闘将ダイモス 単語

156件

トウショウダイモス

1.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

闘将ダイモスとは、1978年から1979年にかけてテレビ朝日にて放送されたロボットアニメ作品である。
長浜ロマンロボシリーズ第3作。 

概要

男女」がメインテーマであり、主人公竜崎一矢が敵であるバーム人のであるエリカ相思相愛になるなど、従来作以上にドラマ性を重視しているようになっており、本作を「ロボットアニメロミオとジュリエット」と評する者も少なくない。

あらすじ

を失った10億人ものバーム人たちが「小バーム」という人工体でコールドスリープした状態で地球へと辿り着き、地球代表の竜崎勇とバーム代表のリオン元帥が会談の席に着くが、黒幕のオルバン大元帥の謀略により二人は暗殺され、地球バーム戦争状態となる。勇の息子竜崎一矢は巨大ロボダイモスに搭乗してバームと戦うが、その中で記憶喪失女性エリカと出会い相思相愛となっていく。だが記憶を取り戻したエリカの正体はバーム人でありリオン元帥だった。以後のエリカバームの和の中心となるを選ぶが、一矢の前には同じくリオン元帥息子エリカである官・リヒテルが立ちはだかる。

地球側の官・三輪長官やオルバン大元帥の妨を経た末に、リヒテルを殺したのがオルバンの手先の仕業だと知ると殺されそうになる(が、これまでの確執から地球人との協は拒んだ)。遂にリヒテルはオルバンを倒しを取るが、オルバンは死に際に小バーム木星に落下させて連れにしようとして、一矢はこれを防ぐため決死の戦いを挑む。この行動リヒテルも心を動かされ、一矢にエリカを託すと小バームの制御室へ突入して落下を阻止。だが数々の地球人を殺した罪を背負い、リヒテル木星へと落ちて死亡していった。

補足

リヒテルは同じ長浜ロマンロボシリーズである「コン・バトラーV」の大将ガルーダ、「ボルテスV」のプリンスハイネルに続く、市川治ボイスの美形敵官であり、スーパーロボット大戦αシリーズではハイネルと戦友となって、二人で味方部隊助けてくれるようになる。一方の一矢は神谷明ボイスと熱血にあふれた主人公空手の達人だが、実は4年前に宇宙飛行士の訓練中に事故をおい、全身麻痺の状態からリハビリを重ねて復活したという壮絶な過去を持つ。

主人公ロボダイモスは一矢の空手の動きをトレースして動き、多武器を装備している。必殺技は「ダブルブリザード」を使って敵をに巻き上げたところに喰らわす「必殺烈風正拳突き」。

また敵より邪魔な味方である三輪長官の暴挙も有名で、スパロボシリーズでも毎回大暴れしてくれる。

打ち切りについて

本作品は、10ヶという中途半端な期間で終了しており(それでも前番組の「超電磁マシーンボルテスV」より話数は多いのだが)、監督長浜忠夫氏が「本当はこういう展開になるはずだった」というのをっていたため打ち切りとされることが多いのだが、東映プロデューサー鈴木武幸氏によると「視聴率も悪くなく、商業的にも不振ではなかった」という。ただ、テレビ朝日側が2月からの新番組スタートを要してきたため、終了せざるを得なくなったのだとのことである。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/23(火) 01:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/23(火) 01:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP