今注目のニュース
「ベイブレードバースト」の最新機種“分身するベイブレード”7月6日発売 「バレット」を出して相手の逃げ場を奪う
他人のしつけに疑問を感じたことある? 叱らない親・厳しすぎる親に6割が違和感
【鳥肌】「新宿はたまにヤバい人がいる」一人で人力トランスを演奏する路上ミュージシャンが凄すぎると話題に!

製作委員会単語

セイサクイインカイ

掲示板をみる(154)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

製作委員会とは、映画アニメを作る上で必要な資を出資した企業(あるいは個人)の集団である。各出資者はその作品に対して様々な権利を有する。

概要

以下の業種が製作委員会に名を連ねることが多い。

実際は複数事業を兼ねていたり委託される企業も多いので、出資者は少なくなる。

メリット/デメリット

メリット

何よりリスクの分散と回避が最大のメリットである。娯楽商品はその売れ行きの予測が非常に難しいことが挙げられる。作品自体は良質でも全く浸透せず売れないなんてことはよくあるし、そもそもその作品の良し悪しは主観によるところが大きい。制作側が売れると思っても売れなかったときの負債の大きさは計り知れないものがある。

しかし複数の企業が出資することでそのリスクが分散され、常に一定量のコンテンツ提供しやすくなるわけだ。
また、タイアップによる関連グッズの売り上げ増加が大いに期待できるし、場合によってはそれが的となる。

デメリット

もちろんいいことばかりではない。デメリットは出資者はもちろんのことユーザー側が被ることも多い。以下羅列。

  • 責任所在がはっきりしない
  • 権利関係が非常に複雑になり、ちょっと何かするにも基本的に全ての権利者許可が必要である
  • 出資者の利益が分散される
  • 分散される利益を回収しやすいように、コンテンツの価格が高くなりやすい
  • 作品の内容に複数の権利者の息がかかりやすくなり、結果としてつまらない作品となりやすい
  • 短期間で確実な利益を得るために製作期間が短くなり、結果として作品の質が落ちることがある

製作委員会方式でなくても起こりうるものも含まれるが、発言者(=出資者)が多くなることはそのデメリットの発生確率を高めるのは確実だ。

名称について

大抵の場合、「○○」製作委員会などといった作品名を冠する形が多いが、原作タイトルをもじったり、劇中に登場する(あるいは、登場しそうな)団体名を創作して付ける例も見られる。以下はその一例。

関連項目

脚注

  1. *このProjectEVAだけはちょっと特殊で、プロデューサー大月俊倫が後にったところによると「庵野秀明と大の二名だけで結成された半ば落のようなもの」とのことであり「二人製作委員会」とも称している。ゆえにエヴァンゲリオン劇場版(旧世紀版)においては「EVA製作委員会」だったが、ヱヴァンゲリヲン新劇場版では株式会社カラー単独製作となっている。

掲示板

  • 152ななしのよっしん

    2019/05/30(木) 20:10:21 ID: wVcxcBsiGI

    >>142
    そりゃ資本主義社会やし違法でい限り出資してる時点で責任は果たしてますからねえ

    得てして物事を悪化させるのがこの手の犯人探しだったりする

  • 153ななしのよっしん

    2019/05/30(木) 20:15:25 ID: wVcxcBsiGI

    >>151
    むしろ責任は明だよ
    失敗すれば出資がパーになるだけだし
    むしろ制作会社が責任を回避しているのが製作委員会方式の有り方
    というか乱立するわ経営いわで責任担当いし

  • 154ななしのよっしん

    2019/06/12(水) 04:12:15 ID: 5KVdJWd/tP

    結局下請けの動画マンが救済されるには委員会方式をどうするかよりも制作費の内訳をどう分配するかどこでコストダウンを図るかって話の方が現実に則してるってことなんですか?

急上昇ワード

最終更新:2019/06/16(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/16(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP