赤飯単語

セキハン

  • 16
  • 0
掲示板をみる(395)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(16)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
曖昧さ回避 この項では歌い手について記述しています。
料理については「お赤飯」を参照。

赤飯 [(赤・ω・飯)] とは、ニコニコ動画等、動画投稿サイトで活動している歌い手である。男性
現在はオメでたいコアバンドオメでたい頭でなにより」と「コロナナモレモモマキシマム ザ ホルモン2号店)」のヴォーカルとしても活動。

概要

タグに「七色の声」と付けられる事があるなど、熱いから女声まで一人でこなせるの幅を持つ(一人JAMが出来る程)。ちなみに、女声に関してだが、モーニング娘真似をしていたらできるようになったらしい。

初期作品は携帯を使って録音していたらしく、音質はかなり悪かった。現在善されている。
赤飯が一人でJAM PROJECTのGONGを歌ってみたexit_nicovideo』にて、あまりの再現度により3日で再生数五万越えの大ブレイクを果たす。

「自分の歌唱にあまり満足できていないので、レベルアップできるまで次のものはうpする気になれません。ごめんなさい。本当にごめんなさい。納得したら必ず帰ってきます」と活動を休止していた事があったが、現在は復帰。

上述の『GONG』は赤飯の代表曲となっており、同じくJAM Projectを歌うイメージの強い歌い手である軟鉄兄弟(やまだん湯毛)が引き合いに出されることが多かったが、『ザ☆ネットスター!12月号の開収録にてついに両者が共演、SKILLを披露した。exit
この三者は「軟飯」として、2008年末のイベントニコニコ年忘れ大感謝祭2008~Music2.0の息吹~」に出演。
その後「ニコニコ大会議」等の公式イベントを始めとする数々のライブに出演している。

2010年7月28日王族BANDとのコラボアルバム「IRREGULAR VOICES feat 赤飯」exit_nicoichiba発売。

2011年2月2日、初のソロ名義アルバム「EXIT TUNES PRESENTS SEKIHAN the BEST」exit_nicoichiba発売。
オリコンデイリーランキング2位2月14日オリコンウィークリーランキング初登場総合6位を記録。

アルバムにはボーカロイドカバー曲以外に、赤飯自身が作詞オリジナル曲」(作曲:Vomos)が収録されている他、「デジタリズムに於ける発狂と輪舞曲」exit_nicovideo作曲:Vomos、作詞:赤飯)がコミュニティ限定でうpされるなど、オリジナル楽曲作成も行っている。

2011年5月28日には新宿BLAZEにて初のワンマンライブ「(赤・ω・飯)の本当にあった普通独演会1st season~」、7月8月にはワンマンツアー『赤飯の、本当にあった、普通独演会 1st season』を全10箇所にて開催。活動の幅を広げている。

2011年4月6月 毎週金曜22時からのニコラジパーソナリティを担当。番組タイトル「金曜ニコラジ ~赤飯の週のモノ~」exitラジオっ子だった赤飯ワールド全開の1時間。第2回より毎週ゲストが登場している。

2011年8月3日セカンドアルバム「EXIT TUNES PRESENTS SEKIHAN the GOLD」exit_nicoichiba発売。
オリコンウィークリーランキング9位を記録。

また、2011年8月13日コミックマーケット80では、鬱PコラボしたアルバムPSYCHODRAMAexit_nicovideo』をリリースした。 

2012年にはデーモン閣下アルバム『MYTHOLOGY』の楽曲「ようこそ 陰種へ」に作詞と歌唱で参加。

2016年8月29日よりライブサポートメンバーと共にオメでたい頭でなによりを始動、それに先立ち8月14日には「オメでたい頭でなによりです!」をリリースしていた。2018年4月4日には同バンドメジャーデビューを果たしている。

2019年3月にはYouTubeで放送されていた『ガチンコ ザ ホルモン〜コッテリの継承者たち〜』にせき君として出演、そのまま「コロナナモレモモマキシマム ザ ホルモン2号店)」にセキはんとして加入。パートはキャーキャーうるさい方と女声

オフィシャルサイト掲載 公式プロフィール

2010年12月28日オープンの赤飯公式サイト赤飯 Official Web Siteexit」掲載のプロフィール

名前:赤飯
年齢:29
身長:169
体重:53
好きなもの:ライブ 重たい音楽 野菜 ゾンビ アイドル
嫌いなもの:魚介類  内臓系 批判しかしない人間
趣味部屋改造2012.現在
 

いろいろなが出せてどうのこうのと言われることで色物的な見方をされがちだが実際はただのライブバカ
とにかく会場を巻き込んで一緒に暴れたおすのが生き甲斐
ワンマンライブでのセットリストは暴れたり騒いだりする曲が中心。
でも装はナチュラル系が好き。アー写は古いからしょうがない。

しゃべることも大好きなのでトークだけのイベントも行っている。
しかしその内容は基本的にえげつない下ネタばかりなのでマーケットのニーズに微も応えられていない。いや、むしろ本望である。
もっと怒号をください。お願いします。

公開マイリスト

主要動画

関連動画

関連商品

アルバム

参加アルバム

その他

外部リンク

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/04(金) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/04(金) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP