む織田一門との抗争に加えて、東海道から迫る今川義元斎藤道三を討った斎藤義龍の勢に脅かされていた。
信長が苦しんだ時期に、織田信清は手を差し伸べて共に尾統一を成し遂げた。

桶狭間の戦い後、信長美濃攻めを再開。織田信清も織田広良と共に協した。
当初は速攻を駆使して斎藤家から俣砦〔1〕を奪取するなど織田軍が優勢だった。
しかし斎藤軍の反撃もしくなり、織田軍が敗北することもあって美濃攻めは上手く行かなかった。

一進一退が続く中、1562年、織田信清は突如として信長と敵対し、斎藤家と手を結んだ。

織田信清は南進して信長方の楽田を奪取。
これに対して信長は楽田の西に位置する信清方の小口を攻撃したが、この戦いで将来を期待されていた臣の岩室長門守が戦死した。
小口はその後も信清方のとして機しており、信長軍はこの時にを攻め落とすことができなかったとみられる。

この年は織田信清を有利にする事態が東の三河で進行していた。
今川軍が狭間の敗戦から立ち直り、信長の同盟者になっていた徳川家康を脅かした。

小牧山城の登場

1563年、信長は小牧山に築すると宣言、臣たちへの移住も命じた。
信長美濃攻めのためにを築いたとされる小牧山は、楽田小口の南に位置する。
美濃を攻めるために築されとされる小牧山だが、当時の信長美濃攻めどころではなく、築が開始された時期からして、小牧山の当初の役割は織田信清の南進を食い止めることだったと考えられる。〔2〕〔3〕〔4〕

当初は織田信清が優勢だったが、小牧山にを築いた信長軍の圧小口を放棄する羽になった。
1564年8月の西にある黒田などを信長臣の丹羽長秀が調略して信長方に寝返らせた。〔5〕
寝返ったたちの手引きで信長軍が山領へ侵攻、織田信清はを捨てて、甲斐武田信玄の元へ亡命した。

諸大名の行動

斎藤家の事情>
当時、西の近江では浅井長政が勢を拡大し、美濃西部にも侵攻した。浅井西美濃国衆婚姻関係を結んでいた。
また1564年2月西美濃の有人だった竹中半兵衛安藤守就斎藤の居稲葉を乗っ取る大事件が起きた。竹中安藤は半年以上に渡って美濃政を取り仕切った。
竹中半兵衛は後に浅井領へ移って隠棲。安藤守就斎藤道三の時代から援軍として織田信長留守を守るなど、信長と関わりが深かった。
両者の行動は信長浅井の影を受けたものだった可性が考えられる。

さらに室町幕府将軍足利義輝が、抗争を続けていた六角×浅井×斎藤家×織田に和を促した。
これらの事情から、当時の斎藤家は織田信清に援軍を送るどころではなかったようである。
そして斎藤家からの支援を受けられなくなった織田信清は孤立し、信長に対して劣勢になってしまった。
織田信清が亡命先に斎藤家を選ばなかったのは、当時の斎藤家っていたのが親信長の疑いのある竹中安藤政権だったからなのかもしれない。

ちなみに信長美濃後、織田浅井の交流の懸けとなる取次役は安藤守就が務めた。


武田との関係>
美濃東部の広範囲に割拠した遠山は、元々は斎藤道三の支持者であり織田信清や信長とも近しい武だった。〔6〕〔7〕
1556年に斎藤道三息子と戦って敗死。国衆織田信長と手を組み、義に対抗した。
しかしの後ろを失った信長織田信勝と対立し、美濃へ援軍を送る余裕はなかった。
そこで遠山は隣信濃を治める武田信玄を頼ったという説が、史料の発見によって提唱されている。

当時の武田信玄は越後の上杉謙信と抗争中で、同盟者である北陸地方の本願寺教団支援。その連絡路を確保するために武田軍は飛騨へ侵攻して同上杉方の国衆と戦っていた。
武田にとって美濃東部は、背後を固めるために押さえておきたい土地だった。
遠山を介した繋がりから織田信清は、斎藤家だけでなく遠山武田からの支援も当てにできたとみられる。

しかし織田信清が亡命した1564年は武田にとっても大変な年だった。この年、武田上杉との全面抗争に突入した。
武田軍・遠山軍が織田信清の救援に向かったとしても、大規模な援軍を派遣することはできなかっただろう。
逆に斎藤遠山武田を救援できないタイミングを狙って、信長は攻撃を仕掛けたのかもしれない。

織田信清が信長と敵対した1562年には十分に勝ちがあったが、その後の2年で逆転してしまった。
当人の才覚では関与できない場所で情勢が変わり破滅に至ることは、戦国時代ではよくあることだった。


<信清没落後の外交転換>

織田信清の勢を打倒・吸収した信長美濃侵攻を再開。美濃中東部に進出し、斎藤家の分断を狙った。
また『信長公記』には信長臣が武田軍との戦いで功績を挙げた記述がある。

遠山信長美濃侵攻の過程で武田から離れて信長に従った。

武田信玄信長と同盟した。
1565年に嫡男の武田義信(妻は今川出身)を粛清し、武田勝頼(妻は信長の養女)を後継者に据えた。
1568年、徳川家康と同盟して今川を攻め潰した。

美濃では竹中安藤政権の後に斎藤(本来の統治者)が実権を手に入れた。
しかし同盟者だった織田信清の勢はすでに消滅、西の浅井は一貫して信長を援護する行動を取り続けており、東の武田まで親信長に転換したので苦しい状況だった。竹中安藤のせいで状況悪化→丸投げ
一方、中央では将軍足利義輝が殺され、足利義昭が上の為に諸大名の協を促した。斎藤はこの流れに乗ることで信長浅井長政からの攻撃を抑止しようとしたとみられる。
しかし義昭から六角斎藤家の同盟者)が離反したことで同盟が瓦解。信長期の上作戦を断念し、美濃侵攻を続けた。
結果として斎藤を奪われた。
関与できない所から始まった情勢の変化が破滅をもたらしたという点で織田信清の場合と似ている。

織田信清という一勢の没落は、諸大名に後々まで多大な影を及ぼしたのだった。

補足

1. 信長公記』によると俣砦は織田軍が築したものではなく、斎藤軍から奪った砦である。

2. 小牧山は昔からの要地だったので、以前から砦が置かれていて、1563年の工事は築ではなく大規模な修工事だった可性がある。

3. ちなみに信長が小牧山よりも先に居移転先の補に挙げた二ノ宮は小牧山の北東にあり、織田信清軍の侵攻に備えるには適した地形であると同時に、美濃東部へ通じる土地だった。
信長公記』では先ず居住に不便な二ノ宮を挙げて、次に本命の小牧山に決めて臣の不満を和らげた信長の知恵が讃えられているが、もしかすると信長は本気で二ノ宮を考えていたのかもしれない。

4. 小牧山の発掘調で、下町の機は山の南側に集中していたことが明らかになった。織田信清軍の襲来を想定して損を抑えるために南側中心に整備されたのかもしれない。

5. 余談だが、攻略に貢献した丹羽長秀は続く美濃東部への侵攻作戦でも調略に攻に大活躍した。
伝記や軍記物では美濃攻めの功績の一部が木下秀吉豊臣秀吉)のものにされたが、秀吉丹羽長秀の後任として東美濃攻略に取り組んだのかもしれない。

6. 遠山の有者だった岩村遠山任の妻は織田信清や信長叔母とされる。同じく苗木遠山友勝の妻は信長姉妹=織田信清の従姉妹にあたる。

7. 織田信長美濃を征すると、遠山武田から離れて信長に従った。織田武田の十年以上に及んだ抗争では、遠山の人々の多くは織田に味方し、武田軍の侵攻を食い止めた。

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2017/04/02(日) 13:50:01 ID: 3dU1iKJfOE

    ODA

  • 2ななしのよっしん

    2017/04/03(月) 16:21:27 ID: 6tO3zMD6hO

    野望で何故か武田にいるそこそこ政治が高い武将くらいの認識やったが、まさか記事があってしかもこんな充実しとるとはwww

急上昇ワード

最終更新:2019/11/23(土) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/23(土) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP