今注目のニュース
「実際に避難してわかったこと」を経験者がイラスト化 “避難所が定員オーバーするかも”などの教訓が参考になる
80年代に発生したあの悲劇!「ファミコンに母ちゃんの掃除機が当たってバグった際の絶望感」が今更話題に!!
「笑いすぎて死にそう」「人生最高の面白ネタ」 いびき・寝言録音アプリに録音された謎の音

EMトランプ・ウィッチ単語

エンタメイトトランプウィッチ

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

EMトランプ・ウィッチとは、アニメ遊☆戯☆王アーク・ファイブ」に登場するカードである。

概要

遊矢が使用するEM(エンタメイト)モンスター。「ペンデュラム融合の架け」。

ペンデュラム・効果モンスター
1/闇属性/魔法使い族/ATK 100/DEF 100
【Pスケール4/4】
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。
自分フィールドから、融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスター墓地へ送り、その融合モンスター1体を
エクストラデッキから融合召喚する。
モンスター効果】
(1):このカードリリースして発動できる。
自分のデッキ墓地から「融合カード
または「フュージョンカード1枚を選んで手札に加える。

ジュニアユース選手権の出場資格をかけた、権現坂とのデュエルで登場。
EMリザードロー」の効果でドローされてペンデュラムゾーンに置かれ、ペンデュラム効果で「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」と「星読みの魔術師」を「ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」に融合した。その後、バトルフェイズ中に「ビッグリターン」によって効果を発動、ルーンアイズと「EMシルバー・クロウ」を「ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」に融合した。

その後もVS沢渡戦、VS勝鬨戦で登場し、遊矢の融合召喚戦術の要として活躍している。


このカードは、アークファイブの放送開始を記念したモンスターデザインコンテストの入賞作品。
応募はがきでは単に「トランプウィッチ」という名前であり、「ライフ1000はらうかわり、このモンスターと同じぞくせいのモンスター全いんにこうげきできる」という、限定的な全体攻撃効果が書かれていた。アニメOCGへの登場に際し、EMモンスターの1体に変され、効果も融合関連の全く別の効果にされた。また、EMモンスターになったため、左のあたりには、はがきイラストになかったの模様が描き足されている。

これまでの同種のコンテスト企画の入賞作品は、1話限りのゲストモンスターとなることが多かったが、融合召喚キーカードという役を与えられたせいか、このカードは3回にわたって登場している(過去にはアニメ5D'sで「ドリル・ウォリアー」が2回登場している例がある)。

類似カードとして「EMトランプガール」がある。自身を素材融合召喚を行う効果を持っており、OCG化もされている。

前記のテキストの通り、アニメ版効果ではバトルフェイズ中の融合召喚が可アニメではこれが有効利用され、バトルフェイズ中の追撃に用いられているが、OCGでは再現できなくなった。

効果を発動すると、数のスート(マーク)が素材モンスターに向けて飛ばされる。

OCG版

「THE SECRET OF EVOLUTION」(2014年11月15日発売)でOCGに登場。

ペンデュラム・効果モンスター
1/闇属性/魔法使い族/ATK 100/DEF 100
【Pスケール4/4】
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドから、融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスター墓地へ送り、その融合モンスター1体を
エクストラデッキから融合召喚する。
モンスター効果】
(1):このカードリリースして発動できる。
自分のデッキ墓地から「融合」1枚を選んで手札に加える。

ペンデュラム効果はバトルフェイズ中に使用できず、モンスター効果のサーチ対も「融合」のみとなり、大幅に弱体化した。

ペンデュラム効果は「フュージョンゲート」と似ているが、向こうとは違い1ターンに1度しか使用できず、フィールドモンスターしか素材にできないため、同じような使い方は難しい。
このカードを使用する利点は、融合素材が除外されないこと。ペンデュラムモンスター素材とした場合はエクストラデッキへ送られるため、ペンデュラム召喚による再利用が可となる。また、「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」、「EMクロバットジョーカー」などのサーチ効果に対応するのも利点。とはいえ、「フュージョンゲート」も「テラ・フォーミング」などのサーチ手段を持っている。

このカードを利用する場合は積極的にペンデュラム召喚を狙いたいところだが、スケールが4であるため、レベル4のペンデュラム召喚には利用できず、少々扱いにくい。このカードを使ってペンデュラム召喚ができるのは、スケール変動や召喚モンスター縛りがないものに限定すると、スケール8の「魔術師」でレベル5~7、またはスケール1の「脈の魔術師」でレベル2~3となる。
このカードの登場当初にべるとスケールの幅は広がっているが、レベル4に対応しないという欠点はどうしようもない。レベル4をあまり利用しないデッキでならば気にならないか。

モンスター効果は「融合」サーチ。召喚せずにほぼ同じことが可で、さらに融合素材代用効果も持っている「沼地の魔神王」のほうが使いやすいため、この効果を的で入れる必要はない。あくまでペンデュラム効果のおまけとみるべき。
墓地からの回収も可なのは利点。「融合準備」のほうがアドバンテージを得られる点から使いやすいが、カードの向こうと違いタイムラグがないのは評価できるだろう。類似効果の「融合回収」の場合、墓地から素材にしたモンスターを何度も使い回す場合や、そもそも素材墓地へ送られないペンデュラムモンスターとの相性が悪いので、「融合」単体の回収にも一応の価値はある。

モンスター効果を利用した後はエクストラデッキへ送られるが、レベル1なのでペンデュラム召喚できないため、ほぼ使い捨てとみなしたほうがよいだろう。一応、「ペンデュラムリボーン」を利用して再びフィールドに出したり、「レスキューラット」の効果に利用したりすることは可


ペンデュラム融合と言えばアニメでも行った「ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」。上記の「魔術師」のほか、【EMデッキであれば「EMクロバットジョーカー」とともに利用することで「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」をペンデュラム召喚できるため、後は魔法使いモンスターさえ用意すれば融合できる。
しかし、EMでは「EMペンデュラムマジシャン」など、レベル4モンスター較的多いため、その点は少々かみ合わない。

ペンデュラム効果という形ではあるが、融合召喚を行う効果を持つモンスターカードペンデュラムゾーンに置かれているとき以外はモンスターとしてふるまうので、「黒薔薇の魔女」などの効果を邪魔しない。そのため、【フルモンスターデッキ融合召喚を行いたい場合などは利用できるかもしれない。
融合召喚を行うモンスター自体は「ファーニマル・オウル」の先例がある。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2016/05/02(月) 21:26:45 ID: onUsiBH+Ym

    再登場しないかなぁ

  • 10ななしのよっしん

    2016/11/17(木) 23:34:51 ID: 6+5L86b4Dm

    数のスートってなに?

  • 11ななしのよっしん

    2018/07/24(火) 23:55:46 ID: hgQtbyJHrj

    勝鬨勇雄レベル5戦士族みたくフィールド融合が容易なデッキ融合補助の永続魔法として出張できないかな
    蛮族の狂宴Lv.5とかの墓地利用と組み合わせれば素材が除外されない点も生かせるだろうし

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 00:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP