遊☆戯☆王アーク・ファイブ 単語

19件

ユウギオウアークファイブ

1.0万文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

榊遊矢

遊☆戯☆王アーク・ファイブとは、テレビ東京系列で放送されたアニメ作品である。
放送期間は2014年4月6日から2017年3月26日まで。

概要

遊☆戯☆王ゼアル」に次ぐアニメ遊☆戯☆王シリーズの第5作。(東映版「遊☆戯☆王」は含まれない)

5D's以降恒例となった新規の召喚システムとして「ペンデュラム召喚」が登場。さらにアニメオリジナルルールとして「アクションデュエル」も登場した。

タイトルアークarc)は、孤、形という意味。ペンデュラム(=振り子)召喚から、振り子運動を表したものだろう。

本作にはDMZEXALまでの作品を含めたシリーズ決算のようなコンセプトも含んでおり、シリーズで初めてスターシステムが採用されている。第1シリーズである舞網CS編の序盤ではバトルステージに前作『ZEXAL』の舞台ハートランドが登場した事を皮切りに、異なる召喚法を駆使する次元が存在する事などが明かされていき、第2シリーズシンクロ次元編では、ジャック・アトラスクロウ・ホーガン。第3シリーズエクシーズ次元編では天上院明日香カイトエド・フェニックスが登場する。また、第1シリーズ後半では放映日のより再放送されているDMリンクするようなデュエルが展開される(DM側で伝説のフィッシャーマン登場回に、ARC-V側では伝説のフィッシャーマンの後継モンスターが登場するなど)といった細かいファンサービス話題になっていた。

ちなみにニコニコ動画でのタグ登録は「遊戯王ARC-Vexit_nicovideoタグメジャーになっている。

2015年8月21日発売のVジャンプ10月号にて漫画版の連載が開始した。
詳細は「遊☆戯☆王アーク・ファイブ(漫画)」の記事にて。

ストーリー

物語舞台日本海岸沿いにある「舞網」。
デュエルの技術だけが突出して進歩している。

赤馬零児社長を務めるレオコーポレーション。同社が開発した「質量を持つ立体像(ソリッドビジョン)」の普及により、舞網では「アクションデュエル」が生まれ、世界中で人気を博している。

子供たちはスター的存在であるプロデュエリストに憧れ、主人公・遊矢たちが通う「遊勝塾」や最大手「LDS(レオデュエルスクール)」といった大小さまざまな塾に通い、召喚法やデュエルスタイルなどを学んでいる。そんなある日、遊矢はプロデュエル界の現役チャンピオンエキシビジョンマッチで戦うことになるのだが・・・・・・?

――Vジャンプ2014年4月号より引用

登場人物

スタンダード次元

遊勝塾
榊遊矢さかき ゆうや) CV:小野賢章榊遊矢
本作の主人公14歳中学2年生。笑うことでつらい現実から逃げていたが、ストロング石とのデュエルをきっかけに困難に立ち向かう決意をする。のような、人々を笑顔にする「エンターテインメントデュエリスト」になること。
舞網チャンピオンシップを経て、自身がいる「スタンダード次元」を含む4つの次元間での争いに巻き込まれていく。
ペンデュラムモンスターを多く含む「EM(エンタメイト)」「魔術師デッキを使用し、エースモンスターオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン
の奇抜な髪形をしており、まるでトマトのようと評されるが、これまでのシリーズで訓練された視聴者には髪形地味に見えるという。産物ではなかった。
柊柚子ひいらぎ ゆず) CV:稲村優奈
遊矢の幼馴染で、彼を叱励するパワフル少女が経営する「遊勝塾」で遊矢と共にデュエルの腕を磨いている。ハリセンツッコミが特技。
彼女自身に関するストーリーに深く関わるなど、遊戯王シリーズヒロインとしてはしい存在。
劇中にて習得した融合召喚を切り札とする「幻奏デッキを使用する。
原田フトシ(はらだ フトシ) CV:知桐京子
ぽっちゃりの塾生。もっぱら遊矢のデュエルを観戦している。遊矢が素晴らしいプレイングを披露するたびに、その感動れるぅ~!」という言葉と共に全身全霊をもって表わしている。
らくがきじゅう」デッキを使用する。
鮎川アユあゆかわ アユ) CV:明坂聡美
塾生。もっぱら遊矢のデュエルを観戦している子、その2。年齢相応の爛漫な行動が多いが、遊矢のミスフトシ修造行動に対し呆れたを向けることも。
アクア・アクトレスデッキを使用する。
タツヤ(やましろ タツヤ) CV:新出ななみ
塾生。遊矢のエンタメデュエルを観戦してファンとなった。他の子供二人にデュエルの知識が豊富であり、遊矢のデュエルを観戦する際の解説役を務めることも多い。
「E・M(エンタマシン)」デッキを使用する。
柊修造ひいらぎ しゅうぞう) CV:板倉
柚子父親で遊勝塾の塾長。元プロデュエリストで遊勝の後輩だった。日々塾生たちにン熱血指導ゥ熱血導を行っている。
ガッツマスターデッキを使用する。
権現坂道場
権現坂昇(ごんげんざか のぼる) CV:大林洋平
遊矢・柚子友人。彼らをはじめとする遊勝塾の塾生と行動を共にすることが多いが、遊勝塾の塾生ではなく「権現坂場」の跡取り。
遊矢の友として彼を支える、見守る描写が多いのみならず、他の登場人物に対しても臆せず忠告を行うなどらしい性格をしている。
デッキカード全てがモンスターで構成される「超重武者デッキを使用した「不動のデュエル」を信条としている。
LDS(レオ・デュエル・スクール)
赤馬零児(あかば れいじ) CV:細谷佳正
大企業レオコーポレーション」の2代目社長天才的な頭を持ち、15歳プロデュエリスト認定を受けるほどのエリートデュエリストペンデュラム召喚興味を示し、榊遊矢データを参考に独自でペンデュラム召喚開発した。
後述する赤馬零王との戦いのため、異次元と戦う為の組織「ランサーズ」を組織する。
DD」「DDDデッキを使用し、融合シンクロエクシーズペンデュラム召喚を自在に操る。
極東エリアのデュエルチャンピオンではない。
沢渡シンゴ(さわたり シンゴ) CV矢野奨吾
LDSの生徒。最初期こそ取り巻きを従え、他人や自分が認めないカードを見下すなど典的な小悪党としての面が強かったものの、遊矢とそのデュエルされた後は、彼と共に理想的な「エンタメデュエル」を繰り広げるほどのデュエリストとなった。
基本的にキザで自信だが、取り巻きや仲間達に突っ込みを入れられたり、思い通りに戦略が決まらなかったりと、コメディリリーフとしての活躍も多い。
ダーツ」「氷帝」「妖仙獣」と様々なデッキを作中で使用し、現在ペンデュラムモンスターを多種多様なサポートカードで補助し戦う「魔界劇団デッキを使用する。
赤馬零羅(あかば れいら) CV:石川由依
零児。常にぬいぐるみを抱えている。
ジュニアクラスながらと同じく融合シンクロエクシーズ召喚を操る実を持つが、気弱で自分から行動を起こすのが苦手。零児と共に異次元との戦いに加わる。
相手のカードモンスター、その属性を利用する「CC」「CCCデッキを使用する。
志島北斗(しじま ほくと) CV:花江夏樹
LDS・エクシーズコース生徒。自身の敗戦を澄に摘され意気消沈するなどコミカルな場面が印的だが、塾内での40連勝、試合観戦での戦況分析などからも分かるように確かな実を持つ。
澄、とはよく三人で行動し、プライドの高い一面とは裏に二人を仲間として大切にしていることがわかる。
複数のエースエクシーズモンスターを並べる「セイクリッドデッキを使用する。
光津真澄(こうつ ますみ) CV:清都ありさ
LDS・融合コース生徒。対戦相手の柚子が何かしら迷いを抱えていることを見破っており、その戦いをきっかけに、彼女にとっての越えるべき標となる。
北斗に対して強気に対応する事も多いが、有事の際には彼らの身を案じる等好意的に思っている。
宝石商のであり、それにちなんで宝石モチーフの「ジェムナイトデッキを使用する。
刀堂刃(とうどう やいば) CV:高梨謙吾
LDS・シンクロコース生徒。他の2人とべるとやや言動が荒っぽい。
権現坂の直訴に応じ彼にシンクロ召喚を伝授、彼とは師の関係となった。
前二人と同じく、北斗澄とは友好的な関係を築いている。
大量展開を持ち味とする「X-セイバーデッキを使用する。
日美香(あかば ひみか) CV藤本喜久子
LDSの理事長にして零児母親。彼と共に次元戦争に備え暗躍する。
零児に絶大な信頼を寄せる一方、羅などには冷な一面を見せることも。
その他
榊遊勝さかき ゆうしょう) CV:東地宏樹
遊矢の父親で元アクションデュエル界のチャンピオンだったデュエリスト
現在の刺的なアクションデュエルを築いたパイオニアとされているが、ストロング石とのデュエルの直前に消息を絶ち、行方不明となってしまった。
遊矢同様「EM(エンタメイト)デッキを使用し、エースモンスターの「EMスカイマジシャン」と永続魔法を駆使する。
榊洋子さかき ようこ) CV:遊井
遊矢の母親。よくを拾ってくるらしい。
ヤングの頃はレディースチーム「舞網クイーンズ」の総長だった。
「爆走」デッキを使用する。
ニコ・スマイリー CV:飯島
プロデュエリスト、ストロング石の元マネージャー
トロング石が出奔したことをきっかけに遊矢のマネージャーとなり、以後彼のバックアップ役として活動。
舞網チャンピオンシップ予選では、彼のデュエリストとしての技を高めるために彼の成長に相応しい対戦相手をセッティングした。本戦においては実況役も務める。
方中ミエル(ほうちゅんエル) CV:悠木碧
海野占い塾の塾生の占い少女
妄想があり、占いで「人達」を意味するLoversのカードが出るだけで鼻血が出てしまう。
初対面で遊矢にパンツを見られるトラブルに遭うものの、融合召喚覚めた遊矢にゾッコン惚れた。
リバースモンスター儀式召喚戦術とする「占術姫デッキを使用する。
月影(つきかげ) CV:坂巻学
デュエル塾の塾生で、に日ひかげ)がいる。
零児に雇われた忍者デュエリストで、依頼者の命を忠実に実行する寡黙な男。
舞網チャンピオンシップ後「ランサーズ」へと加わった。
兄の日べて防御的な戦術を中心とした「忍者デッキを使用する。
勝鬨勇雄(かちどき いさお) CV:野島健児
梁山泊塾の塾生。前年度の舞網チャンピオンシップ優勝者。
リアルファイター

エクシーズ次元

ユート CV:高木万平
マスクを身につけ舞網に現れた少年。顔立ちが遊矢と似ており、柚子ですらも遊矢と見間違えるほど。
も傷つけられない世界」を作るために戦っている。
舞網チャンピオンシップ一回戦終了後、紫雲院素良、及びユーゴとのデュエルを通じて、遊矢に大きなを与えた。
幻影騎士団(ファントムナイツ)」デッキを使用し、エースモンスターダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン
黒咲隼(くろさき しゅん) CV:金城大和
ユート仲間璃を助けるべくスタンダード次元にやってきた。
LDSを敵視していたが、赤馬零児との取引で舞網チャンピオンシップ中はLDSに所属し、その後彼の元で行動するようになる。
魔法を駆使して守り、爆発的な展開で反逆する「RR(レイド・ラプターズ)デッキを使用し、「RUM」によるランクアップを使いこなす。エースモンスターRR-ライズ・ファルコン
黒咲瑠璃(くろさき るり) CV
柚子に似た顔をしたエクシーズ次元少女黒咲隼
デニスとユーリによってアカデミアに攫われてしまっている。
レベル1モンスターを展開してエクシーズ召喚する「LL(リリカル・ルスキニア)」デッキを使用する。
カイト CV内山昂輝
レジスタンスの一人。
アカデミア襲来前はデュエルスクールクローバー校」に属しており、「スペード校」に属していたユート黒咲とは切磋磨し合うライバルの間柄にあった。
家族仲間アカデミアカード化された怒りに囚われ、黒咲等かつての同志にもを貸さずに単独でアカデミアと戦い続けている。
波(サイファー)」デッキを使用し、同名カードえて自分のモンスターを強化したり相手の動きを封じる戦法をとる。エースモンスター銀河眼の光波竜
アレン(こうづアレン) CV村瀬迪与
レジスタンスの一人で、元「クローバー校」の生徒
気さくな性格だが、エクシーズ次元行方をくらました遊矢の・遊勝を「エクシーズ次元を見捨てた」と思っており、遊矢が遊勝の息子だとわかると冷たく接するようになる。
神月アンナとの苗字繋がりからか、使用するデッキは「列車」。
サヤカ(ささやま サヤカ) CV前川涼子
レジスタンスの一人で、元「クローバー校」の生徒
人見知りな面もあるが心優しい少女で、自分の体を顧みずにシェルターでの食事当番を休まず行っている。
フェアリー」と名のついた天使モンスターが中心のデッキを使用する。

融合次元

赤馬零王(あかば れお) CV浪川大輔
デュエルアカデミアトップで、機械化したような左頭部が特徴的な男。
アカデミア内では「プロフェッサー」と呼ばれている。
レオコーポレーション先代社長にして、零児父親でもある。
柊柚子を始めとする、彼女に似た少女を集めるべく暗躍している。
精霊(スピリット)」ペンデュラムモンスターを使用し、遊矢も所持していない融合ペンデュラムモンスターすら操る。
紫雲院素良しうんいん そら) CV:園崎未恵
遊矢の「エンターテインメントデュエル」に魅了され、遊矢に付きまとう少年
自由奔放、甘いお菓子が大好き、性本をくすぐるされキャラ
柚子に頼まれ、彼女融合召喚を授けた。実は融合次元アカデミア出身。
人形金属器具をモチーフとした「ファーニマル」「エッジインプ」「デストーイ」の融合召喚デッキを使う。
ユーリ CV小野賢章
遊矢に似た顔をした融合次元少年
璃やリンを連れ去った本人であり、プロフェッサーの命柚子を狙っている。
捕食植物(プレデタープランツ)」デッキを使用し、エースモンスタースターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン
また「古代の機械」で構成された優等生デッキを使うこともある。
セレナ CV稲村優奈
柚子に似た顔をした融合次元少女バレットと共にスタンダード次元を訪れた後、融合次元の他次元侵攻の実態を知る事となる。
王に自由を奪われていたためか高圧的で世事に疎かったが、スタンダード次元に来てからはその性格も変化し始めている。
攻撃的な性融合モンスターを駆使する「月光(ムーンライト)」デッキを使用する。
バレット CV田中美央
セレナに付き従う隻眼の大男。
過去戦場で失態を犯してしまい、セレナの監視役という閑職に置かれていたが、今でも手柄をあげて戦線復帰したいと願っている。
戦士族と機械族を融合させた「闘機(ビーストボーグ)」モンスターと「勲章」カードを使用する。
デニス・マックフィールド CV:柿原徹也
LDSブロードウェイ校からの留学生榊遊勝エンタメデュエルに惚れこんでおり、遊矢が驚く程のエンターテイメントを披露した。後に「ランサーズ」に加入する。
融合次元の構成員と通じている描写が見られていたが、正体はやはりアカデミアの一員であり、璃の誘拐にも関与していた。
自分でバーンダメージを発生させ活用する戦術や、ペンデュラム召喚からのエクシーズ召喚を行う戦術を得意とする「Em(エンタメイジ)デッキを使用するほか、オベリスク・フォース同様「古代の機械融合モンスターも使用する。
天上院明日香(てんじょういん あすか) CV小林沙苗
融合次元デュエリスト
元々アカデミアに属していたが、他次元差別に人々をカード化するやり方に疑問を抱いてアカデミアを離反。その後遊勝と出会って彼のデュエルに触れ、現在はそのデュエルを広めようとしている。
遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」と同様、儀式召喚を行う「サイバーエンジェルデッキを使用。
エド・フェニックス CV石田彰
アカデミア総司令官
過去に遊勝とデュエルして「エンタメデュエル」をの当たりにするも、アカデミアの方針と相反するそのデュエルスタイルを受け入れられず、アカデミアの方針が正しいと明すべく遊勝を探す。
使用するデッキはおなじみの「D-HERO(デステニーヒーロー)」。
グロリア・タイラー CV大地葉
グレース・タイラー CV渕上舞
融合次元姉妹デュエリスト。通称「タイラー姉妹」。
スペード校」を拠点とするレジスタンスを、タッグデュエルにおける抜群のコンビネーションで壊滅させた。ランサーズを殲滅するために、赤馬零王により再びエクシーズ次元へ送り込まれる。
姉妹って「アマゾネスデッキを使用する。
BB(バトル・ビースト) CV八代拓
アカデミアの所属でありその実は確かなものだが、味方もカード化してしまうため兵士としては欠陥品と言われている。「捕食者の プレデタージャングル」にて遊矢たちとサバイバルデュエルを行った。
剣闘獣デッキを使用する。

シンクロ次元

ユーゴ CV高木心平
遊矢に似た顔立ちをした、ライダースーツを身にまとう少年D・ホイールを乗り回しながらデュエルを行う。
気性が荒く短慮な性格だが、乱入したデュエルにて三人を殺するなどデュエリストとしての腕前は一級品。
懐かしいおもちゃモチーフにした「SR(スピードロイド)デッキを使用し、エースモンスタークリアウィング・シンクロ・ドラゴン
リン CVブリドカットセーラ恵美
柚子に似た顔をしたシンクロ次元少女ユーゴと同じ施設で育った幼馴染
ユーリに攫われてしまっている。
WW(ウィンド・ウィッチ)」デッキを使用する。
ジャック・アトラス CV星野貴紀
シンクロ次元世界チャンピオンキング」の座に君臨するデュエリスト
ユーゴリンが育った施設の出身で、元は下層階級「コモンズ」の人間
デュエルの腕一つでフレンドシップカップを勝ち抜き、コモンズ初のキング称号を勝ち取った。
その経歴から、ユーゴリンをはじめとするコモンズのデュエリスト達の憧れの的となっているが、一方で「トップス(上層階級)に媚びを売った裏切り者」と憎む者もいる。
レッド」と名のついたモンスターに使用し、エースモンスターレッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト
最高のsatisfactionを貴方に
クロウ・ホーガン CV浅沼晋太郎
コモンズのデュエリスト
子供好きで面倒見がよく、アマンダ(CV大地葉)・フランクCV一木千洋)・タナー(CV明坂聡美)という3人の子供の面倒を見ている。
羅を守りながらセキュリティ複数人を相手に善戦する遊矢達を気に入り、セキュリティ包囲網から救い出して自分のアジトで匿った。
使用するデッキは最おなじみの「BF(ブラックフェザー)」だが、「A BFアサルトブラックフェザー)」という新たなモンスターも使用している。
シンジ・ウェーバー CV石川界人
クロウ仲間の一人。
ティの一握りの上層階級であるトップスに反感を持ち、コモンズを先導し革命を起こそうと計画しており、その為には他を排斥することも厭わない現実義者的な一面を持つ。
仲間の特殊召喚、相手モンスター弱体化バーンダメージ戦法などさながらに強敵に立ち向かう「B・F(ビー・フォース)」デッキを使用する。
徳松長次郎(とくまつ ちょうじろう) CV咲野俊介
十年もの間収監されていた収容所のボス
かつては「エンジョイ長次郎」と呼ばれたプロデュエリストであったが、トップスとの不利なデュエルに惨敗し、イカサマに手を染め逮捕された。
以後、他の囚人からデュエルカードを巻き上げていたが、遊矢とのデュエルでかつてのエンジョイデュエル思い出し、彼らに協するようになる。
花札モチーフとし、持ち前の驚異的なドローで大モンスターシンクロ召喚する「花札衛(カーディアン)」デッキを使用する。
メリッサ・クレール CV平田裕香
トップティ(TV局)のリポーター。
フレンドシップカップ実況も務める。
ジャン・ミシェル・ロジェ CV北田理道
シンクロ次元治安を守る組織「セキュリティ」の長官。実は融合次元アカデミア出身。
いつも傍らにチェス盤を置いている。
アカデミア出身らしく「古代の機械デッキを使用するが…
ギャラガー CV:中野裕斗
地下デュエル場でMCをしているプロモーターの男性
また、ロジェに仕えて地下のゴミ処理上を取りしきっており、ゴミ処理場に送られてきた決闘者の中から一級品の者を見つけ出し、ロジェに貢献する自称ゴミ共の再生業者」も行っている。
自身もデッキを持っているようだが、その内容が「泣く子も黙る禁止カード満載の極悪スーパーゴージャスウルトラレアデッキというとんでもない代物らしい。
デュエルチェイサー227 CV後藤ヒロキ
セキュリティデュエルチェイサーズの一人。
昇進確定だ!! → 彼はもう終わりですね
ゴヨウ」と名のつくシンクロモンスター融合モンスターを使用する。
セルゲイ・ヴォルコフ CV:遠藤大智
ロジェの懐にしてては多くのデュエリストを潰したデュエリストクラッシャー。しかし今ではその面が見えないほど大人しいと思われた……。だが奴は...弾けた
自らライフポイントを削って相手の攻撃をいなし、一撃必殺間まで耐えぶ「茨(ソーン)」と名のついた悪魔モンスターを使用。 再改造後は5D's地縛神を髣髴とさせる「地縛デッキを使用する。
サム CV:高瀬
トップスのホテルに仕えるコモンズ出身の少年
同じコモンズ出身だったジャックに憧れていたが、ジャックから「お前に一番ふさわしいカード」としてレベルも攻撃も低い「調魔術師」を渡されたことで馬鹿にされたと思い込みジャックトップスを憎むようになった。
その後、ジャックに返すようにと遊矢に「調魔術師」を託した。

スタッフ

主題歌

オープニング曲

Believe×Believe第1話-第30話)
作詞作曲フジタカフミ編曲MEG.ME、アーティスト特急
Burn!(第31話-第49話)
作詞Kenji Kabashima、作曲Kenji Kabashima/APAZZI、編曲APAZZI、アーティスト特急
最終話ではエンディングテーマとして使用された。
ハナテ(第50話-第75話)
作詞:稲作曲善充、アーティスト:劇団ナイアガラ
切り札(第76話-第99話)
作詞三島作曲cinema staff編曲江口cinema staffアーティストcinema staff
キボウノヒカリ(第100話-第124話)
作詞作曲前山田健一編曲サイトウヨシヒロアーティストUnknown Number!!!
Pendulum Beat!(第125話-)
作詞:Yocke、作曲三村真也編曲:Yocke、アーティストSUPERDRAGON

エンディング曲

One Step第1話-第30話)
作詞大森祥子、作曲小野編曲玉木千尋アーティスト:PCute(咲るり、闇ますみ)
Future fighter!(第31話-第49話)
作詞作曲フジタカフミ編曲:ハマサキユウジアーティスト榊遊矢×赤馬零児小野賢章細谷佳正
ARC of Smile!(第50話-第75話)
作詞YUMIKO作曲:mu-ray編曲:Meis ClausonアーティストBOYS AND MEN
Speaking(第76話-第99話)
作詞作曲編曲大森アーティストMrs. GREEN APPLE
ビジョン(第100話-第124話)
作詞作曲三浦一、編曲空想委員会アーティスト空想委員会
疾走ペンデュラム(第125話-)
作詞作曲本田史郎、編曲清水アーティスト:M!LK

関連動画

  

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目

一般項目

関連用語、関連タグなど

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP