今注目のニュース
「私のことか」「気付けば日が暮れてる」 片づけが途中で終わる図解が的確すぎる!
台風15号被害でYOSHIKIが出身地を公表!地元民「千葉県館山市の星!」と歓喜する事態に!
「ポケモン ソード・シールド」謎の新ポケモンは「ネギガナイト」 カモネギの進化した姿

自分REST@RT単語

ジブンリスタート

掲示板をみる(111)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

自分REST@RT

楽曲情報
曲名 自分REST@RT
作詞 佐々木宏人
作曲 田中秀和(モナカ)
BPM 171
タグ 自分REST@RTexit_nicovideo

アイドルマスター(アニメ)第11話の練習シーン、第13話のライブシーンで発表された。

明るくしいメロディにのせて未来に向けての希望、前進、成長を歌い上げるそれはまさに、765プロアイドル達の「Rest@rt宣言」とも言える曲となっている。

作画中では「雪歩真美千早」「やよい春香」「美希貴音」3ユニット9名という編成
となっており、まれに見る大編成での合唱ダンスを堪することが出来る。

アニメライブシーンでは、「コール」と言われる「かけ・合いの手」が曲中に入っている。リアルさについては識者が細部にツッコミを入れ始めるとキリがない[1]が、アイドル/声優等のライブにおけるファンの盛り上がりを概ね再現できており、春香たち9人が、このライブをきっかけに本格的に人気アイドルへとステップアップしたことが分かりやすく表現されている。

作中設定でも人気あるいは有名な曲という位置づけなのか、第24話では幼稚園児たちが、劇場版では矢吹可奈がこの曲を歌うシーンがある。

ジブリ」という略称で呼ばれることがある。

ゲーム

ゲームでは2011年11月30日配信のアイドルマスター2 DLCカタログXbox360/PS3両プラットフォームに配信された。

シャイニーフェスタシャイニーTVにも収録されている。
シャイニーフェスタではこの曲の「NORMAL(各曲4段階に分けられたランクの下から2番)」の難易度が10段階中の4に設定されていたのだが、他の難易度4の曲よりも圧倒的に難しいことで話題になった。
それを受けてか、シャイニーTVでは6にめられた。

ワンフォーオールではゲーム中で条件を満たすことで使用可になる。
通常のステージシーンだけでなく、765PRO ALLSTARS全員によるムービーも見ることができる。765PRO ALLSTARSセンター春香が務めることが多いが、このムービーでは伊織センターとなっている。そしてその横にはあずさ亜美、さらにその横は律子真美アニメ版でこの曲を歌わなかった竜宮小町と、その関係者を中心とした構成である。

シアターデイズ

タイプ ALL
コース 2M 2M+ 4M 6M MM
楽曲Lv 4 10 7 12 18
音符数 139 315 245 404 657

有償ジュエルによる楽曲購入でプレイになる。2017年10月15日までは無料DL

合同ライブイベントHOTCHPOTCH FESTIV@L!!」にてMVと共にミリシタ収録が発表され、同日配信された。MVダンスはもちろん、サビ前でセンターアップされるなどカメラワークアニメを強く意識している。サビではステージモニター765プロロゴが表示される。

IM@Sライブ

ライブ初披露は2012年1月の「WINTER C@RNIVAL!」。
以後、765PRO ALLSTARSの参加する大ライブでは高確率で歌われている。
2015年7月の「M@STERS OF IDOL WORLD!!2015」にてたかはし智秋がこの曲に参加したことを以って、765PRO ALLSTARS全員ライブでこの曲を披露したことになる。このライブのレッスンの際には、765PRO ALLSTARS内にまだこの曲を披露したことがい人がいたことにスタッフが驚いていたというエピソードもある。

2014年6月ミリオンライブライブイベントHAPPY☆PERFOM@NCE!!」でも765プロ曲のカバー企画の中の1曲として選ばれている。
このときの歌い手に可奈役の木戸衣吹が含まれているのは、前述の劇場版シーンを意識したものと思われる。

アイドル達を演じている声優の間でも人気が高い曲で、「歌詞が(自分達に)シンクロして泣ける」「本当にこの曲大好き」「腕を回す(振り付けの)所のテンションの上がり方がヤバいの」等とられている。

キラメキラリと並んで、UO(高オレンジサイリウム)が用いられることが多く、その様子は「山火事」と例えられる。
 

ニコマス課題曲

ゲームでのキャプチャ動画が存在しないアイマス公式曲は「アイマス公式曲MAD (MADアイマスPV)」としてニコマスMikuMikuDanceなどで活躍中のプロデューサー達の課題曲として、映像化されてきた。

但し、この曲についてはステージ上に9人ものアイドルが登場している為、アイドルマスター2でもステージに同時表示させられるアイドルが5名までに制限される等の都合から、再現には困難が伴う。

対策方法としては、AfterEffectsや各種ツールでの合成、MikuMikuDanceの使用、手描き等が考えられるが……

不可能を可能にした職人達

そんな不安を吹き飛ばすかのように、原作どおりのステージ再現された。

アイドルマスター 0711P 4周年合作 『Animation M@ster Medley』exit_nicovideoにおいて7分50から繰り広げられたステージもが心を奪われる事となった……

そして、限りなく広いアリーナで・・・! 

2012年6月23、24日のTHE IDOLM@STER 7th Anniversary 765PRO ALLSTARS みんなといっしょに!にて、劇中と同じメンバーで披露される。正に歌詞の通り、横浜アリーナで歌き渡ったのである。

会場を染め上げたウルトラオレンジは正にプロデューサーの総の結集である・・・


あと・・・お前らの愛はうるさいw

関連動画

右の動画では、Live for You!の音を使用したコールが挿入されている。

踊ってみた

関連商品

関連項目

脚注

  1. *(1)ファンにとって初見のはずなのに、コールに迷いが見られない
      (2)2000-3000人程度のホールとしてはの人数が少ない など

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 14:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP